お知らせ

重大ニュース(令和3年度)

新型コロナワクチン集団予防接種の第2回目が無事終了いたしました

news 2021-08-06 Shudan Yobo Sesshu

 本校では、美作大学・美作大学短期大学部、津山市の三者連携の枠組みで、一般財団法人共愛会 芳野病院(鏡野町)の協力のもと、新型コロナワクチン接種の第2回目が、8月6日(金)と8月7日(土)に行われました。
 津山工業高等専門学校の18歳以上の学生ならびに美作大学・美作大学短期大学部の学生、および教職員等を対象として1488名に接種が行われ、無事終了いたしました。
 そのうち、本校学生と教職員の接種者数は421名でした。

8月5日に大連東軟信息学院と編入学に関する調印式を行いました

news 2021-08-05 Dairen Tonan Shinsoku Gakuin Choinshiki

 8月5日(木)に、大連東軟信息学院と編入学に関する調印式を行いました。
 本校と大連東軟信息学院の両校は、2008年に交流協定を結んでおり、これまでに学生や教員の相互派遣、両校学生の合同研究発表会などの交流活動を行っています。
 この度、本校は学校の国際化と進路先の多様化を進めるため、大連東軟信息学院への編入学に関する協定を締結することになり、オンラインによる調印式を行いました。

news 2021-08-05 Dairen Tonan Shinsoku Gakuin Choinshiki

 調印式には、大連東軟信息学院から代表者として郭副学長にご出席いただき、ご挨拶いただきました。
 調印式では、両校の代表者が挨拶した後、協定書に署名し、最後に記念撮影を行いました。
 署名後、大連東軟信息学院の張先生から、編入学プログラムの内容について説明があり、続いて大連東軟信息学院で日本語を学ぶ学生2名から、大連市および大連東軟信息学院の紹介がありました。

news 2021-08-05 Dairen Tonan Shinsoku Gakuin Choinshiki

 今回の調印式には、本校の学生も見学者として参加し、大連東軟信息学院での勉強や学生生活などの様子について興味深く話を聞いていました。
 今回の協定締結により、本校の卒業生で学校長の推薦を得た者は、大連東軟信息学院(通信エンジニアリング、電子情報エンジニアリング、ソフトウェアエンジニアリングのいずれかの専攻)に編入学することが可能となります。
 左の写真は、岩佐校長の挨拶(上段)、署名後の記念撮影(中段)、学生による大連の紹介(下段)のようすです。

本科5年生が日本太陽エネルギー学会若手研究発表会で奨励賞を受賞しました

news 2021-08-04 Honkasei Jusho

 本科5年生の平田航さんが、7月14日(水)にオンラインで開催された2021年度日本太陽エネルギー学会「若手研究発表会」で、奨励賞を受賞しました。
 総合理工学科電気電子システム系5年の平田さんは、大学生・大学院生や若手研究者ら20名以上のなかで優秀な発表をしたことが認められ、奨励賞を受賞しました。
 発表題目は次の通りです。
○平田・桶・南野・濱田・藤井・石倉:「短絡故障バイパスダイオードのI-V特性とその故障抵抗値の分布」
 平田さんは、この発表会のなかで最年少の発表者の一人であり、受賞者中で唯一の高専生です。
 他の受賞者は大学院生ばかりですから、とても立派なことです。
 今回の受賞は、今後の学生生活において大きな励みになるのではないかと思います。

(指導教員:電気電子システム系 桶准教授)

津山高専国際寮竣工披露式を挙行しました

news 2021-08-02 Kokusairyo Shunko Hiroshiki

 津山高専国際寮竣工披露式を、8月2日(月)に、快晴のもと、新型コロナウイルス感染対策を徹底の上、挙行しました。
 来賓として、あべ俊子衆議院議員や地元関係者らに出席していただきました。
 同施設は、「令和新時代高専の機能高度化プロジェクト」により全国17高専にて新築されたものであり、他高専に先駆け、竣工したことなどを受け、最初の挙式に至ったものです。

news 2021-08-02 Kokusairyo Shunko Hiroshiki

 寮室等は、寮生の生活の場であるため、学生目線で動線の整理を行って計画されており、各所においてユニバーサルデザイン思想を取り入れています。
 また、1棟に対して、居住空間が左右対称に独立した2ブロックとなっており、多様な使用方法に対応できるようになっています。

news 2021-08-02 Kokusairyo Shunko Hiroshiki

 式典では、初めに岩佐健司校長(最上段の写真)が主催者を代表してあいさつし、「国際寮は、留学生にとっては生涯大きな財産となるとともに、日本の学生も国際感覚を磨き、グローカルな人材育成につながると確信している。」と今後の展望について述べました。
 来賓挨拶として、あべ議員(2段目の写真)より「『KOSEN from Japan』として、津山高専がオープンイノベーションの拠点になることを祈念する。」と祝辞をいただいたほか、文部科学省からのメッセージ、高専機構本部の谷口功理事長(3段目の写真)からのビデオメッセージが披露されました。

news 2021-08-02 Kokusairyo Shunko Hiroshiki

 続いて、本校留学生による母国紹介があり、来賓が留学生の説明に耳を傾けました。
 また、出席者および留学生により記念撮影(最下段の写真)を行った後、校長・来賓・関係者によるテープカットが行われました。

新型コロナワクチン集団予防接種の第1回目が無事終了いたしました

news 2021-07-09 Shudan Yobo Sesshu

 本校ならびびに美作大学・美作大学短期大学部の接種学生が合計1,000人を超え、教職員などと併せて1,498名の接種が行われました。
 そのうち、本校学生と教職員の接種者数は423名でした。

 第2回目の接種は、4週間後の8月6日(金)・7日(土)に実施されます。

総合理工学科情報システム系 寺元教授が国立高等専門学校機構理事長賞を受賞しました

news 2021-06-11 Kyoin Kensho Hyoshoshiki

 総合理工学科情報システム系 寺元教授が、令和2年度に行われた国立高等専門学校機構理事長賞を受賞し、6月11日(金)に国立高等専門学校教員顕彰の表彰式を執り行いました。
 本顕彰は、管理運営・地域社会への貢献を含み、学生教育を中心とする分野において顕著な功績を挙げている教員を顕彰するとともに、顕彰を通じて国立高等専門学校における教育の充実および向上を目指すものです。
 今回は、寺元教授が以下の通り表彰されました。

国立高等専門学校機構理事長賞  情報システム系 教授  寺元 貴幸

顕彰題目:全国高専プロコンを活かした高専生の地位向上ならびに地元地域への貢献