お知らせ

最近のできごと(令和3年11月)

11月30日に専攻科「進路活動報告会」が実施されました

Dekigoto 2021-11-30 Senkoka Shinro Katsudo Hokokukai

 11月30日(火)に、今年度の進路活動の状況を学び、次年度に向けて準備を始めるために、専攻科1年生を対象にして「進路活動報告会」を開きました。
 報告会では、専攻科2年生の丸山 幾也くん(機械・制御システム工学専攻)と沼 千智さん(電子・情報システム工学専攻)から、就職活動と大学院進学への取組について経験談を話してもらった後、細谷専攻主任から最近の進路状況や進路活動スケジュールなどの説明がありました。
 この報告会は専攻科が独自に開催するもので、進路活動を終えたばかりの貴重な先輩の話や津山高専専攻科の進路に係わる情報を、これから進路活動を開始する1年生に紹介します。
 1年生は、いつも以上に真剣な面持ちで聴講していました。
 これらの情報を参考にして、今後の進路活動を積極的に展開してくれることを 期待します。

11月30日に寒剤講習会を実施しました

Dekigoto 2021-11-30 Kanzai Koshukai

 学生と教職員の安全意識向上を目的とした寒剤講習会を実施しました。
 寒剤を使用する学生と教職員18名が受講しました。
 寒剤の取扱いに明るい先進科学系の廣木准教授を講師に、主に液体窒素の取扱いについて、革手袋および防護メガネを必ず使用するなど、実演を取り入れわかりやすい説明をしていただきました。
 このように各種講習会を実施することにより、事故などを未然に防いだり、危険を予測して行動するなど、学生や教職員の安全意識を高める努力をしています。

11月29日に令和3年度第3回FD研修会を開催しました

Dekigoto 2021-11-29 FD Kenshukai

 11月29日(月)に、令和3年度第3回FD研修会を開催しました。
 今年度は、「本校の教育・活動の改善に関して」を年間テーマに設定し、FD研修会を計画しています。
 第3回となる今回は、「教育の質保証について」というテーマで、以下の概要のとおり講師による説明があり、教育の質的向上を図るための議論が行われました。

○概要
1.高専教育の質保証に関して
  講師:薮木教務主事

Dekigoto 2021-11-29 FD Kenshukai

2.ポートフォリオ教育の実施について
  講師:江原教務主事補
3.学生情報の集約および共有の実施について
  講師:塩田学生主事
4.質疑応答

 なお、本研修会は多くの教職員がオンラインで参加しています。

11月28日に「良寛杯高校生将棋大会」で本校学生が優勝しました

Dekigoto 2021-11-28 Ryokanhai Kokosei Shogi Taikai

 11月28日(日)に、曹洞宗円通寺の本堂(倉敷市玉島柏島)で「良寛杯高校生将棋大会」が開催され、難波隆成くん(1年2組)が優勝しました。
 本大会は、円通寺が第34期竜王戦の会場に選ばれたことから、玉島商工会議所などでつくる実行委員会によって主催されたものです。
 当日は、予選会を勝ち抜いた4名による準決勝および決勝の対局が行われ、難波くんがみごと優勝することができました。
 対局の結果と様子は、山陽新聞および読売新聞のWebサイトにも掲載されました。

11月26日に津山高専技術交流プラザ会員企業の津山高専研究室訪問が実施されました

Dekigoto 2021-11-26 Kenkyushitsu Homon

 11月26日(金)に津山高専技術交流プラザ会員企業の方々(12名)が、津山高専の研究室を訪問しました。
 この訪問は、つやま産業支援センターが津山高専技術交流プラザ会員企業の皆様のために企画したものであり、新型コロナウイルス感染症のため、しばらく実施できなかったものです。
 新型コロナウイルス感染症が一段落したため、久しぶりに実施できました。
 今回は、津山高専に赴任されて3年以内の先生方3名の研究室を訪問し、その後津山高専テクノセンターが管理している装置を見学しました。

Dekigoto 2021-11-26 Kenkyushitsu Homon

 訪問された研究室は、総合理工学科機械システム系の関一郎研究室、総合理工学科先進科学系の谷口圭輔研究室、総合理工学科電気電子システム系の中村直人研究室です。

 関准教授の専門は、機械工学分野の「冶金学、化学熱力学、材料プロセス」で、主として材料強度・金属組成・高温酸化・熱割れ・腐食・鋳造などに関する相談に対応されています。
 今回は、関准教授がどのような研究テーマで学生指導をしているかの説明を受け、その後実際に金属生成を行っている電気炉やその材料などを見学しました。

