本文へスキップ

National Institute of Technology, Tsuyama College

担任紹介profile

2022年度1年団

学年主任

山口 均(先進科学系/英語表現T)

学年主任・兼1年1組副担任の山口均です。ご入学おめでとうございます。担任の山中先生や副担任の道上先生と共に、より良いクラス集団を作っていきたいと思います。1年では「英語表現T」を全クラス担当し、特に英文法や表現活動などの授業を行います。私の専門は「英語教授法」と「認知言語学」で、英語の効果的な授業方法について研究しています。特に英文法の研究では、ハニカム構造というグラフィックツールを用いて新しい視点で英文法を教えています。英語に苦手意識がある人も、もう一度違った方法でやり直しができますので、気持ちを新たに積極的に授業に取り組んでください。

私は津山高専へ来る前には、長い間、大阪の中学校に勤めていました。皆さんは、中学校から高専へと大きく環境が変わり、不安も大きいと思いますが、新しい生活に慣れるようにお手伝いができると思いますので、遠慮なく相談してください。

学校全体の仕事としては、国際交流センター長として、国際交流活動を推進しています。この数年、コロナ禍で実際に海外に行くことは困難ですが、状況が回復したらどんどん海外へ研修に出かけましょう。津山高専にはたくさんの国際交流プログラムがありますし、1年生には「国際交流T」という選択教科もあり、国内や校内での国際交流活動にも参加することができます。そして1組にはタイからの留学生2名が所属します。文化や伝統の違いを間近で学び、グローバルマインドを身につける絶好のチャンスです。広い世界へ心を広げるお手伝いをしたいと考えています。

これからの1年間を、共に有意義に過ごしていきましょう。

学年副主任

荒木 祥一(先進科学系/保健・体育T〈3組、4組〉)

1年生担任団副主任の荒木祥一です。1年生の皆さん、ご入学おめでとうございます。主任のサポートを行い、また、各クラス担任および副担任と協力しながら、皆さんが快適に学校生活を送ることができるクラスづくり、学年団づくりを目指して、1年間頑張りたいと思います。

授業では保健体育Tを担当します。中学校での体育の授業と大きく変わるところはないですが、体育の授業は『アクティブ・ラーニング』形式ですので、教員とのコミュニケーション、学生同士のコミュニケーションを意識して、積極的に他者と関わりながら授業に取り組んで欲しいと思います。また、課外活動ではラグビー部の顧問をしています。興味がある人、新しいスポーツに挑戦してみたい人はぜひ声をかけてみて下さい。

高専は「高等教育機関」であり、皆さんは「生徒」ではなく「学生」として扱われます。ですので、他の高校とは異なり、厳しい校則もほとんどなく、自由な校風となっています。しかし、その分、『自己責任』が求められるようになります。これまで他人任せで済んでいたことも自分で判断して行動しなければならないことがたくさん出てきます。初めはわからないことだらけで、不安だと思いますが、先生方の力を少しずつ借りながら、『自ら考え、正しく行動できる人間』に成長して行って欲しいと思いますので、これから起こる新しいことにどんどんチャレンジして行って下さい。私たちは全力でサポートします。1年間、よろしくお願いします。


1年1組

担任 : 山中 聡(先進科学系/基礎数学〈1組〉)

1年1組の担任の山中聡です。ご入学おめでとうございます。本校での新しい生活が始まり、不安に思うことも多いと思いますが、副担任の山口均先生と道上先生とともに皆さんの学校生活をサポートしていきたいと思います。わからないことや相談したいことがあれば気軽に話しかけてください。これから1年間よろしくお願いいたします。

専門は数学の代数学、とくに非可換環(a×bとb×aが等しいとは限らないような数の体系)の研究をしています。また、1年生の授業では、基礎数学と総合理工実験実習を担当します。授業を通して、数学の楽しみ方や考える面白さを伝えていきたいと考えています。一方で、1年生で学ぶ数学は、2年生以上の数学はもちろんのこと、物理や工学などの専門分野における基礎的な知識になります。中学校のときに比べ、高専での数学は覚えることや計算量が多くなりますが、しっかりと理解できるよう日々の授業に取り組んでください。

一般的な高等学校とは違い、本校では皆さんを「生徒」ではなく「学生」として扱います。中学校のときよりも自身で判断・行動しなければならない場面が多くなりますので、少しずつ慣れていきましょう。また、様々なことに興味をもち、興味があることには自発的にチャレンジしてもらいたいと考えています。


副担任 : 道上 史絵(海外展開促進/タイ留学生学習支援(日本語))

1年生の皆さん、ご入学おめでとうございます。道上史絵(みちがみふみえ)と申します。私は主にタイ留学生の日本語のクラスを担当します。
 英語ではない言語を勉強したい、と思って大学ではベトナム語を専攻しました。ホーチミン市に留学をしたこともあります。以前は主にベトナム語の文法を研究していましたが、仕事で日本語教育に携わったことから、研究のテーマが変わりました。現在の専門は日本語教育学です。

 これまで日本語教育を通していろいろな方に出会いました。国籍、宗教、生活習慣の異なる人々と接すると、初めは戸惑うこともありますが、世界には多様な文化、生き方があることに気づかされます。そして自分がいかに日本的な価値観に縛られているのかを実感し、客観的に日本を見ることができるようになります。これからもいろいろな人と接して視野を広げていきたいです。この1年間、皆さんと一緒に多くのことを学び、成長していきたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。


タイ留学生学生支援 : 中村 ふみ子(海外展開促進/タイ留学生学習支援(理数系科目))

1年生のみなさま、この度は津山高専へのご入学おめでとうございます。1組において、タイからの留学生に対する理系教科のサポートをしております中村ふみ子と申します。いつも教室の片隅で留学生と授業に参加しております。そんな中、高専の学生のみなさまは自然にその環境を受け入れてくれておりまして、いつも教室内は本当によい雰囲気であります。特に、実験などでは留学生と一緒にサイエンス英語を勉強してくれたり、一緒にスポーツも参加しようと誘ってくれたり、国を越え徐々に仲間意識が芽生えてきていると感じます。留学生の方も、一生懸命に日本語の勉強、日本語での理系教科の勉強に日々励んでおり、日本人学生のみなさまともっとコミュニケーションを取りたいという気持ちで努力しております。その効果が学業だけではなく、異文化交流という側面において、学生のみなさま一人一人の心の中に根付いてくれるよう願っております。特に、いつもお互いの存在を意識する必要はないと思いますが、最終的に違和感なく溶け込め、お互いの国や文化について自然に理解しあえる、そんな日が来ればよいなと考えております。


1年2組

担任 : 角谷 英則(電気電子システム系/歴史T)

一年生の担当:世界史、1-2担任/文芸部顧問
 個人情報は、 http://www.tsuyama-ct.ac.jp/gakkaVer4/kyouin/kadoya/kadoya-db.html https://researchmap.jp/kadoyah にあります。 著書などは本校図書館にも収蔵があります。
https://tsuyama-ct.academia.edu/HidenoriKadoja では、専門以外の教育関係の論文などもオンラインで公開しています。


副担任 : 柴田 典人(先進科学系/生物〈1組〉)

総合理工学科1年2組副担任の柴田です。1年間よろしく願いします。
 私は生物を分子、細胞レベルで研究しています。生物の世界は多様性に満ちています。数百万種の生物が、相互作用しながら地球という社会を形成しています。地球という社会を形成するのに1種として無駄な生物は存在しません。また、私達の体も、200種類以上の多様な特徴と機能を持った細胞種が数十兆個集まってできている細胞の社会です。異なる種類の細胞がそれぞれ独特の仕事を協調的に行うことによって細胞の集合体としての個が成り立っています。我々、ヒトを含めた生物は種や細胞の「多様性」によって支えられています。

 私は学校やクラスのような人間の社会でも、この多様性が大事だと思っています。人間の社会の多様性は個人個人が持っている個性です。1人として同じ人間(個性)は存在しません。自分の個性、そして他の人の個性を認めることが1つの社会(クラス)を作る第一歩です。時には個性同士がぶつかることもあるかもしれません。それでも無駄な個性はないのだ、と知っていれば、必ず協調的に生活できます。皆さん、是非、個々の興味のあることに全力で挑戦して個性を磨いて、多様性にとんだクラスにしてください。

1年3組

担任 : 堀 秀暢(機械システム系/英語T)

1年3組担任の堀秀暢です。ご入学おめでとうございます。みなさんと共に私自身も成長していきたいと思っておりますので、これから1年間どうぞよろしくお願いいたします。
 1年生の授業は「英語T」を担当します。テキストを読み内容を理解するといった基本的な学習に加え、学生自身でテキストの内容から英語の問題を作成する時間も設ける予定です。皆さん自身で英語を使って相手に質問ができるようになってもらえればと思います。授業の後半では発音とリスニングに特化した内容を予定しています。私自身が語学留学で得た知識を共有しましょう。

 津山高専には留学生が多数在籍しております。同じ津山高専の学生ですので、積極的に交流をもってもらえればと思います。お互いの言語や文化、価値観を学ぶことで、「学内留学」を行うことができるでしょう。新型コロナウイルスの影響で現在は中止されておりますが、津山高専では在学中に海外に行けるチャンスがたくさんあります。その日が来ることを待ちながら、楽しく高専生活を送ってください。


副担任 : 渡邊 朝美(情報システム系/国語T(主に漢文)〈1組、3組〉)

入学おめでとうございます。1年3組の副担任の渡邊朝美(わたなべ ともみ)と申します。担任の堀先生と一緒にみなさんの高専生活がより良いものになるようにサポートしていきますので、どうぞ宜しくお願い致します。
 「国語T(主に漢文)」の授業を担当します。みなさんは、数学や物理、化学などの理数系の科目が好きで、国語、それも漢文には興味がないかもしれません。もしかしたら、「こんなことやっても無駄だよなあ」と思っているかもしれません。が、世の中には無駄はありません。「無駄だなあ」と感じていたものが、何年か経って思わぬ形で役に立ったりすることもあります。たとえば、私はみなさんと同じくらいの年の頃、「こんなことやっても無駄だよ」と思いながらプログラミングの勉強をしたのですが、それから20余年経った現在、そのときの知識を使ってこの一年生HPの管理をしています。「取っても使わないよな〜」と思っていた高等学校国語科専修免許状も、取得後10余年経った現在、活用中です。そもそも、津山高専に赴任できたのも、「ちょっとやってみようかな」という気持ちで外国人に日本語を教えたことがそもそものきっかけでした。というわけで、みなさんには「無駄だよなあ」と思うようなことにも、「とりあえずやってみるか!」と取り組んでみてほしいと思います。やってみる中で、意外な発見があると思いますし、私のように10年余経ってから役に立たせることができるかもしれません。

津山高専は、国際交流活動にも力を入れています。一年生からみなさんと一緒に勉強するタイの留学生もいます。私自身、学生時代に外国人や文化背景の異なる人との交流から、色々な価値観があることを知り、相手の話をしっかり聞いて自分の気持ちをしっかりと伝えることの大切さ、互いに尊重し合うことの大切さを学びました。それと同時に、自分を見つめなおし、日本の良さも分かるようになりました。ですので、みなさんには、ぜひ積極的に留学生やこれまであまり話すことがなかったタイプの人と交流してみてほしいと思います。私も含め、みんなで一緒に成長していくことができれば嬉しいです。


1年4組

担任 : 神谷 健(情報システム系/公共T)

1年4組担任の神谷です。ご入学おめでとうございます。ドイツのハイデガーという哲学者に焦点を合わせ、現代哲学を研究しています。1年生では「公共I」の授業を担当します。「公共」と聞くと哲学とは関係ないもののように感じられるかもしれませんが、その出発点、また土台となるのは倫理という哲学的な領域です。それは、人がいかに生きるべきかという問題についての数千年に及ぶ思考の蓄積されたものです。

いかに生きるべきか、という問題から我々は逃れることはできません。倫理について人類が考えてきたこと、学んできたことに背を向けても、自分の生きかたについての様々な決断を避けることはできないからです。そんななか倫理について学ばなければ、学問的な吟味を経ていない、安直な人生観に飛びつくことになりかねません。自分の生きかたの核心についてしっかりとした考えを持った人間となるためにも、高い意識を持って勉強に取り組んでもらいたいと思います。

世に溢れる生きかたについての主張や表現の数々と比べたとき、教科書に描かれた内容は一見味気がないものに見えるかもしれません。しかし、教科書は学問そのものではなく、学問の広大な世界への、いわばミニガイドです。数千年の歴史と伝統、世界中の才能や努力や情熱の蓄積を、初心者に簡潔で平易な文章で説明し尽くすのは、そもそも無理な相談だからです。教科書に書いてあることは、さらに本格的な学びへの入り口です。自分自身で調べ、考え、行動することを通じて、初めて知識は生きたものとなり、人生の真剣さに応え得るものとなります。是非、自分自身の興味関心に応じるものを探し求めて、教科書の奥に控える生き生きとした学問の世界へと分け入ってください。


副担任 : 江原 由美子(先進科学系/国語T(主に漢文)〈2組、4組〉)

4組副担任の江原由美子(えはらゆみこ)です。授業は、2組と4組の国語T(主として漢文分野)を担当します。1年間よろしくお願いします。
 皆さんは5年後の自分をどのようにイメージしていますか。高専を卒業して、何をしているでしょうか。「入学したばかりで卒業後のことは考えられない」という人もいるかもしれませんが、将来の自分について思いをめぐらせることは大切です。すでに卒業後の目標が決まっている人は、目標達成に向けて頑張りましょう。まだ目標が決まっていない人は、できるだけ多くの興味を持ったことにチャレンジして、自分の歩きたい道をみつけていってください。高専の教員には個性的な人が多いかもしれませんが、学生の頑張りをサポートし、チャレンジを応援したいという気持ちは皆同じです。遠慮なく頼ってください。
 素晴らしい仲間と共に、5年後を迎えられますように。私も皆さんと一緒に成長していきたいと思います。


キャリアアドバイザー制度について

 円滑な学生生活をサポートするために,津山高専にはキャリアアドバイザー制度というものがあります。クラス担任とは別の教員が,1人当たり3,4人の学生を担当し,人生の先輩として,相談にのったり,アドバイスをしたりしています。定期的に設けられている「一斉懇談日」以外でも,相談したり,話を聞いてほしくなったりしたら,アドバイザー教員の研究室を訪ねてみてください。