お問合せ
トップ学科紹介総合理工学科先進科学系先進科学系 教員一覧 > 教育研究業績:山口大造

教育研究業績:山口大造

総合理工学科 先進科学系
氏名:山口大造
 1 教員基本データ
 2 経歴
 3 研究業績
 4 教育業績
 5 学校運営・社会貢献

教員基本データ

 (フリガナ)ヤマグチ ダイゾウ
 氏名: 山口 大造
 生年: 1979
 学歴: 2000. 3 津山工業高等専門学校機械工学科卒業
     2002. 3 神戸大学農学部生産環境情報学科卒業
     2004. 3 神戸大学大学院自然科学研究科博士課程前期課程修了
     2007. 3 神戸大学大学院自然科学研究科博士課程後期課程修了
 学位: 2004. 3 修士(農学)(神戸大学)
     2007. 3 博士(学術)(神戸大学)
 所属学会:日本機械学会 日本化学会 触媒学会 化学工学会 品質工学会

 担当授業および担当校務等 2023 2022 2021 2020 2019 2018

経歴

職歴: 2007. 4 - 2010. 3 財団法人神奈川科学技術アカデミー原「エコ固体酸触媒」プロジェクト常勤研究員
    2007. 7 - 2010. 3 東京工業大学応用セラミックス研究所民間等共同研究員
    2010. 4 - 2011. 3 財団法人神奈川科学技術アカデミー原「エコ固体酸触媒」プロジェクト非常勤研究員
    2010. 4 - 2012. 8 津山工業高等専門学校機械工学科助教
    2012. 9 - 2015.12 津山工業高等専門学校機械工学科講師
    2015.12 - 2016. 3 津山工業高等専門学校機械工学科准教授
    2016. 4 -     津山工業高等専門学校総合理工学科准教授

資格: 

学術表彰:
 学協会表彰:2009. 3 グリーン・サステイナブル ケミストリー ネットワーク(GSCN) 第3回GSC Student Travel Grant Awards(共同研究者として)
       2013. 3 化学工学会 優秀賞
       2013. 3 日本機械学会中国四国支部 優秀発表賞
       2015. 3 日本機械学会中国四国支部 支部賞「技術創造賞」
 業務表彰: 2016. 7 国立高等専門学校機構 平成27年度国立高等専門学校教員顕彰 優秀賞
       2016. 7 津山工業高等専門学校 先進教育研究指導賞
       2019. 6 津山工業高等専門学校 先進教育論文賞
 その他の表彰:

海外留学:

国内留学:

海外での業務経験:

研究業績

論文
 国際的学術誌掲載論文:
  1 Preprocessing Technology for Ethanol Production from Wood-Cellulosic Materials (Part 1)
   D. Yamaguchi, K. Shoji, T. Kawamura, H. Itoh, H. Horio
   2006 Journal of the Japanese Society of Agricultural Machinery, 68 (6), pp.91-100
  2 Hydrolysis of Cellulose by Amorphous Carbon Bearing SO3H, COOH, and OH Groups
   S. Suganuma, K. Nakajima, M. Kitano, D. Yamaguchi, H. Kato, S. Hayashi, M. Hara
   2008.10 J. Am. Chem. Soc.,130, pp.12787-12793
  3 Fine-crushing and subcritical water treatment of wood materials suitable for bioethanol production using image processing as intermediate indicators
   D. Yamaguchi, A. Hatano, K. Shoji, H. Itoh, T. Kawamura, H. Horio
   2008.12 Biosystems Engineering, 101 (4), pp.436-444
  4 Hydrolysis of Cellulose by a Solid Acid Catalyst under Optimal Reaction Conditions
   D. Yamaguchi, M. Kitano, S. Suganuma, K. Nakajima, H. Kato, M. Hara
   2009. 1 J. Phys. Chem. C, 113 (8), pp.3181-3188
  5 Adsorption-Enhanced Hydrolysis of β-1,4-Glucan on Graphene-Based Amorphous Carbon Bearing SO3H, COOH, and OH Groups
   M. Kitano, D. Yamaguchi, S. Suganuma, K. Nakajima, H. Kato, S. Hayashi, M. Hara
   2009. 2 Langmuir, 25 (9), pp.5068-5075
  6 Synthesis and Acid Catalysis of Cellulose-Derived Carbon-Based Solid Acid
   S. Suganuma, K. Nakajima, D. Yamaguchi, M. Kitano, H. Kato, S. Hayashi, M. Hara
   2010. 6 Solid State Sciences, 12, pp.1029-1034
  7 Starch Saccharification by Carbon-Based Solid Acid Catalyst
   D. Yamaguchi, M. Hara
   2010. 6 Solid State Sciences, 12, pp.1018-1023
  8 Fine-crushing of Wood-cellulosic Material Modified for its Hydrolysis for Bioethanol Production
   K. Shoji, D. Yamaguchi, H. Horio
   2011 Engineering in Agriculture, Environment and Food (EAEF), 4(3), pp.62-65
  9 A Magnetic Carbon Sorbent for Radioactive Material from the Fukushima Nuclear Accident
   Yamaguchi, D., Furukawa, K., Takasuga, M. & Watanabe, K
   2014. 8 Scientific Reports 4, 6053; DOI:10.1038/srep06053
 10 Hydrolysis of Cellulose by a Mesoporous Carbon-Fe2(SO4)3/γ-Fe2O3 Nanoparticle-Based Solid Acid Catalyst
   Daizo Yamaguchi, Koki Watanabe & Shinya Fukumi
   2016. 2 Scientific Reports 6, 20327; doi: 10.1038/srep20327 

 原著論文査読付:

 総説・解説論文(一般論文):
  1 カーボン系固体酸触媒を用いたオリゴ糖の加水分解
   北野政明, 山口大造, 菅沼学史, 中島清隆, 加藤英樹, 林繁信, 原亨和
   2008 触媒, 50, pp.468-470
  2 【依頼執筆】磁性メソポーラス炭素固体酸触媒の開発
   山口大造
   2019 (株)化学工業社, 化学工業, 70(6), 55-61.
   3 【依頼執筆】解説完走 IT化の進展と「品質工学」誌のこれから(その2)出版部会編集委員会,Vol30, No.2 (2022), pp.18-23
      山口大造
      2022.10 (一社)品質工学会, 品質工学, vol.30 No.4 学会設立三十周年特集号, 161.

 紀要、査読のない国内雑誌:
  1 セルロース系廃棄物エタノール化のための前処理技術の開発
   堀尾尚志, 庄司浩一, 川村恒夫, 山口大造
   2002 農業機械学会関西支部報, 92, pp.48-49
  2 セルロース系廃棄物エタノール化のための前処理技術の開発
   堀尾尚志, 庄司浩一, 山口大造, 岡正之
   2006 農業機械学会関西支部報, 100, pp.40-41
  3 エタノール製造のための木質セルロース前処理技術の開発研究
   堀尾尚志, 酒井美和, 山口大造, 庄司浩一, 川村恒夫
   2006 農業機械学会関西支部報, 100, pp.38-39
  4 環境配慮型鋳型造型法の開発
   矢澤貞春, 地形祐司, 原田雅典, 北野政明, 山口大造, 原亨和
   2008 埼玉県産業技術総合センター研究報告, p.6
  5 セルロース糖化におけるカーボン系固体酸触媒の性能評価
   山口大造
   2008. 7 財団法人神奈川科学技術アカデミー 平成19年度研究概要,pp.52-54
  6 環境配慮型鋳型造型法の開発(2)-新規硬化剤による注湯時硫黄酸化物発生の低減化-
   矢澤貞春, 地形祐司, 原田雅典, 北野政明, 山口大造, 原亨和
   2009 埼玉県産業技術総合センター研究報告, p.7
  7 カーボン系固体酸触媒による実バイオマス(バガス・稲わら・杉)の糖化
   山口大造
   2009. 7 財団法人神奈川科学技術アカデミー 平成20年度研究概要,pp.4-6
  8 カーボン系固体酸触媒を用いたセルロース糖化のプロセス化
   山口大造
   2010. 7 財団法人神奈川科学技術アカデミー 平成21年度研究概要,pp.6-9
  9 最適条件におけるカーボン系固体酸触媒によるセルロース糖化
   山口大造
   2011. 7 財団法人神奈川科学技術アカデミー 原「エコ固体酸触媒」プロジェクト研究概要集,pp.17-21
 10 カーボン系固体酸触媒による実バイオマス(バガス・稲わら・杉)の糖化
   山口大造
   2011. 7 財団法人神奈川科学技術アカデミー 原「エコ固体酸触媒」プロジェクト研究概要集,pp.23-25
 11 カーボン系固体酸触媒を用いたセルロース糖化の実プロセス化の検討
   山口大造
   2011. 7 財団法人神奈川科学技術アカデミー 原「エコ固体酸触媒」プロジェクト研究概要集,pp.27-30
 12 カーボン系固体酸触媒によるセルロース糖化
   山口大造
   2011. 6 東京工業大学応用セラミックス研究所共同研究委員会 応用セラミックス研究所 平成22年度共同利用研究報告書,pp.95-97
 13 マイクロバブルと固体酸触媒によるリグのセルロース材料の糖化技術の開発
   山口大造
   2012. 2 財団法人御器谷科学技術財団 理事長 御器谷俊雄,助成研究・国際交流活動報告集No.20,pp.9-12
 14 磁性メソポーラス炭素および固体酸触媒の開発
   山口大造
   2012. 9 財団法人八雲環境科学振興財団 研究レポート集,第13号,pp.54-60
 15 磁性メソポーラス炭素固体酸触媒の実用化検討
   山口大造
   2017. 3 平成28年度特別電源所在県科学技術振興事業研究成果発表会要旨集,pp.43-44
 16 磁性メソポーラス炭素固体酸触媒によるセルロース糖化装置の開発
   山口大造
   2018. 3 平成29年度特別電源所在県科学技術振興事業研究成果発表会要旨集,pp.37-38
 17 競技用低燃費車両の開発-エンジンシステム-
   山口大造,鳥取涼太,桑原諒也,岡田遥輝,石川雄基,見當 豊,植月優衣,河原みほ,川村純司,中島哲史,佐伯文浩
   2019. 3 津山工業高等専門学校紀要, 第60号, 19-24(2018)
 18 競技用低燃費車両の開発-車両構造-
   山口大造,石川雄基,見當 豊,鳥取涼太,桑原諒也,岡田遥輝,植月優衣,河原みほ,川村純司,中島哲史,佐伯文浩
   2019. 3 津山工業高等専門学校紀要, 第60号, 25-30(2018)
 19 進路指導の現状と展望
   山口大造,江原由美子,佐伯文浩,嶋田賢男,山本吉範,菊池洋右
   2020. 3 津山工業高等専門学校紀要, 第61号, 51-57(2019)
 20 競技用低燃費車両の開発 -エンジンシステムの改良-
   山口大造、石川雄基、見當豊、 鳥取涼太、岡田遥輝、西本幸平、花崎由歩、佐藤礼汰、大矢涼司、山本有真、桑原大地、金佐勇人、赤木裕太朗、北郷拓巳、江草太一、河原みほ、川村純司、中島哲史、関一郎、佐伯文浩
   2021. 3 津山工業高等専門学校紀要, 第62号, in press.

著書・訳書
 国際的出版:

 国内出版:
  1 農業機械学会誌別冊レポート集 農業機械分野におけるバイオマス研究最前線
   山口大造 他共著
   2011. 3 農業機械学会 pp. 20-25

 地方・自費出版:
  1 Preprocessing Technology for Ethanol Production from Wood-Cellulosic Materials
   山口大造
   2007. 3 Doctoral Dissertation, Kobe University 72p
  2 平成26年度国立高専の産学官連携活動
   (独)国立高等専門学校機構・山口大造
   2014. 7 (独)国立高等専門学校機構, 1p

特許
 特許登録:
  1  7件登録

 特許出願:
  1 22件出願

発表
 国際会議Proceeding査読付(登録審査付を含む):
  1 Pre-processing Technology for Cellulose Waste Ethanolization
   ○D. Yamaguchi, H. Horio, K. Shoji, T. Kawamura
   2002.11 International Symposium on Automation and Mechatronics of Agricultural and Bioproduction Systems (ISMAB)
  2 Pre-processing technology for wood-based cellulose ethanolization
   ○D. Yamaguchi, H. Horio, K. Shoji, T. Kawamura, H. Itoh
   2004. 9 International Symposium on Automation and Mechatronics of Agricultural and Bioproduction Systems (ISMAB)
  3 Preprocessing Technology for Ethanol Production from Wood-Cellulosic Materials
   ○D. Yamaguchi, H. Horio, K. Shoji, T. Kawamura
   2006.11 The 3rd International Symposium on Machinery and Mechatronics for Agriculture and Bio-systems Engineering(ISMAB)
  4 Hydrolysis of cellulose by a solid acid catalyst
   ○M. Hara, S. Suganuma, K. Nakajima, H. Kato, D. Yamaguchi, M. Kitano, S. Hayashi
   2008. 7 The 14th International Congress on Catalysis Pre-Symposium
  5 Conversion of Cellulose into Sugars by an Insoluble Catalysts
   ○M. Hara, S. Suganuma, K. Nakajima, M. Kitano, D. Yamaguchi, H. Kato, and S. Hayashi
   2008. 7 The 14th International Congress on Catalysis
  6 Adsorption-enhanced Catalytic Hydrolysis of β-1,4 glucan by Carbon-based Solid Acid
   ○M. Kitano, D. Yamaguchi, S. Suganuma, K. Nakajima, H. Kato, S. Hayashi, M. Hara
   2008. 7 International Post-symposium of ICC at OPU
  7 Starch Saccharification by Carbon-Based Solid Acid Catalyst
   ○D. Yamaguchi, M. Hara
   2008. 9 E-MRS fall meeting
  8 Hydrolysis of cellulose by a solid acid catalyst under optimal reaction conditions
   ○D. Yamaguchi, M. Hara
   2009. 3 ABC-6: 6th world congress on Catalysis by Acids and Bases
  9 The Hydrolysis of Cellulose by SO3H-Bearing Carbon Catalyst
   ○S. Suganuma, K. Nakajima, D. Yamaguchi, M. Kitano, S. Hayashi, M. Hara
   2009. 6 3rd International Conference on Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC3)
 10 The hydrolysis of cellulose by carbon-based solid acid
   ○S. Suganuma, K. Nakajima, D. Yamaguchi, M. Kitano, H. Kato, S. Hayashi, M. Hara
   2009.10 The 4th international conference on green and sustainable chemistry (GSC-4) & The 2nd Asian-Oceanian conference on green and sustainable chemistry (AOC-2)
 11 Optimization of Hydrolysis of Cellulosic Materials by a Solid Acid Catalyst
   ○D. Yamaguchi, M. Hara
   2010. 4 International Conference on Engineering and Meta-Engineering: ICEME 2010
 12 Hydrolysis of cellulose by a solid acid catalyst under optimal reaction conditions
   ○D. Yamaguchi, M. Hara
   2010. 4 The 5th International Symposium on Machinery and Mechatronics for Agricultural and Biosystems Engineering (ISMAB2010)
 13 Bubble mixed hydrothermal pretreatment for hydrolysis of cellulose
   ○Shinya FUKUMI, Kohki WATANABE and Daizo YAMAGUCHI
   2013.11 Promoting Project fot International Relationship of 8 Colleges-of-Technology in Chugoku-area, International Student Conference in Manila, 16
 14 A Magnetic Carbon Sorbent for Radioactive Material from the Fukushima Nuclear Accident. (Invited)
   ○Daizo Yamaguchi
   2016. 6 EMN Meeting on Mesoporous Materials (June 13th to 17th, 2016, Prague, Czech Republic), pp.53-54

