お問合せ

教育研究業績:半田祥樹

総合理工学科 機械システム系
氏名:
 1 教員基本データ
 2 経歴
 3 研究業績
 4 教育業績
 5 学校運営・社会貢献

教員基本データ

 (フリガナ)ハンダ ヨシキ
 氏名: 半田祥樹
 学歴: 2015. 3 名城大学理工学部機械システム工学科卒業
     2017. 3 名城大学大学院修士課程理工学研究科機械システム工学専攻修了
     2021. 9 名城大学大学院博士後期課程理工学研究科機械工学専攻修了
 学位: 2021. 9 博士(工学)(名城大学大学院)
 所属学会: 応用物理学会、精密工学会、日本金属学会、日本トライボロジー学会

 担当授業および担当校務等 2021

経歴

職歴: 2017. 4 - 2017. 9 名城大学理工学部非常勤講師
    2018. 4 - 2020. 3 名城大学理工学部特任助手
    2020. 4 - 2021. 3 名城大学理工学部非常勤講師
    2021. 4 -     津山工業高等専門学校総合理工学科助教
資格:

学術表彰:
 学協会表彰:
 業務表彰:
 その他の表彰:

海外留学:

国内留学:

海外での業務経験:

研究業績

論文
 国際的学術誌掲載論文:

 原著論文査読付:
  1 鏡面に仕上げたオーステナイト系ステンレス鋼のプラズマ窒化
   半田祥樹,田村淳,アブラハペトロス
   2020 精密工学会誌,86,11,885-891
  2 拡張オーステナイト相の窒素濃度プロファイルが摩耗速度に与える影響
   半田祥樹,アブラハペトロス
   2021 日本金属学会誌,85,10
 総説・解説論文(一般論文):

 紀要、査読のない国内雑誌:

著書・訳書
 国際的出版:

 国内出版:

 地方・自費出版:

特許
 特許登録:

 特許出願:

発表
 国際会議Proceeding査読付(登録審査付を含む):

 国際学会(口頭発表、Poster session):
  1 Plasma Nitriding of Highly Polished Metallic Surfaces
   〇Yoshiki Handa, Petros Abraha
   2018.10 AVS 65th International Symposium & Exhibition
 国内学会:
  1 ニュートラル窒化処理装置の開発
   〇半田 祥樹, アブラハペトロス
   2016. 9 第77回応用物理学会秋季学術講演会
  2 ショットブラスト前処理による窒化拡散速度の向上
   〇園部聡士,半田祥樹,アブラハペトロス
   2017.11 Plasma Conference 2017
  3 拡張オーステナイト相における窒素濃度と摩耗量の関係
   〇半田祥樹,アブラハペトロス
   2021. 5 トライボロジー会議 2021 春 東京
 国内セミナー講師等:

 国内学会地方講演会:

教育業績

教授方法改善
 FD関連の論文:

 FD関連の講演・学会発表:

 FD関連の学内講師:

 FD関連の研究補助金:

 FD関連の表彰:

 FD関連の学外研修会・講演会参加:

教育研究指導
 学級担任:

 特別研究指導実績:

課外活動
 部活動指導:

 競技会・コンテスト指導・実績:

学校運営・社会貢献ほか

学校運営・管理
 学校運営に重きをなす役職:

 学校運営に関わる役職:

地域協力・国際協力
 公開講座・出前授業:

 教育指導:

 技術指導:

 表彰・感謝状:

 ボランティア活動:

外部研究費
 科学研究費補助金(採択分):

 共同研究:

 受託研究:

 奨学寄付金:

学協会活動
 役員・評議員・運営委員等: