本文へスキップ

National Institute of Technology, Tsuyama College

担任紹介profile

2020年度1年団

1年1組

担任 : 山口 均(先進科学系/英語表現T) ※学年主任

学年主任及び1年1組担任の山口均です。ご入学おめでとうございます。1年生の学年の運営では、各担任や副担任の先生方と共に、より良い学年集団を作っていきたいと思います。1組では副担任の島田先生、渡邊先生と3人でクラスづくりをしていきます。1年では「英語表現T」を全クラス担当し、特に英文法や表現活動などの授業を行なっていきます。私の専門は「英語科教授法」と「認知言語学」で、英語の効果的な授業方法について研究しています。特に英文法の研究では、図を用いて新しい視点で英文法を教えています。英語に苦手意識がある人も、もう一度違った方法でやり直しができますので、気持ちを新たに積極的に授業に取り組んでください。

私は津山高専へ来る前には、長い間、大阪の中学校に勤めていました。皆さんは、中学校から高専へと大きく環境が変わり、不安も大きいと思いますが、新しい生活に慣れるようにお手伝いができると思いますので、遠慮なく相談してください。

津山高専は国際交流にも非常に積極的に取り組んでいます。1組にはタイからの留学生2名が所属します。文化や伝統の違いを間近で学び、グローバルマインドを身につける絶好のチャンスです。また望めば在学中に海外へ行けるチャンスがたくさんあります。広い世界へ心を広げるお手伝いもしたいと考えています。

これからの1年間を、1年1組で有意義に過ごしていきましょう。


副担任 : 島田 悠彦(先進科学系/基礎数学〈1組〉・タイ留学生学習支援)

1年1組副担任の島田悠彦です。1年生の留学生支援で、基礎数学、基礎数学演習、物理I、生物I、情報リテラシー、総合理工基礎、総合理工入門を担当します。統計力学や共形場理論などの理論物理が専門です。大雑把な説明ですが、多数の要素からなるシステム(水分子の集まりでも人間社会でもよい)の普遍的振舞いに興味があります。特に揺らぎがスケール不変になる相転移点に注目して、精密に解析するのが共形場理論です。よくよく調べてみるとスケール不変な揺らぎは自然界や人間社会にたくさん潜んでいて普遍的法則が見つかります。さてこれは基礎的な理解がしっかりしていると、(一見難しい)対象を見るための直感が得られるということですが、これから皆さんもいろいろなレベルで体験することと思います。些細な一例ですが1年生で習う2次方程式と「判別式」は何の役にたつのでしょうか?実はシステム設計・安定性の判別に深く関わり制御工学で重要になります。高専では4年生くらいまでに伏線の回収ができます。いいですね。基礎概念ほどはじめて習うときは地味にみえがちですが、身近な技術・現象を背景として理解すると直感として身につくかもしれません。がんばりましょう。


副担任 : 渡邊 朝美(海外展開促進/タイ留学生学習支援(日本語)・国語T〈1組、4組〉)

1年1組の副担任の渡邊朝美(わたなべ ともみ)と申します。1年生の授業は、タイ人留学生の日本語、1年1組と4組の国語T(漢文)を担当します。
 幼いころより中国文化に興味がありましたので、大学で中国近代文学を勉強しました。蘇曼殊という文人を通して、中国近代文学における「自我」や近代的恋愛小説の形成について研究しています。平成30年10月1日付で、津山高専に赴任しました。

 私は、中国、台湾、韓国など外国での経験や外国人や文化背景の異なる人との交流から、色々な価値観があることを知り、また、相手の話をしっかり聞いて自分の気持ちをしっかりと伝えることの大切さ、互いに尊重し合うことの大切さを学びました。それと同時に、自分を見つめなおし、日本の良さも分かるようになりました。ですので、学生のみなさんには、ぜひ積極的に留学生やこれまであまり話すことがなかったタイプの人と交流していただきたいと思います。私も含め、みんなで一緒に成長していくことができれば嬉しいです。一年間、宜しくお願い致します。


1年2組

担任 : 佐藤 誠(先進科学系/総合理工実験実習・総合理工入門・物理T〈2組〉)

1年2組担任の佐藤です.高専で学ぶことを選択してくれた皆さんとともに成長していきたいと思います.一年間よろしくお願いします.

授業では物理Tを担当します.学生と一緒に身の回りの不思議を物理で読み解くことを楽しみたいと思います.実は,一年生の担任を担当するたびにやり損ねていることがあります.残念ながら昨年も実現できませんでした.皆さんのクラスが最後のチャンスになります.今年はぜひ実現したいと意気込んでいます.1年2組の皆さん! 一緒に地球の大きさを測りましょう! 地球大きさがわかれば,いくつかの実験室での測定を加えて太陽の質量がわかります.教室を飛び出し,手足を動かし,自然を体で感じながら地球や宇宙へ思考を広げましょう.

高専は自ら求める学生が学ぶ教育システムです.受け身にならずに攻撃的に学習しましょう.中学校までとは違うことを認識して,なるべく早くに高専での学び方に慣れていただきたいと思います.皆さんの成長を全力で支援します.


副担任 : 房 冠深
(情報システム系/総合理工実験実習・総合理工入門・総合理工基礎〈2組、4組〉)

ご入学、おめでとうございます。1年2組副担任の房です。副担任は初めてですが、担任の佐藤先生を補助し、クラスの運営に力を尽くしますので、よろしくお願いします。
 1年生の講義では、総合理工基礎(前期)、総合理工入門と総合理工実験実習を担当させていただきます。講義や実習の内容はプログラミングについてで、皆さんと顔を合わせることも多いですが、どうぞプログラミングのことも、私のことも煩わしく思わないでください。「プログラミングが難しい」という声をよく聞いておりますが、私は「難しい」ではなく「難しそう」と思っています。皆さんには、ぜひ躊躇せず、真剣にプログラミングに一度チャレンジしてその面白さを味わっていただきたいと思います。
 北辰寮を管理するため、教員が参加する寮務委員会があり、私もその一員となっています。新しい学校、初めての寮生活で不安を持つ方がいると思いますが、遠慮なく私にご相談ください。一緒に打開策を考え、多彩な高専生活を送りましょう。


1年3組

担任 : 角谷 英則(電気電子システム系/世界史)

一年生の担当:世界史、1-3担任/文芸部顧問
 個人情報は、 http://www.tsuyama-ct.ac.jp/gakkaVer4/kyouin/kadoya/kadoya-db.html https://researchmap.jp/kadoyah にあります。 著書などは本校図書館にも収蔵があります。
https://tsuyama-ct.academia.edu/HidenoriKadoja では、専門以外の教育関係の論文などもオンラインで公開しています。


副担任 : 松田 修(先進科学系/総合理工実験実習・総合理工入門・基礎数学演習〈1組、3組〉)

入学された皆さんに,なんちゃって数学者である私から,数学のこころを表す式をご紹介します。それは,
 
です。いかがでしょう。自然数をすべて足すとそれは-1/12に等しいというこの公式は,常識に反するからこそ神秘的であり魅力的なもので,見れば見るほどドキドキ感が高まります。さらに,
 
という式,この普通でない式も現代の私たちのこころをつかんで離しません。
これらの公式は,18世紀のスイスの天才数学者レオンハルト・オイラーが最初に示したもので,数学人生を送るようになった私は,オイラーの数学の自由さにずーっと憧れ続けてきました。
かつて,オイラーのこれらの公式にインスパイア―された津山高専生がいました。ある時,彼は私の所へ来て,すべての三角数を足す研究がしたいと言ってきました。そしてついに,三角数の和に関する予想公式

を得ることに成功しました。彼のこの大胆な研究は認められ,その年のサイエンスインカレという大学生の科学コンテストで, 見事DERUKUI賞を受賞したのです。
 常識に左右されない自由な発想は,人のこころを豊かにし幸せにします。一緒に頑張りましょう。


1年4組

担任 : 久保 敏弘
(電気電子システム系/総合理工実験実習・総合理工入門・総合理工基礎〈1組、2組〉・物理T〈4組〉)

1年4組担任の久保敏弘です。ご入学おめでとうございます。副担任の野中先生とともに、皆さんの学生生活をサポートしたいと思いますので、1年間宜しくお願い致します。

みなさんが入学する高専は,多くの同級生が入学する高校やこれまでの中学校とは,全く異なる組織です。それは,学校生活を送る中で明らかになってきます。学校の仕組みは,「自分のことは自分でする」ことが基本ですので,徐々に慣れていきましょう。

私は皆さんの担任であると同時に、理論物理学者でもあります。専門は量子物理学、中でも量子論の基礎やメゾスコピック系と呼ばれる微小なデバイスにおける電気伝導や量子多体効果というみなさんが聞き慣れない分野の研究をしています。高専で皆さんがこのような分野に触れることはほとんどありませんが、先進科学系の高学年で多少触れることもあると思いますが、私自身は電気電子システム系の所属です。

また、1年生の授業としては、総合理工実験実習と物理Tと総合理工基礎を、部活動は高学年がメインですが硬式野球部の顧問を担当します。1年生では、それほど専門的な授業はありませんが、2年生以降の進路を決める大切な1年間ですので、何かわからないことがあれば遠慮なく相談しに来て下さい。受験も終わって一息つきたいところだとは思いますが、常に向上心を持って仲間と切磋琢磨し大きく成長して欲しいと思います。


副担任 : 野中 摂護(機械システム系/総合理工実験実習・総合理工入門)

1年4組副担任の野中摂護です.ロボティクス・制御工学の分野を研究しています.部活動顧問はロボット技術研究部(ロボコン)です.研究では,ロボットをつくったり,制御方法を考えたりします.ロボットといえばイメージはしやすい分野かと思いますが,「数学的な制御理論」や「情報的な制御プログラム」などかなり横断的な知識を要求される何でも屋なところがあります.「あの知識が必要か!じゃあ勉強しよう」といったことも今でもしばしばです.この分野に限らずですが,様々な知識を融合させることで新しいものを生み出す力は今の社会ではたくさん必要とされています.
そんな中で高専というところは高校や大学に比べ,高度で幅広い技術に,若くしてたくさん触れられる唯一の場所です.みなさんにはこの高専で,様々なものに好奇心を持って触れ,多くのものに挑戦をしていってもらいたいと思います.高専には高校と同様の授業・部活に加え,研究者の先生やロボコン・プロコンなどの特殊な課外活動などそのチャンスが多くあり,これを掴めればきっと高専生活を楽しめると思います.
 また高専は大学と同様に高等教育機関に分類され「学生」は学問を探求する自由が与えられますが,自ら学ばなければこのチャンスも楽しみも得られません.自分の興味をみつけてぜひとも自分から積極的に学び,自らで成長させていってください.
 私も副担任として,良い5年間になるよう応援します.1年間いっしょに楽しんでいきたいと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします.


キャリアアドバイザー制度について

 円滑な学生生活をサポートするために,津山高専にはキャリアアドバイザー制度というものがあります。クラス担任とは別の教員が,1人当たり3,4人の学生を担当し,人生の先輩として,相談にのったり,アドバイスをしたりしています。定期的に設けられている「一斉懇談日」以外でも,相談したり,話を聞いてほしくなったりしたら,アドバイザー教員の研究室を訪ねてみてください。