 国際学会(口頭発表、Poster session):
  1 Pre-processing Technology for Cellulose Waste Ethanolization
   ○D. Yamaguchi, H. Horio, K. Shoji, T. Kawamura
   2002.11 International Symposium on Automation and Mechatronics of Agricultural and Bioproduction Systems (ISMAB)
  2 Pre-processing technology for wood-based cellulose ethanolization
   ○D. Yamaguchi, H. Horio, K. Shoji, T. Kawamura, H. Itoh
   2004. 9
   International Symposium on Automation and Mechatronics of Agricultural and Bioproduction Systems (ISMAB)
  3 Preprocessing Technology for Ethanol Production from Wood-Cellulosic Materials
   ○D. Yamaguchi, H. Horio, K. Shoji, T. Kawamura
   2006.11 The 3rd International Symposium on Machinery and Mechatronics for Agriculture and Bio-systems Engineering(ISMAB)
  4 Hydrolysis of cellulose by a solid acid catalyst
   ○M. Hara, S. Suganuma, K. Nakajima, H. Kato, D. Yamaguchi, M. Kitano, S. Hayashi
   2008. 7 The 14th International Congress on Catalysis Pre-Symposium
  5 Conversion of Cellulose into Sugars by an Insoluble Catalysts
   ○M. Hara, S. Suganuma, K. Nakajima, M. Kitano, D. Yamaguchi, H. Kato, and S. Hayashi
   2008. 7 The 14th International Congress on Catalysis
  6 Adsorption-enhanced Catalytic Hydrolysis of β-1,4 glucan by Carbon-based Solid Acid
   ○M. Kitano, D. Yamaguchi, S. Suganuma, K. Nakajima, H. Kato, S. Hayashi, M. Hara
   2008. 7 International Post-symposium of ICC at OPU
  7 Starch Saccharification by Carbon-Based Solid Acid Catalyst
   ○D. Yamaguchi, M. Hara
   2008. 9 E-MRS fall meeting
  8 Hydrolysis of cellulose by a solid acid catalyst under optimal reaction conditions
   ○D. Yamaguchi, M. Hara
   2009. 3 ABC-6: 6th world congress on Catalysis by Acids and Bases
  9 The Hydrolysis of Cellulose by SO3H-Bearing Carbon Catalyst
   ○S. Suganuma, K. Nakajima, D. Yamaguchi, M. Kitano, S. Hayashi, M. Hara
   2009. 6 3rd International Conference on Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC3)
 10 The hydrolysis of cellulose by carbon-based solid acid
   ○S. Suganuma, K. Nakajima, D. Yamaguchi, M. Kitano, H. Kato, S. Hayashi, M. Hara
   2009.10 The 4th international conference on green and sustainable chemistry (GSC-4) & The 2nd Asian-Oceanian conference on green and sustainable chemistry (AOC-2)
 11 Optimization of Hydrolysis of Cellulosic Materials by a Solid Acid Catalyst
   ○D. Yamaguchi, M. Hara
   2010. 4 International Conference on Engineering and Meta-Engineering: ICEME 2010
 12 Hydrolysis of cellulose by a solid acid catalyst under optimal reaction conditions
   ○D. Yamaguchi, M. Hara
   2010. 4 The 5th International Symposium on Machinery and Mechatronics for Agricultural and Biosystems Engineering (ISMAB2010)
 13 Development of Rice Grain Saccharification Process by a Solid Acid Catalyst
   ○Yoshihisa NISHIMURA, Satoshi SUZUKA, Daizo YAMAGUCHI
   2011.11 「中国地区高専の国際交流活性化と国際的技術者の育成」PJ 中国地区高専学生と海外協定校の研究集会 in Manila
 14 Characterization of a mesoporous carbon-iron oxide composite
   ○Kohki WATANABE, Shinya FUKUMI and Daizo YAMAGUCHI
   2013.11 Promoting Project fot International Relationship of 8 Colleges-of-Technology in Chugoku-area, International Student Conference in Manila p.15
 15 Bubble mixed hydrothermal pretreatment for hydrolysis of cellulose
   ○Shinya FUKUMI, Kohki WATANABE and Daizo YAMAGUCHI
   2013.11 Promoting Project fot International Relationship of 8 Colleges-of-Technology in Chugoku-area, International Student Conference in Manila p.16

 国内学会:
  1 エタノール生産のための木質セルロース前処理技術の開発
   ○山口大造, 堀尾尚志, 庄司浩一, 川村恒夫, 伊藤博通
   2005. 9 農業環境工学関連7学会2005年合同大会
  2 エタノール生産のための木質セルロース前処理技術の開発
   ○山口大造, 庄司浩一, 川村恒夫, 堀尾尚志
   2006. 9 農業環境工学関連学会2006年合同大会
  3 セルロース糖化における固体酸の反応特性
   ○菅沼学史, 山口大造, 北野政明, 中島清隆, 加藤英樹, 林繁信, 原亨和
   2008. 3 日本化学会第88春季年会
  4 カーボン固体酸触媒を用いたオリゴ糖の加水分解
   ○北野政明, 山口大造, 菅沼学史, 市川景子, 中島清隆, 加藤英樹, 林繁信, 原亨和
   2008. 3 日本化学会第88春季年会
  5 カーボン系固体酸触媒によるセルロース糖化条件の最適化
   ○山口大造, 菅沼学史, 中島清隆, 加藤英樹, 北野政明, 林繁信, 原亨和
   2008. 3 日本化学会第88春季年会
  6 カーボン系固体酸触媒によるセルロース加水分解反応の最適化
   ○菅沼学史, 北野政明, 山口大造, 中島清隆, 加藤英樹, 林繁信, 原亨和
   2009. 8 第102回触媒討論会
  7 カーボン系固体酸を用いたセロオリゴ糖の加水分解
   ○北野政明, 山口大造, 菅沼学史, 中島清隆, 加藤英樹, 林繁信, 原亨和
   2008. 9 第102回触媒討論会
  8 カーボン系固体酸によるセルロース加水分解反応
   ○菅沼学史, 山口大造, 北野政明, 中島清隆, 加藤英樹, 林繁信, 原亨和
   2009. 3 第9回グリーン・サステイナブル ケミストリー シンポジウム
  9 最適条件におけるカーボン系固体酸触媒によるセルロースの糖化
   ○山口大造, 北野政明, 菅沼学史, 中島清隆, 加藤英樹, 原亨和
   2009. 3 日本化学会第89春季年会
 10 最適条件におけるカーボン系固体酸触媒によるセルロースの糖化
   ○山口大造, 原亨和
   2009. 9 農業環境工学関連学会2009年合同大会
 11 官能基修飾したカーボン系固体酸の触媒能
   ○角野健史, 山口大造, 北野政明, 中島清隆, 林繁信, 原亨和
   2009. 9 第104回触媒討論会
 12 カーボン系固体酸触媒によるリグノセルロースの糖化
   ○山口大造, 北野政明, 中島清隆, 加藤英樹, 原亨和
   2009. 9 第104回触媒討論会
 13 Hydrolysis of cellulose by a solid acid catalyst under optimal reaction conditions
   ○D. Yamaguchi, M. Hara
   2009.12 第6回反応装置・プロセスシンポジウム
 14 カーボン系固体酸触媒によるリグノセルロースの糖化
   ○山口大造,北野政明,中島清隆,加藤英樹,原亨和
   2010. 3 日本化学会第90春季年会(2010)
 15 固体酸触媒によるデンプンの糖化
   ○山口大造
   2010. 9 第69回農業機械学会年次大会
 16 バブル混合熱水によるセルロース糖化前処理技術の開発
   ○福見真也,渡部晃輝,山口大造
   2013. 9 日本機械学会2013年度年次大会講演予稿集、J025036 (CD-ROM)
 17 磁性メソポーラス炭素の特性評価
   ○渡部晃輝,福見真也,山口大造
   2013. 9 日本機械学会2013年度年次大会講演予稿集、G041036 (CD-ROM)
 18 バブル混合熱水によるセルロース糖化前処理技術の開発
   ○福見真也,渡部晃輝,山口大造
   2013. 9 化学工学会第45回秋季大会講演要旨集、Q119、P.749 (DVD-ROM)
 19 磁性メソポーラス炭素の特性評価
   佐藤綾,○渡部晃輝,福見真也,山口大造
   2013. 9 化学工学会第45回秋季大会講演要旨集、C219、P.339(DVD-ROM)
 20 放射性物質吸着材の開発
   山口大造
   2013.11 第6回環境・エネルギーシンポジウム
 21 磁性メソポーラス炭素による放射性物質の除去
   山口大造
   2014. 3 化学工学会第79年会講演予稿集、P.802 (DVD-ROM)
 22 磁性メソポーラス炭素による放射性物質の除去
   山口大造
   2014. 3 日本化学会第94春季年会(2014)講演予稿集、2 E3-14(DVD-ROM)
 23 磁性メソポーラス炭素の開発および放射性物質の除去(招待講演)
   ○山口大造
   2015. 1 長岡技術科学大学 原子力安全工学シンポジウム「廃止措置のためのシステム安全技術の創成と技術者養成」
 24 磁性メソポーラス炭素の創成とそれによる放射性物質の除去
   ○山口大造
   2015. 9 農業環境工学関連学会2015年合同大会、講演要旨集、A301 (CD-ROM)
 25 磁性メソポーラス炭素フッ素吸着材の吸着性能評価
   ○香山直寛, 山本隼也,山口大造
   2022. 9 日本機械学会2022年度年次大会予稿集,J221p-05.
 26 磁性メソポーラス炭素フッ素吸着材の構造解析
   ○山本隼也,香山直寛, 山口大造
   2022. 9 日本機械学会2022年度年次大会予稿集,J221p-02.

 国内セミナー講師等:
  1 新しいバイオマス糖化技術の開発
   山口大造
   2010. 8 第8回全国高専テクノフォーラム
  2 バイオマス資源を用いた持続的工業ネットワークの構築の重要性-セルロース糖化技術について-
   山口大造
   2010.11 津山高専技術交流プラザ「第12回産学交流会」
  3 バイオマス資源による持続的工業ネットワークの構築の重要性
   山口大造
   2011. 5 津山ロータリークラブ例会
  4 磁性メソポーラスカーボンおよびその固体酸触媒
   山口大造
   2012. 7 国立高等専門学校機構新技術説明会 科学技術振興機構(JST)
  5 磁性メソポーラスカーボンおよびその固体酸触媒につい
   山口大造
   2012.11 津山高専技術交流プラザ
  6 磁性メソポーラス炭素による放射性物質の除去について
   山口大造
   2012.11 福島県二本松市議会市民産業常任委員会
  7 磁力で除染土壌完全分離、空間線量以下に低減 実証試験で成果
   山口大造(津山高専・本山合金製作所)共同記者会見
   2013. 5 津山高専・本山合金製作所共同記者会見
  8 放射性物質吸着材の開発 二本松市における除染実証試験結果
   山口大造
   2013.11 磁性メソポーラスカーボン研究会
  9 磁性メソポーラスカーボンおよびその製造法
   山口大造
   2014. 2 高専-技科大 新技術説明会
 10 放射性物質吸着材の開発 二本松市における除染実証試験結果
   山口大造
   2014. 4 第3回磁性メソポーラスカーボン研究会
 11 磁性メソポーラス炭素による放射性物質の除去について
   山口大造
   2014. 5 福島県議会「環境回復・エネルギー対策特別委員会」調査
 12 磁性メソポーラス炭素による放射性物質の除去
   山口大造
   2015. 5 2015 NEW環境展 (N-EXPO 2015 TOKYO)
 13 磁性メソポーラス炭素による放射性物質の除去
   山口大造
   2015. 8 東京電力(株)福島第一原子力発電所廃炉・除染関連企業とのマッチング会
 14 磁性メソポーラス炭素吸着材および磁性固体酸触媒
   山口大造
   2019.12 高専 新技術説明会