Dekigoto 2021-11-26 Kenkyushitsu Homon

 谷口講師の専門は、環境・自然エネルギー分野で「地形学、堆積学・雪氷学、環境動態解析」で、主として地形災害(河川の氾濫や山地での地滑りなど)・雪氷災害(吹雪など)・河川を通じた汚染物質の動態などに関する相談に対応されています。
 今回は、過去にどのような研究をやられていたか、現在どのような研究をやろうとしているかの説明を受けました。
 また、実際にドローンで撮影した写真データから、地形がかなり正確に把握できることの説明を受けました。

Dekigoto 2021-11-26 Kenkyushitsu Homon

 中村助教の専門は、電気電子工学分野の「制御工学、モータドライブ」で、主として交流モータ(センサレススペクトル制御や効率化運転)・モータ制御(MATLABを使ったシミュレーションや状態推定)などに関する相談に対応されています。
 今回は、過去に行われた誘導モータに関する研究内容、および現在行っている同期モータに関する研究内容の説明を受けました。

Dekigoto 2021-11-26 Kenkyushitsu Homon

 上記3研究室を訪問した後、津山高専地域共同テクノセンターで管理している機器の見学を行いました。
 見学した装置は、精密万能試験機、微小面積材料特性評価装置、表面粗さ測定器、微小硬さ試験機、ロックウェル硬度計、ナノサーチ顕微鏡、3Dプリンタ、透過型電子顕微鏡(TEM)、走査型電子顕微鏡(SEM)、X線回折装置などです。
 見学後、これらの装置を利用、および高専の先生方に対する技術相談の手続きについての説明を受けました。
 今後は、このような企画をできるだけ多く実施できればと感じています。
 そして、津山高専技術交流プラザ会員企業の皆様に、もっともっと津山高専を身近に感じていただきたいと感じています。

専攻科生がGraph GolfのHost-Switch Graph Deepest Improvement Rankingで1位を獲得しました

Dekigoto 2021-11-24 Graph Golf

 専攻科生の清水大輝くん(情報システム系 菊地研究室)が、国際会議The Ninth International Symposium on Computing and NetworkingのGraph Golf(The Order/degree Problem Competition)でHost-Switch Graph Deepest Improvement Rankingで1位を獲得し、オンラインでの授賞式が11月24日(水)に行われました。
 グラフゴルフコンペティションは、ネットワーク設計においてプロセッサとポート数が与えられたときにネットワークの遅延を最小化する問題です。
 この問題はシミュレーテッドアニーリングなど確率的な手法が主に用いられているが、清水くんは確率的な手法によらずこのコンペティションに挑戦しました。

Dekigoto 2021-11-24 Graph Golf

 今回のGraph Golfの受賞者は理研や大学の研究者で、十分な計算機環境をもった方たちでした。
 その中でプログラムを改良し、上記のような結果を得たことは、とても立派なことです。
 今回の受賞は、今後の学生生活の励みになるとともに、社会人になったときの大きな自信になると思います。
 コンペティションの詳細は"Graph Golf"にあり、D.Shimizuが清水くんの結果です。

11月24日に永年勤続者表彰式を執り行いました

Dekigoto 2021-11-24 Einen Kinzoku Hyosho

 11月24日(水)、本校会議室において令和3年度永年勤続者表彰式を執り行いました。
 今年度に表彰された教職員は次のとおりです。

総合理工学科  教授      松田  修
総合理工学科  准教授     角谷 英則
技術部     技術専門職員  塩田 裕司

 表彰状が授与された後、校長から祝辞があり、松田教授から謝辞がありました。

11月24日から11月30日は後期中間試験です

Dekigoto 2021-11-24 Koki Chukan Shiken

 11月24日(水)から後期中間試験が始まりました。
 試験は11月30日(火)まで、5日間かけて行われます。
 各教科ともに、これまでの学習の成果を測り、今後の授業の進め方を確認する大切な試験です。
 寒さが増す時期ですが、体調に気をつけて学習成果を存分に発揮してください。

11月20日にシステム研究部から日本情報オリンピック(JOI)一次予選に参加しました

Dekigoto 2021-11-20 JOI Ichiji Yosen

 11月20日(土)に、情報オリンピック日本委員会が主催する第21回日本情報オリンピック(Japanese Olympiad in Informatics, JOI)一次予選競技が開催され、本校システム研究部から5名の学生(1・2年生)が参加しました。
 この競技は、出題された4つの問題に対して競技時間(80分)中に解答を求めるプログラムを作成するもので、自分が過去に作ったプログラムや、インターネット上の各種資料の利用も許可されている実践的な競技です。

Dekigoto 2021-11-20 JOI Ichiji Yosen

 インターネット経由で参加できるので、情報工学科棟サーバ室を会場として、静かな熱戦が繰り広げられました。
 予選の結果は後日発表され、成績が良ければ2次予選に進む可能性があります。
 詳しくは、「第21回日本情報オリンピック」のページ(外部リンク)をご覧ください。

11月20日にラグビー部が全国高専体育大会への出場を決めました

Dekigoto 2021-11-20 Rugby-bu Zenkoku Kosen Taiiku Taikai Shutsujo

 11月12日(金)と20日(土)に、広島市で開催された第57回中国地区高等専門学校体育大会および第52回全国高等専門学校ラグビーフットボール大会中国四国地区第2代表決定戦において、本校ラグビー部が勝利し、全国大会出場を決めました。

Dekigoto 2021-11-20 Rugby-bu Zenkoku Kosen Taiiku Taikai Shutsujo

 試合結果は以下の通りです。

○11月12日(金)
 中国地区高専体育大会 Bパート決勝戦
 vs米子高専 102-3で勝利(Bパート優勝)

Dekigoto 2021-11-20 Rugby-bu Zenkoku Kosen Taiiku Taikai Shutsujo

○11月20日(土)
 中国四国地区第2代表決定戦
 vs香川高専 102-0で勝利(中国四国地区第2代表で全国大会出場)

 全国大会では、地区の代表として、力を出し切る戦いをして欲しいと思います。

11月17日に「伊藤園お~いお茶新俳句大賞」入賞者の表彰が行われました

Dekigoto 2021-11-17 Itoen Haiku Taisho Hyosho

 第三十二回「伊藤園お~いお茶新俳句大賞」において、総合理工学科機械システム系3年の植木仁太くんが佳作特別賞を受賞し、11月17日(水)に岩佐校長から表彰状が授与されました。
 植木くんの作品は、「寒牡丹白い囲いに身を寄せて」です。
 うっすらと雪化粧した囲いの中に咲く牡丹の花が、身を寄せ合っている家族のようで温かい気持ちになり、作った俳句だそうです。

Dekigoto 2021-11-17 Itoen Haiku Taisho Hyosho

 「お~いお茶」のパッケージにも掲載されますので、お見かけの際には、ぜひ手に取っていただければと思います。
 「伊藤園お~いお茶新俳句大賞」には、毎年国語の冬課題として取り組んでいます。
 俳句を作ることを通して感性や表現力を磨き、さまざまな分野で活躍できる人へと成長してほしいと考えています。

11月16日に第3回国際交流校内研修会を開催しました

Dekigoto 2021-11-16 Kokusai Koryu Kounai Kenshukai

 11月16日(火)に、第3回国際交流校内研修会を開催しました。
 講師は、9月28日(火)にオンラインで外務省高校講座にて講演していただいた、津山市出身の元外務省参与 堀江 正彦 氏で、今回は対面にて講演を行っていただきました。
 参加した1年生から5年生までの21名の学生達は、堀江先生の講演や質疑応答を通じて、外国語学習の実践方法のほか、地球規模のグローバルな課題を考えるうえで、自分ができることを考えて行動していくことが大切ということを学ぶことができ、これからの学生生活においても生かしていきたいと気持ちを新たにしていました。

11月16日に専攻科の学生が「おかやまテクノロジー展」を見学しました

Dekigoto 2021-11-16 Okayama Technology-ten

 11月16日(火)に、津山高専専攻科の学生18名が、コンベックス岡山で開催されている「おかやまテクノロジー展(OTEX)」を見学しました。
 津山から展示会場まで、バスで往復5時間、展示会場での見学時間が2時間という結構ハードな見学会のなかで、学生たちは疲れも見せず、2つの展示会場に分かれて技術展示を行っている150社以上の企業ブースを積極的に訪れて、そこでの説明に真摯に耳を傾けていました。
 見学会後に学生たちの感想を聞くと、「知らない企業が多かったが、すべての企業にていねいに対応していただいた」「多くの新商品を見ることができ、技術の高さ(進歩)を体感できた」「新型コロナ感染症が社会に及ぼした影響を、生の声で聴くことができた」「AI, IoTに関する新商品(サービス)を知り、AI, IoTが世の中にどのように展開されようとしているかを知ることができた」「自分たちの専門分野が、商品にどのように利用されているかが理解できた」など、各自の将来の職業選択のために非常に有意義だったようです。
 この見学会をきっかけに、さらに勉強・研究に対するモチベーションを上げてくれることと思います。

11月16日に労働安全衛生規則第15条に基づく「産業医による職場巡視」を実施しました

Dekigoto 2021-11-16 Shokuba Junshi

 津山高専では、教職員の安全意識の向上と職場環境の改善に取り組んでいます。
 労働安全衛生規則第23条に基づき、毎月一回安全衛生委員会を開催し、その後、安全・衛生という観点で各職場の巡視を行っています。
 通常業務時や災害発生時の事故の未然防止もその目的の一つです。
 今月の16日(火)に今年度第8回目の職場巡視を実施しました。
 今回の巡視は、「加藤研究室」および「流体第一実験室」において行われました。
 巡視の結果、研究室内の棚の上にある重量物の撤去、実験室では各種物品を整理整頓するよう、関係者へ改善依頼をしました。
 このように定期的に巡視することで事故等を未然に防ぎ、危険を予測し不要物の撤去を依頼するなど、教職員の安全で衛生的な活動場所を確保しながら、お互いに安全意識を高める努力をしています。

11月16日に「税に関する高校生の作文」津山税務署長賞の表彰式が行われました

Dekigoto 2021-11-16 Tsuyama Zeimushochosho Hyoshoshiki

 令和3年度「税に関する高校生の作文」において、総合理工学科電気電子システム系2年の秋山政楽くんが、津山税務署長賞を受賞しました。
 11月16日(火)に本校校長室で表彰式が行われ、津山税務署長から賞状と記念品が贈られました。
 この作文は、国語の課題の一つとして取り組んだものです。

Dekigoto 2021-11-16 Tsuyama Zeimushochosho Hyoshoshiki

 秋山くんは、一番身近な税である消費税から、税の使い道や納税の意味を考えていく必要性を述べました。
 税についてよく勉強し、自身の考えをしっかりと持っているからこそ、書けた文章だと思います。
 津山税務署の方からは、毎年本校から作文を多数応募していることに対し、お礼の言葉もいただきました。
 秋山くんの受賞をきっかけとして、税はもちろん、文章を書くことに関心を持つ人が増えてくれたら、嬉しい限りです。

11月15日に専攻科の先端技術特別講義が実施されました

Dekigoto 2021-11-15 Sentan Gijutsu Tokubetsu Kogi

 11月15日(月)に、専攻科の本年度第5回先端技術特別講義が実施されました。
 講師は岡山村田製作所の方で、次のテーマで講演されました。
「企業が求める人間像」
 (株)岡山村田製作所  管理部人事総務課シニアマネージャー 角田 竜也 氏

 本講義は、ボランティアレクチャーとして開催しました。
 専攻科生および教員が参加し、近年の目まぐるしい経営環境変化、組織の求める人間像、企業文化と経営理念の関係についてご講演いただき、これらの情報を構造化するためのフレームワークのご紹介をいただきました。
 最後にまとめとして、よりよい職業人になり、これからの日本を支える社会人となるためのアドバイスを頂戴しました。
 人事・総務・海外での豊富なご経験に基づいたお話は普段聞くことのできない貴重なもので、学生らは熱心に耳を傾け、質問をしていました。
 (株)岡山村田製作所の角田様、そして本講演会を準備くださいました「つやま産業支援センター」の皆様に、厚くお礼申し上げます。

11月13日~15日に日本語集中講義 in 弓削商船高専を開催しました

Dekigoto 2021-11-13 Nihongo Shuchu Kogi in Yuge Shosen Kosen

 11月13日(土)~15日(月)に弓削商船高専にて、3年次編入留学生に対する日本語集中講義を行いました。
 本校は中四国地区(第4ブロック)高専内の日本語教育等の支援に関するブロック拠点校に指定されており、その支援事業の一環として実施しました。
 集中講義の内容は、(1)専門科目での実験レポート作成や、卒研につながる作文練習 (2)愛媛県スピーチコンテストに向けての口頭発表練習 でした。
 さらには、日本語教員とは、効果的な日本語授業に関する意見交換を、留学生とは、13高専留学生に向けてのオンラインイベントに関する意見交換を行いました。

11月13日・14日にパソコン甲子園(本選)が開催され本校からプログラミング部門に1チームが参加しました

Dekigoto 2021-11-13 PC Koshien (Honsen)

 11月13日(土)・14日(日)に、高校生年齢の学生を対象としたプログラミングコンテスト「パソコン甲子園」のプログラミング部門(本選)が行われ、特別枠として津山高専のチーム「helix(ヘリックス)」が参加しました。
 チーム「helix」は、安藤慎くんと田村慧くん(ともに総合理工学科情報システム系3年生)の2名からなるチームです。
 プログラミング部門オンライン特別枠は、本選出場となる上位37チームには入れなかったものの、本選出場チームのない府県の第1位のチームを「オンライン特別枠」として本選に招待するという制度で、本チームが岡山県の1位チームとして出場しました。

Dekigoto 2021-11-13 PC Koshien (Honsen)

 本選はネットワーク経由で実施され、4時間にわたってプログラムを作成しました。
 その結果、チーム「helix」は10問中4問を解くことができました。
 残念ながら上位入賞することはできませんでしたが、それでも非常に良い経験となったと思います。

11月13日に津山高校・美作大学との図書館交流会が開催されました

Dekigoto 2021-11-13 Toshokan Koryukai

 11月13日(土)に本校図書館で、津山高校図書部、美作大学図書館ボランティア、本校図書委員の第10回交流会が開催されました。
 総勢19名(学生15名、教職員4名)が参加し、各校の活動報告や施設見学、レクリエーションなどが行われました。
 他校の学生と図書を通じて、とても有意義な交流を行うことができました。

11月13日に8回目のジュニアドクター育成塾(第4期)を開催しました

Dekigoto 2021-11-13 Jr.Dr. Ikuseijuku

 11月13日(土)に、第1段階4期生を対象にした第8回目のジュニアドクター育成塾を実施しました。
 ジュニアドクター育成塾は、科学技術分野に高い意欲や突出した能力を持つ小中学生を発掘し、数理・情報分野の学習を通じてその能力を伸ばす体系的な取り組みです。

 今回は、倉敷市の「ライフパーク倉敷科学センター」の見学に行きました。
 中国地方最大級の規模をほこるプラネタリウムでは、当日の夜空の星座の探し方やおすすめ天文現象について学び、また、星や宇宙などさまざまな話題をテーマにした貴重な画像や迫力ある映像などを多用したショープログラム「プラネタリウムでチコちゃんに叱られる」を鑑賞しました。

Dekigoto 2021-11-13 Jr.Dr. Ikuseijuku

 また、科学展示室にはCGスクエアや国産技術で作られたロケットエンジンの実物などの展示が約100点設置されており、科学のおもしろさやすばらしさを体験することができました。

 写真は、科学展示室の見学のようすです。

 本活動は、国立研究開発法人・科学技術振興機構(JST)の助成を受けて実施しています。

11月13日にレゴロボコン"SMART2021"で本科生チームが優勝しました

Dekigoto 2021-11-13 SMART2021

 11月13日(土)に、授業科目「全系横断演習Ⅰ」でレゴを使った演習に取り組んでいる本科3年生9名が、SMART2021というコンテストに参加しました(SMARTは「スマート移動型&自律型ロボットトーナメント」の通称です)。
 このコンテストは、レゴを使って作成した自律走行ロボットの出来映えを競うコンテストです。
 今年はオリンピックイヤーということで、フィールド上のピンポン球を集めて、聖火トーチに見立てた支柱に積み上げるという競技でした。

Dekigoto 2021-11-13 SMART2021

 この競技に本校からは3チームが参加し、このうちの1チームが18歳以下のカテゴリーで優勝しました。
 参加した学生は、優勝しただけでなく、大学生が作った巧みな機構のロボットの動きを見て、大いに刺激を受けていました。
 今回の経験を今後の学修に活かしてくれると思います。

11月12日に第37回中国地区高専英語弁論大会の表彰式が行われました

Dekigoto 2021-11-12 Chugoku-chiku Kosen Eigo Benron Taikai Hyosgoshiki

 11月12日(金)に、第37回中国地区高専英語弁論大会のWebによる表彰式(左の写真)が行われました。
 今回も昨年同様コロナ禍で、動画による審査とWebによる表彰式となりました。
 本校から2部門に計4名が参加し、以下の通りの結果でした。
英語暗唱部門参加
・坂元杏海さん(1年、ESS所属)第3位入賞 Mujina
・土井里桜さん(1年、ESS所属)The Happy Prince
プレゼンテーションシングル部門参加
・德田葵さん(2年先進科学系、ESS所属)On Becoming a Leader:My Experience as a "Student Ambassador"
・杉山結妃さん(1年、ESS所属)A Challenge to Improve Myself
 今回、4名とも低学年でのチャレンジのなかで、1年生で3位入賞を果たすことができました。
 4名全員が学生アンバサダーのメンバーでもあり、今後も英語を通して、津山高専のグローバル化のためにも活躍してくれることと思います。

11月12日に "After School English" を開催しました

Dekigoto 2021-11-12 After School English

 11月12日(金)に"After School English"を開催しました。
 今回も、先月に引き続き十分な感染対策を講じた上で、対面での実施となりました。
 今回は、本校の学生アンバサダーによる交流企画で、タイ出身の本校の留学生3名が参加しました。
 イベントでは、始めに各グループに分かれて一人一人英語で簡単な自己紹介を行いました。

Dekigoto 2021-11-12 After School English

 次に英語クイズが行われ、各グループに分かれて考えながら問題を進めていきました。
 参加者は苦戦しているものの、大変盛り上がっているようすでした。

 "After School English"は12月にも予定しておりますので、興味のある方はお気軽に参加ください。

11月11日・12日にオンラインで開催された日本太陽エネルギー学会研究発表会で本科生が研究成果を発表しました

Dekigoto 2021-11-12 Nippon Taiyo Energy Gakkai Kenkyu Seika Happyo

 11月11日(木)~12日(金)に、オンラインで開催された2021年度日本太陽エネルギー学会研究発表会において、総合理工学科5年の平田航くんと戸田晧太くん(いずれも電気電子システム系・桶研究室)が、研究成果を発表しました。
 講演論文の題目は次の通りです。
○平田、桶、南野、濱田、石倉、藤井:「短絡故障バイパスダイオードを内包した太陽電池アレイのI-V特性」
○戸田、宮邉、桶、山田:「マイクロCPV+モジュールと追尾平板太陽電池のフィールド試験による評価」

Dekigoto 2021-11-12 Nippon Taiyo Energy Gakkai Kenkyu Seika Happyo

 この研究発表会は、太陽エネルギー分野の研究に携わるプロの研究者や大学院生が集まり、最新の研究成果を報告するものです。
 戸田くんと平田くんは最年少の発表者でしたが、繰り返した練習のかいあって堂々と発表することができ、鋭い質問にも落ち着 いて対応することができました(上の写真が平田くんの、下の写真が戸田くんの発表のようすです)。
 研究発表会では、この分野において日本を代表する研究者のみなさんから貴重なアドバイスを受けることもでき、今後の研究に向けて多くのヒントを得ることができたと思います。

11月8日・9日に台湾國立聯合大学中国語教育実習生とのオンライン中国語のレッスンを開始しました

Dekigoto 2021-11-08 Online Chugokugo Lesson

 11月8日(月)・9日(火)に、高専機構の協定校である台湾國立聯合大学の中国語教育実習生によるオンライン中国語のレッスンが始まりました。
 この事業は、宇部高専が主幹となって行っており、例年は教育実習生が来日し教育実習を行うのですが、今年度も新型コロナウイルス感染症の影響でオンラインでの実施となりました。
 レッスンは初級コースと既習コースに分かれて実施され、初級コースは11月9日(火)、既習コースは11月8日(月)に、初回のレッスンを行いました。

Dekigoto 2021-11-08 Online Chugokugo Lesson

 初級コースには9名、既習コースには2名の学生が参加しています。
 英語を用いて中国語を学ぶことや初回ということもあり、学生も少し緊張していたようすもありましたが、積極的にレッスンに参加していました。
 レッスン終了後、学生から「難しいけれど楽しかった」との感想もあり、今後のレッスンも楽しみにしているもようでした。
 今後各コースとも1月末まで、定期的にレッスンを行う予定にしています。

11月8日に専攻科の先端技術特別講義が実施されました

Dekigoto 2021-11-08 Sentan Gijutsu Tokubetsu Kogi

 11月8日(月)に、専攻科の本年度第4回先端技術特別講義が実施されました。
 講師はアスクラボの方で、次のテーマで講演されました。
「先端技術の追求と環境変化への対応」
 ・AI分析にはアナログが必要
 ・テレワーク中心のビジネススタイルの問題
 アスクラボ(株) 取締役 川嶋 慎太郎 様

 本講義は、ボランティアレクチャーとして開催しました。
 専攻科生および教員が参加し、データのAI検証を組み込んだ商品パッケージの展開事例の中での先端技術と人との係りの関係について、またテレワーク環境下での業務上・人間関係上の問題点や課題について講演いただきました。
 最後にまとめとして、社会人としてのコミュニケーション上の注意点について熱く語っていただきました。
 東京・津山でのリアルな活動例やエピソードのお話は普段聞くことのできないもので、学生らは真剣に耳を傾けていました。
 アスクラボ(株)の川嶋様、そして本講演会を準備くださいました「つやま産業支援センター」の皆様に、厚くお礼申し上げます。

11月6日・7日に「ジュニアドクター育成塾サイエンスカンファレンス2021」に参加しました

Dekigoto 2021-11-06 Jr.Dr. Ikuseijuku Science Conference 2021

 11月6日(土)・7日(日)に、科学技術振興機構主催の「ジュニアドクター育成塾サイエンスカンファレンス2021」が、オンラインで実施されました。
 ジュニアドクター育成塾は、科学技術分野に高い意欲や突出した能力を持つ小中学生を発掘し、数理・情報分野の学習を通じてその能力を伸ばす体系的な取り組みです。

 初日の11月6日(土)は、全国47機関のジュニアドクター育成塾の受講生による研究発表が行われました。
 本校からは、第二段階受講生の中学2年男子(趙研究室所属)が「電子レンジで氷は温められるか」、Unity & Vtuberを研究している中学3年女子・中学2年男子・中学1年男子のチーム(寺元研究室所属)が「3次元キャラクターを自分で作って自由に動かしてみる」というテーマで研究発表を行いました。

Dekigoto 2021-11-06 Jr.Dr. Ikuseijuku Science Conference 2021

 両チームとも、見事、「電子レンジで氷は温められるか」はアイデア賞、「3次元キャラクターを自分で作って自由に動かしてみる」はプレゼンテーション賞を受賞しました。

 また、11月7日(日)は、研究発表を行った受講生の交流会が行われ、各機関の研究概要の紹介や、研究活動を進めていくうえで感じていること・意識していること、今後の研究活動に関して意見交換を行いました。

 写真は発表している受講生のようすで、上段は「電子レンジで氷は温められるか」、下段は「3次元キャラクターを自分で作って自由に動かしてみる」です。
 本活動は、国立研究開発法人・科学技術振興機構(JST)の助成を受けて実施しています。

11月6日・7日にバレーボール部(男子・女子)が第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会岡山県予選会へ参加しました

Dekigoto 2021-11-06 Volleyball Koko Senshuken Okayamaken Yosenkai

 11月6日(土)・7日(日)(大会全期間は11月6日(土)・7日(日)・13日(土)・14日(日))に、「第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会岡山県予選会」が、男子は山陽ふれあい公園総合体育館ほか、女子は和気町体育館ほかを会場とし開催され、本校からは男子チームと女子チームが参加いたしました。
 なおこの大会は「令和3年度岡山県高等学校男女バレーボール選手権大会」も兼ねています。

 男子チームは、11月6日(土)第2試合で高梁城南高等学校との対戦が予定されていたのものの、相手校が棄権したため、本校の不戦勝となりました。

Dekigoto 2021-11-06 Volleyball Koko Senshuken Okayamaken Yosenkai

 翌11月7日(日)第2試合に、岡山一宮高等学校と対戦しました。
 第1セットでは、両校ともミスが多い試合展開となりるなか、本校のキャプテンがサーブで8連続ポイントを奪うなどし勝利しました。
 第2セットでは、本校のミスが続き、落としてしまいました。
 第3セットでは、序盤に大きくリードを奪われたものの何とか食らいつき、一時は23-23の同点にまで持ち込んだものの、最後は相手校の粘りのある試合運びに押し切られ、惜しくも敗北となりました。
 上段の写真は本校1年生がスパイクを打った瞬間、中段は本校2年生がフェイントを打った瞬間です。

Dekigoto 2021-11-06 Volleyball Koko Senshuken Okayamaken Yosenkai

 女子チームは、11月6日(土)第5試合で津山工業高校と対戦しました。
 大会前に故障者が出たこともあり、慣れないフォーメーションでの試合運びとなりました。
 その影響もあったと思われ、セットカウント0-2(9-25,8-25)の完敗ではありましたが、昨年度の同大会からひさしぶりに高体連の大会に出場をさせていただき、今大会まで継続して出場することができましたことを大変うれしく思います。
 これまでご理解ご協力をたまわりました保護者と大会関係者の皆様に、この場を借りてお礼申し上げます。
 下段の写真は、試合前の練習のようすです。

11月6日・7日にソフトテニス部が岡山県高体連新人ソフトテニス大会(団体)に参加しました

Dekigoto 2021-11-06 Okayamaken Kotairen Shinjin Soft Tennis Taiikai

 11月6日(土)・7日(日)に、岡山市浦安総合公園テニスコートにて岡山県高体連新人ソフトテニス大会(団体)が開催されました。
 津山高専からは、男子8名(2年生5名、1年生3名)と女子5名(2年生2名、1年生3名)での参加となりました。
 コロナ禍での開催となり、応援に対する制限や保護者の観戦が許可されないなどの条件付きで実施されました。

 女子チームは1回戦西大寺高校と対戦し、0-③で敗戦となりました。
 現在の女子チームとしての初めての団体戦となり、チームとして今後につながる大会になったのではと思います。

Dekigoto 2021-11-06 Okayamaken Kotairen Shinjin Soft Tennis Taiikai

 男子チームは、
  1回戦 ③-0 玉島商業高校
  2回戦 不戦勝 高梁城南高校
  3回戦 ③-0 倉敷翠松高校
  4回戦 0-③ 倉敷工業高校
との戦績で、最終的に5位入賞となりました。
 上位チームにはまだまだ及ばないものの、今後はもう一段階上を目指して活動していきますので、ご支援のほどよろしくお願いします。

11月6日に7回目のジュニアドクター育成塾(第4期)を開催しました

Dekigoto 2021-11-06 Jr.Dr. Ikuseijuku

 11月6日(土)に、4期生を対象にした第7回目のジュニアドクター育成塾を実施しました。
 ジュニアドクター育成塾は、科学技術分野に高い意欲や突出した能力を持つ小中学生を発掘し、数理・情報分野の学習を通じてその能力を伸ばす体系的な取り組みです。

 今回は、電気電子システム系の中村直人助教とその研究室の学生の指導の下で、2足歩行ロボット制御プログラミングを学びました。
 まずは、ロボットの基本的な動作をさせることによって、その機構を動作させる面白さを経験し、続けてプログラミングを実施し、ロボットの動作確認をすることで、プログラムの役割を学習しました。
 さらに、オリジナルな動作のプログラミングを行い、ロボットの動作を確認しました。
 これらを通して、アクチュエータ、センサと制御回路の関係を学ぶことができました。

Dekigoto 2021-11-06 Jr.Dr. Ikuseijuku

 また、吉富シニアメンターのワークショップでは、モーターなどの駆動装置や特別な制御装置を必要としない歩行形態である受動的動歩行をする“受動歩行ロボット(トコトコ人形)”を製作しました。
 この製作により、ロボット歩行の基礎として静歩行と動歩行があることや、制御方法としてアクティブ制御(能動制御)とパッシブ制御(受動制御)があることを理解しました。

 写真は、2足歩行ロボット制御プログラミングを学ぶ受講生(上段)と、受動走行ロボットの講座(下段)のようすです。
 本活動は、国立研究開発法人・科学技術振興機構(JST)の助成を受けて実施しています。

11月5日にロボット技術研究部が校長にロボコン大会への出場を報告しました

Dekigoto 2021-11-05 Robocon Hokoku

 11月5日(金)に、高専ロボコン中国地区大会に出場したロボット技術研究部のメンバーが、校長の元を訪れました。
 部員らは、獲得したトロフィーと賞状を手に大会の様子を報告するとともに、大会への参加にあたって受けたさまざまな支援に対するお礼を述べました。
 校長からは、「2チームとも特別賞をもらうことはとても珍しいことです。おめでとう。今後、さらに高みを目指して頑張ってください」という激励の言葉がありました。
 最後に全員で記念写真を撮影し、来年へ向けての決意を新たにしました。

11月3日にテニス部が岡山県テニス協会シングルストーナメントに出場しました

Dekigoto 2021-11-03 OPTA Singles Tournament

 11月3日(水)に、テニス部の4年生2名と3年生3名が、岡山県テニス協会(Okayama Prefecture Tennis Association)主催のOPTAシングルストーナメントに出場しました。
 結果は全員初戦敗退ではあったものの、2年連続で中国地区高専大会が中止となり、大会出場機会のなかった4年生にとってはひさしぶりの大会出場となり、大変良い経験となりました。

11月1日・2日に柔道部が全国高専体育大会柔道競技に出場しました

Dekigoto 2021-11-01 Zenkoku Kosen Taiiku Taikai Judo kyogi

 11月1日(月)・2日(火)に、秋田県の県立武道館にて「全国高専体育大会柔道競技」が開催され、本校からは団体戦と個人戦(66kg級と無差別級に1名ずつ)に出場しました。
 試合結果は、以下の通りになります。
○団体戦
 メンバー:今岡天太(情報システム系4年)、池田陽風(先進科学系3年)、山本脩斗(同左)、只友和世(電気電子システム系3年)、寺阪公希(情報システム系3年)、三宅叶真(同左)、勝浦歩夢(1年2組)
 試合結果:予選リーグ敗退

Dekigoto 2021-11-01 Zenkoku Kosen Taiiku Taikai Judo kyogi

○個人戦66kg級
 出場選手:山本脩斗(先進科学系3年)
 試合結果:初戦敗退
○個人戦無差別級
 出場選手:今岡天太(情報システム系4年)
 試合結果:第3位

 団体戦と個人戦66kg級は悔しい結果となったものの、個人戦無差別級で今岡くんが第3位という素晴らしい成績をおさめました。
 彼は一昨年の全国高専大会も3位であり、2大会連続の入賞(昨年度はコロナ禍で大会中止)となります。
 今後ともご指導・ご声援のほど、よろしくお願いいたします。

11月1日に今年度入寮した留学生を対象とする生活安全講習会が開催されました

Dekigoto 2021-11-01 Seikatsu Anzen Koshukai

 11月1日(月)に、津山警察署による留学生を対象とした今年度の生活安全講習会を、本校国際交流ホールで開催しました。
 新型コロナウイルス感染症流行のため、今年度入寮する留学生の入国が遅れていましたが、全員揃ったため開催することになりました。
 講習会では、持参された自転車シミュレータを使い、自転車の乗り方を留学生代表3名にていねいに指導していただきました。
 その後、日本で生活する際に注意すべきことや交通ルール、SNSを利用する際の注意点などを、分かりやすく解説いただきました。
 講習いただきました津山警察署の方々には、深くお礼申し上げます。