センター長挨拶

地域共同テクノセンター長 細谷和範

地域共同テクノセンター長

機械システム系 教授 細谷 和範

2021年度より、地域共同テクノセンター長に着任しました。新型コロナウイルス感染拡大の影響が続いており、全世界的に人の往来や経済活動が制限されています。津山圏域の企業の皆様も、大変厳しい状況が続く中で、企業活動に取り組んでいらっしゃることと思います。製造業など、テレワークによる在宅勤務等の対応が難しい事業場におかれましても、感染予防対策ガイドラインを設けて事業を継続されておられると思いますが、津山高専におきましても、対面授業とICTを活用した遠隔授業による教育活動を展開し、教職員は、渡日ができていない留学生を含め、全学生の学びを止めない対策を講じながら教育に力を注いでいます。学生もしっかりと学校生活を送っています。

新型コロナウイルスは人の行動や価値観など、あらゆる面において影響を与えていくものと予想されます。産官学連携活動も非常に難しい状況ですが、このような状況下であっても、津山高専にできる地域連携・地域貢献活動を推進していくことが重要であると考えます。津山高専では基礎教育の強化、生物・化学などの新しい専門分野の拡充、工学教育の高度化、分野横断・融合教育を推進する新しい教育・研究体制として「総合理工学科」の1学科体制となり、令和2年度末に第一期生が本科を卒業しました。一方、津山圏域の産官学連携関連の動きとして、津山市では、ビジネスの創出による雇用促進、技術者教育による競争力の強化等を目的として、平成27年に「つやま産業支援センター」を立ち上げられ、平成28年10月には津山高専内に「つやまイノベーションセンター」が設置されています。さらに、「津山高専技術交流プラザ」の活動として、産学交流会・企業PR会・出前講座・研究室/企業相互訪問・会員企業からの学生卒業研究テーマの募集など、地域企業のニーズに合わせた組織的な取り組みがなされてきました。津山高専ではこうした地域との繋がりを大切に、次の目的に沿って地域貢献を進めています。

・津山高専技術交流プラザをはじめとする産学連携事業等に積極的に取り組み、地域における産学官連携を推進するとともに、その成果を広く社会に発信する。

・地域のものづくり教育拠点や次世代の人材育成機関としての役割を果たすため、企業向け出前講座や、小中学生向けの公開講座及び出前授業を充実する。

・小中学生の理数系学習やIT技術への興味喚起を促進するため、知識の習得、活用、探究心を育む支援活動を推進する。

・地域自治体等の各種委員として地域に貢献する。

現段階では、制約下の中で産官学連携活動を行わざるを得ない状況ですが、今後も高専が得意とする理工学分野の技術でもって広く社会の要請に応える活動を展開していきたいと考えています。日進月歩で発展を遂げているICT・IoTツールをはじめ、政府が推進するSociety5.0による新しい価値創出の機運は、津山圏域の発展と活性化につながるものと期待されます。このことからも企業の皆様や行政及び本校の連携が益々重要になっていると言えましょう。高専プラザ等との連携を通じ、新たな可能性の発掘に挑戦していくことができればと思いますので、ご意見等が御座いましたら、お気軽にお寄せいただけますと幸甚に存じます。

圏域の企業の皆様方には、今後とも高専の設備、人材、ネットワークを活用して頂き、実践的な学生教育と津山高専の持続的な発展に関して、引き続きご指導、ご協力賜りますようお願い申しあげます。