 国内学会地方講演会:
  1 セルロース系廃棄物エタノール化のための前処理技術の開発
   堀尾尚志, 庄司浩一, 川村恒夫, ○山口大造
   2002. 3 農業機械学会関西支部第107回例会
  2 セルロース系廃棄物エタノール化のための前処理技術の開発
   堀尾尚志, 庄司浩一, 川村恒夫, ○山口大造
   2002. 6 農業機械学会関西支部第108回例会
  3 セルロース系廃棄物エタノール化のための前処理技術の開発
   堀尾尚志, 庄司浩一, 山口大造, ○岡 正之
   2006. 3 農業機械学会関西支部第115回例会
  4 エタノール製造のための木質セルロース前処理技術の開発研究
   堀尾尚志, ○酒井美和, 山口大造, 庄司浩一, 川村恒夫
   2006. 3 農業機械学会関西支部第115回例会
  5 カーボン系固体酸触媒によるセルロースの加水分解反応の最適化
   ○原亨和, 菅沼学史, 山口大造, 北野政明, 中島清隆, 加藤英樹, 林繁信
   2008. 9 日本化学会第2回関東支部大会
  6 磁性メソポーラス炭素および固体酸触媒の開発
   山口大造
   2012.10 公益財団法人八雲環境科学振興財団 平成24年度研究発表会
  7 磁性炭素による放射性物質の除染
   渡部晃輝, 福見真也, 佐藤綾, ○山口大造
   2012.10 第5回環境・エネルギーシンポジウム
  8 バブル混合熱水によるセルロース糖化前処理技術の開発
   ○福見真也,渡部晃輝,山口大造
   2013. 2 平成24年度津山地区計測制御研究会講演会
  9 磁性メソポーラス炭素の特性評価
   ○渡部晃輝, 福見真也, 山口大造
   2013. 3 第15回化学工学会学生発表会(北九州大会)研究発表講演要旨集 p.26
 10 バブル混合熱水によるセルロース糖化前処理技術の開発
   ○福見真也,渡部晃輝,山口大造
   2013. 3 第15回化学工学会学生発表会(北九州大会)研究発表講演要旨集 p.104
 11 磁性メソポーラス炭素の特性評価
   ○渡部晃輝, 福見真也, 山口大造
   2013. 3 日本機械学会中国四国学生会第43回学生員卒業研究発表講演会講演前刷集 p.219(CD-ROM)
 12 バブル混合熱水によるセルロース糖化前処理技術の開発
   ○福見真也,渡部晃輝,山口大造
   2013. 3 日本機械学会中国四国学生会第43回学生員卒業研究発表講演会講演前刷集p.405(CD-ROM)
 13 磁性メソポーラス炭素の特性評価
   渡部晃輝,福見真也,山口大造
   2013. 4 平成25年度中国・四国地区高等専門学校専攻科生研究交流会予稿集-機械部門- M97
 14 バブル混合熱水によるセルロース糖化前処理技術の開発
   福見真也,渡部晃輝,山口大造
   2013. 4 平成25年度中国・四国地区高等専門学校専攻科生研究交流会予稿集-機械部門- M79
 15 磁性メソポーラス炭素による放射性物質の除去
   ○山口大造
   2014. 3 日本機械学会中国四国支部第52期総会・講演会講演論文集 p.215 (DVD-ROM)
 16 磁性メソポーラ炭素による放射性物質の除染技術の開発(招待講演)
   ○山口大造
   2014. 8 第12回全国高専テクノフォーラム
 17 磁性メソポーラス炭素複合体の開発およびそれによる放射性セシウム除去技術の開発
   ○山口大造,古川和己,髙須賀政哉,渡部晃輝
   2015. 3 日本機械学会中国四国支部第53期総会・講演会講演論文集 No.155-1 技術創造賞 p.25-26 (DVD-ROM)
 18 磁性メソポーラス炭素の大量合成システムの開発
   ○鈴木凱斗,神家侑弥,岸大貴,下山貴大,山口大造
   2018. 1 計測自動制御学会中国支部津山地区計測制御研究会平成29年度学術講演会講演論文集 p.17-18
 19 磁性メソポーラス賦活炭素バルク材の開発
   ○下山貴大,岸大貴,山口雄大,鈴木凱斗,山口大造
   2018. 1 計測自動制御学会中国支部津山地区計測制御研究会平成29年度学術講演会講演論文集 p.19-20
 20 競技用低燃費車両の開発-車両構造について-
   ○石川雄基,見當豊,鳥取涼太,桑原諒也,岡田遥輝,植月優衣,佐伯文浩,河原みほ,岡本純司,中島哲史,山口大造
   2018. 1 計測自動制御学会中国支部津山地区計測制御研究会平成29年度学術講演会講演論文集 p.21-22
 21 競技用低燃費車両の開発-エンジンシステムについて-
   ○鳥取涼太,桑原諒也,岡田遥輝,石川雄基,見當豊,植月優衣,佐伯文浩,河原みほ,岡本純司,中島哲史,山口大造
   2018. 1 計測自動制御学会中国支部津山地区計測制御研究会平成29年度学術講演会講演論文集 pp.23-24
 22 磁性メソポーラス炭素固体酸触媒によるセルロース糖化装置の開発
   ○山口大造
   2018. 3 平成29年度特別電源所在県科学技術振興事業研究成果発表会要旨集 pp.43-44
 23 磁性メソポーラス炭素バルク材の特性評価
   ○石川雄基,鈴木凱斗,見當豊,鳥取涼太,岡田遥輝,山口大造
   2019. 1 計測自動制御学会中国支部津山地区計測制御研究会平成30年度学術講演会講演論文集 p.1-2
 24 磁性メソポーラス炭素の磁化特性について
   ○岡田遥輝,鈴木凱斗,見當豊,鳥取涼太,石川雄基,山口大造
   2019. 1 計測自動制御学会中国支部津山地区計測制御研究会平成30年度学術講演会講演論文集 p.3-4
 25 磁性メソポーラス炭素固体酸触媒大量合成システムの開発
   ○鈴木凱斗,見當豊,鳥取涼太,石川雄基,岡田遥輝,山口大造
   2019. 1 計測自動制御学会中国支部津山地区計測制御研究会平成30年度学術講演会講演論文集 p.5-6
 26 磁性メソポーラス炭素固体酸触媒によるセルロース糖化システムの開発
   ○鳥取涼太,鈴木凱斗,見當豊,石川雄基,岡田遥輝,山口大造
   2019. 1 計測自動制御学会中国支部津山地区計測制御研究会平成30年度学術講演会講演論文集 p.7-8
 27 磁性メソポーラス炭素大量合成システムの開発
   ○見當豊,鈴木凱斗,石川雄基,鳥取涼太,岡田遥輝,山口大造
   2019. 1 計測自動制御学会中国支部津山地区計測制御研究会平成30年度学術講演会講演論文集 p.9-10
 28 競技用低燃費車両の開発
   ○佐藤礼汰,石川雄基,見當豊,鳥取涼太,岡田遥輝,西本幸平,花崎由歩,大矢涼司,山本有真,桑原大地,金佐勇人,赤木裕太朗,北郷拓巳,江草太一,河原みほ,川村純司,中島哲史,関一郎,佐伯文浩,山口大造
   2019.12 計測自動制御学会中国支部津山地区計測制御研究会平成30年度学術講演会講演論文集 p.15-16
 29 Observation of deposit pattern of evaporated carbon-water-mixture
   ○Nasrul Airie Bin Azahar, Daizo Yamaguchi, and Fumihiro Saeki
   2020. 1 計測自動制御学会中国支部津山地区計測制御研究会平成30年度学術講演会講演論文集 p.13-14
 30 競技用低燃費車両の開発 -エンジンシステムの検討と最適化-
   ○佐藤礼汰,石川雄基,見當豊,鳥取涼太,岡田遥輝,西本幸平,花崎由歩,大矢涼司,山本有真,桑原大地,金佐勇人,赤木裕太朗,北郷拓巳,江草太一,河原みほ,川村純司,中島哲史,関一郎,佐伯文浩,山口大造
   2020. 1 日本技術士会岡山県支部 例会講演会

教育業績

教授方法改善
 FD関連の論文:
  1 津山市少年少女発明クラブとの連携事業の取り組み
   原田寛治・八木秀幸・佐藤誠・廣木一亮・寺元貴幸・宮下卓也・山口大造・谷口浩成・柴田政勝
   2012. 8 平成24年度全国高専教育フォーラム教育研究活動発表概要集 pp.447-448
  2 学科ホームルームにおける導入教育について
   山口大造
   2013.12 平成25年度中国地区高等専門学校教員研究集会予稿集 pp.36-39

 FD関連の講演・学会発表:
  1 学科ホームルームにおける導入教育について
   山口大造
   2013.12 平成25年度中国地区高等専門学校教員研究集会
  2 津山高専に於ける留学生指導
   山口大造
   2022. 9 令和4年度KOSENフォーラム(OS-31 第四ブロックに於ける長期留学生に対する新たな支援の実践と模索)

 FD関連の学内講師:
  1 「勉強しない学生への対応」「やる気を引き出す授業とは」
   山口大造
   2012. 8 平成24年度機械工学科FD
  2 「次のステップに向けて」「学科横断創造演習の現状と課題について」
   山口大造・加藤学
   2015.11 平成27年度機械工学科学科内FD
  3 (年間)総合理工学科の完成に向けて(3)(第1回目)先進教育賞受賞者講演
   山口大造
   2019.9 令和元年度第1回FD研修会

