現在の場所:トップ > 本校 > 学科紹介 > 電子制御工学科 > 電子制御工学科教育目標


電子制御工学科教育目標

 電子制御工学科の教育目標は「ハイテク時代に活躍するメカトロニクス技術者の養成」です。

・育成する人材像と電子制御工学科の特徴
 電子制御工学は,機械工学,電気電子工学,情報工学などの基本的専門知識を身につけ,これらを集約してメカトロニクスとして学ぶために設置された学科です。電子制御工学科では,エレクトロニクスや機械やコンピュータの基礎について学んだ後,様々な『制御』について学び,産業界が要求する技術に適応できる柔軟な思考と豊かな創造力をもつ技術者を育てます。卒業してからは,機械,電気,電子,情報などの幅広い分野でメカトロニクス技術者としての仕事に携わります。さらに深い知識を身に付けるため,専攻科への進学や大学への編入学の道が開けています。
 電子制御工学科の特徴は,電子制御基礎,電気基礎,設計製図,情報処理などの基礎科目を起点として工学における広範な専門知識を系統的に習得し,実験・実習,自発的学習科目によって実践的応用力を養いながら多分野への適応力を備えた技術者を培うことです。専門知識を実験・実習で体得し,自発的学習科目で基礎知識に立脚した課題解決能力や創造力を発揮しながら学習を進めています。

・教育課程
 電子制御工学科の教育課程では,自然科学系共通・基礎,材料と構造,運動と振動,エネルギーと流れ,情報と計測・制御,設計と生産・管理,機械とシステム,実験・実習の各分野について学習します。基礎・共通分野では,工学上の諸問題を解くために不可欠な理論を学び,工学への応用手法を修得するとともに,モノつくり社会をとりまく環境・エネルギー問題などの幅広い知識を習得します。材料と構造分野では機械材料の種類や性質および強度について,運動と振動分野では機械の動きと力の関係について,エネルギーと流れ分野では熱や流体の利用法について修得します。情報と計測・制御分野では電子制御(ロボティクス・メカトロニクス)に必要な技術を厳選して修得し,本学科が目指す技術者に必要な技術・理論を低学年から系統的に修得していきます。設計と生産・管理分野では,種々の機械,装置,電子機器の設計製作に必要な基礎知識を学ぶとともにCAD技術を修得し,機械とシステム分野では機械の原理や仕組みについて修得します。実験・実習分野では,課題解決能力や創造力の育成のためのモノつくりや講義内容を実践的に体得します。
 自発的学習科目では,自ら頭の中で想像する物を設計し,製作するモノつくりの技術を学んだ後,与えられた課題に対して独自の解決方法を見つけ,結果をまとめることで工学問題に対する一連の取組み方について学びます。卒業研究は,学科教員の専門分野を中心に多種の研究テーマの中から選択して取組み,これまでの学習成果を研究活動へ展開する応用力を身につけると同時に,研究内容を公開する手法について学びます。
 これらの教育課程を通じて次の学習目標を達成しなければなりません。

・学習目標
(1) 数学,物理を中心とした基礎科目で得られた知識を,工学問題へ応用する能力を身につける。
(2) 情報と計測・制御,設計と生産・管理,材料と構造,機械とシステム,運動と振動,エネルギーと流れに関する専門技術分野の知識を修得し,工学問題の解析やメカトロニクス関連機器の設計や製作ができる能力を身につける。
(3) 設計製図,CAD/CAM,実験・実習等の実技を伴う科目を通じて,専門知識を深化させるとともに,実験の遂行能力と結果を考察する能力を身につける。
(4) 自発的学習科目を通じ,専門知識を基盤としてモノつくりができる能力と,課題に対して専門知識を展開できる能力を身につける。
(5) 卒業研究を通じて,研究の背景や目的を適切に理解し,課題解決能力を育成し,研究の基本的過程を身に付けるとともに発表や討論ができるプレゼンテーション能力を身につける。

〒708-8509 岡山県津山市沼624-1
電話 (0868) 24−8200(代表)
FAX (0868) 24−8219(総務課)
Copyright(C)1997-2015 National Institute of Technology, Tsuyama College