 FD関連の研究補助金:
  1 競技用低燃費車両の製作および全国大会出場(内燃機関部)
   山口大造
   2021. 7 令和3年度校長裁量経費(ものづくり活動経費)

 FD関連の表彰:

 FD関連の学外研修会・講演会参加:
  1 2010. 7 平成22年度高専-長岡技科大(機械系)教員交流研究集会
  2 2010. 8 平成22年度高等専門学校新任教員研修会
  3 2013.12 平成25年度中国地区高等専門学校教員研究集会

教育研究指導
 学級担任:
  1 2015 機械工学科3年
  2 2016 機械工学科4年
  3 2017 機械工学科5年
  4 2018 機械システム系3年
  5 2019 機械システム系3年

 特別研究指導実績:
  1 2012. 4 - 2014. 3 機械・制御システム工学専攻
   福見真也 マイクロバブル混合熱水によるセルロース糖化前処理技術の開発
  2 2012. 4 - 2014. 3 機械・制御システム工学専攻
   渡部晃輝 磁性メソポーラス炭素の特性評価
  3 2016. 4 - 2018. 3 機械・制御システム工学専攻
   今村柾貴 磁性メソポーラス炭素固体酸触媒の性能評価―セルロース糖化について―
  4 2016. 4 - 2018. 3 機械・制御システム工学専攻
   梶野剛志 磁性メソポーラス炭素の性能評価―表面官能基について―
  5 2016. 4 - 2018. 3 機械・制御システム工学専攻
   ロヒコウ 磁性炭素吸着材による除染システムの開発
  6 2018. 4 - 2020. 3 機械・制御システム工学専攻
   石川雄基 磁性メソポーラス炭素バルク材の特性評価
  7 2018. 4 - 2020. 3 機械・制御システム工学専攻
   岡田遥輝 磁性メソポーラス炭素の磁化特性について
  8 2018. 4 - 2020. 3 機械・制御システム工学専攻
   鈴木凱斗 磁性メソポーラス炭素固体酸触媒大量合成システムの開発
  9 2018. 4 - 2020. 3 機械・制御システム工学専攻
   鳥取涼太 磁性メソポーラス炭素固体酸触媒によるセルロース糖化システムの開発
 10 2018. 4 - 2020. 3 機械・制御システム工学専攻
   見當豊  磁性メソポーラス炭素大量合成システムの開発
 11 2019. 4 - 2021. 3 機械・制御システム工学専攻
   ナスル  カーボン混合液体の蒸発現象に関する研究
 12 2021. 4 - 2023. 3 機械・制御システム工学専攻
   香山直寛 磁性メソポーラス炭素フッ素吸着材の吸着性能評価
 13 2021. 4 - 2022. 3 機械・制御システム工学専攻
   山本隼也 磁性メソポーラス炭素フッ素吸着材の構造解析
 14 2022. 4 - 2023. 3 機械・制御システム工学専攻
   大矢涼司 磁性メソポーラス炭素フッ素吸着材の開発
 15 2022. 4 - 2023. 3 機械・制御システム工学専攻
   山本有真 磁性メソポーラス炭素微粉砕方法の探索

課外活動
 部活動指導:
  1 2010 - 硬式野球部
  2 2013 - 内燃機関部

 競技会・コンテスト指導・実績:

学校運営・社会貢献ほか

学校運営・管理
 学校運営に重きをなす役職:

 学校運営に関わる役職:
  1 2013. 9 - 2016. 3 寮務主事補
  2 2022. 4 - 2023. 3 教務主事補

地域協力・国際協力
 公開講座・出前講座:
    5件実施

 教育指導:
    2件実施

 技術指導:
  157件実施

 表彰・感謝状:

 ボランティア活動:
   32件実施

外部研究費
 科学研究費補助金(採択分):
  1 2012 - 2014 若手研究(B) 山口大造
   アモルファスメソポーラス炭素・酸化鉄複合材料の開発 4,680,000円

 共同研究:
   5件

 受託研究:
  1 平成21年度研究開発助成 財団法人 御器谷科学技術財団
   2009. 4. 1 - 2010. 3. 1 1,000,000円
  2 平成22年度共同利用研究 東京工業大学応用セラミックス研究所
   2010. 4.10 - 2011. 3.15 175,000円
  3 磁性メソポーラス炭素および固体酸触媒の開発 財団法人八雲環境科学振興財団環境研究助成
   2011. 6. 1 - 2012. 3.31 500,000円
  4 セルロースからの磁性メソポーラス炭素および酸触媒合成プロセスの開発 JST研究成果最適展開支援プログラムA-STEPフィージビリティスタディ【FS】ステージ探索タイプ
   2011. 8. 1 - 2012. 3.31 1,700,000円
  5 復興促進プログラム(A-STEP)探索タイプ 独立行政法人科学技術振興機構(JST)
   2012.10. 1 - 2013. 9.30 1,700,000円
 他4件

 奨学寄付金:
   1件

学協会活動
 役員・評議員・運営委員等:
  1  2008. 6. 1 - 2009. 3.31 日本化学会総務委員
  2  2016.10. 1 - 2018. 5.14 品質工学会評議員
  3  2018. 5.15 -       品質工学会代議員