情報公開

津山工業高等専門学校における先進教育賞

 「先進教育賞」は、津山高専における教育の充実・発展を図るため、先進教育に関する各分野で顕著な業績を挙げた者を表彰することを目的とし、日常の活動を他薦で募集し、企画会議で審議の上、特に優れていると認められた教職員へ校長から贈られます。

年度(回)主な受賞理由受賞者
令和3年度
(第14回)
先進教育授業実践賞
『ICT機器を活用した直感に訴える化学教材を開発し、それを用いて「講義中心の授業」から「実験主体の授業」へ変革し、化学をより強く理解できる先進的な授業実践を行った。』具体的には、タブレット端末や電子黒板を通して美しく鮮やかに映し出された化学反応などの映像や図から、学生が直感的に理解できる化学教育教材を作成し授業へ導入することを実践した。しかもこの授業法は、板書時間を大きく削減できることから、「講義中心の授業」から「実験主体の授業」への変革をもたらし、著しく教育効果を高めた授業実践を行った。』
先進科学系
 守友 博紀 講師
先進教育研究指導賞
『パワーアカデミーが主催し電気学会が協賛している「電気工学教材コンテスト」において、平成30年から令和2年まで、3年連続4回の優秀賞に導いた(令和元年度は2作品が優秀賞を受賞) 。全国規模のコンテストで継続して優秀賞に導いており、卒業研究指導を継続して実施し、学内外共に認められる極めて顕著な成果をあげた。』
電気電子システム系
 西尾 公裕 教授
先進教育課外活動指導賞
『平成13年度より外部コーチとして、令和2年度からは課外活動指導員として現在に至るまで、20年間に渡って卓球部の強化に尽力した。
平成27~29年度:中国高校選手権大会学校対抗5回出場
平成27~29年度:中国高校選手権大会学校シングルス3回、ダブルス1回出場
平成28年度:全国高等学校卓球選手権大会 シングルスの部 出場
平成28・29年度:岡山県総合体育大会卓球競技 学校対抗ベスト4
平成28年度:中国高専大会男子ダブルス優勝、全国高専大会男子ダブルス第3位
平成29年度:中国高校選手権大会 学校対抗の部 ベスト16
令和2年度:全国高等選抜卓球選手権大会シングルス2部県予選優勝 全国出場
令和3年度:中国高校選手権大会学校シングルス 出場
美作総体においては、平成27~29年度3連覇、令和元年度~3年度2連覇と県北で安定して結果を残せるチームに成長させ、県あるいは地区の公式競技会等で、継続して上位入賞に導いた。』
学生課
 山本 泰三 課外活動指導員
先進教育支援貢献賞
『情報工学実験への実践的ネットワーク実験の導入、及びこの実験を発展させたチームワーク力を評価できる実験の専攻科特別実験への導入を企画し、これらの実験の優秀インストラクターとして10年連続で外部団体 Training Center Japan より「優秀インストラクタ賞」を受賞した。この業績により、顕著な教育活動の企画・運営に携わり、優れた教育支援活動として本校の名誉を高めた。』
情報システム系
 大西 淳 教授
令和2年度
(第13回)
先進教育授業実践賞
『パワーポイントと黒板を融合した新たなスタイルの授業を実践し、Microsoft365やBlackBoardによるICTを活用した先進的な教育に積極的に取り組んだ。また、この度の新型コロナウイルスに伴う遠隔授業に、このノウハウを活用し、機械システム系の教職員を対象とした研修会や全教員を対象としたFDを積極的に行った。』
機械システム系
 加藤 学 准教授
先進教育授業実践賞
『インターネット上に公開したオリジナルの動画を用いた専門科目の先進的な授業を継続して実践し、動画を効果的に用いることで、学生同士が自発的に互いの理解を確かめ合う「学び合い」の状態を実現した。また、学生の到達度や取り組み方を毎週のアンケートで確認し、ただちに改善する等の先進的な授業実践を行った。』
電気電子システム系
 桶 真一郎 准教授
先進教育授業実践賞
『Microsoft365やBlackBoardによるICTを活用した先進的な教育に積極的に取り組み、その実践を積み重ねてきた。また、この度の新型コロナウイルスに伴う遠隔授業に、このノウハウを活用し全教職員を対象としたFDを積極的に行った。』
情報システム系
 宮下 卓也 教授
情報システム系
 菊地 洋右 教授
先進教育研究指導賞
『卒研生・専攻科生ともに、常に多くの学生を受け入れて研究指導を行っている。さらに、企業・他大学・学内教員と融合して、学生が学外と積極的に関わる環境を構築し、社会実装的な教育指導を継続するなど顕著な業績をあげた。』
電気電子システム系
 香取 重尊 准教授
先進教育研究指導賞
『専攻科の特別研究指導教員として、多くの学生を指導する研究室であり、電気学会電力・エネルギー部門大会YPC奨励賞においては、平成27年度から令和元年度まで毎年受賞者を輩出するなど顕著な業績をあげた。』
電気電子システム系
 桶 真一郎 准教授
先進教育課外活動指導賞
『クライミング同好会指導教員として、複数年にわたり地区大会において優勝を含む上位入賞を輩出した。また、継続的に国民体育大会、全国高等学校選手権大会などの全国規模の大会出場に導くなど、課外活動の指導において継続して顕著な業績をあげた。』
電気電子システム系
 嶋田 賢男 准教授
先進教育支援貢献賞
『Microsoft365を中心とするICTを活用した先進的な教育に積極的に取り組んでおり、このノウハウから、新型コロナウイルスに伴う遠隔授業で必要な「Microsoft Teams利用マニュアル」を執筆し、全教職員へ提供するなど優れた教育支援活動を行った。』
先進科学系
 宮﨑 隼人 准教授
先進教育支援貢献賞
『平成30年7月に加盟が認められたCDIOのアジア地区会議において、山口准教授の論文投稿が評価され、同会議での口頭報告者として選出を受けるなど優れた教育支援活動を行い、本校の名誉を高めた。』
電気電子システム系
 山口 裕美 准教授
先進教育支援貢献賞
『高専プログラミングコンテスト(以下、高専プロコン)において、以下の顕著な業績は、優れた教育支援活動として本校の名誉を高めた。
  • 高専プロコン第18回津山大会から競技部門の運営に参加
  • 高専プロコン第21回高知大会から第26回長野大会まで競技部門チーフ
  • 高専プロコン第27回鳥羽大会から第30回都城大会まで高専プロコン委員会の副委員長』
情報システム系
 寺元 貴幸 教授
令和元年度
(第12回)
先進教育授業実践賞
『英文のオリジナルテキストを著作し、それを用いて数学の授業を英語で行うという先進的な授業実践を行った。』
先進科学系
 宮﨑 隼人 講師
先進教育課外活動指導賞
『「SMART」及び「ETロボコン」において、複数年にわたり優勝を含む上位入賞に導いた。』
情報システム系
 大西 淳 教授
情報システム系
 曽利 仁 准教授
先進教育課外活動指導賞
『高専ロボコン中国地区大会で継続して特別賞を受賞した他、2018年度全国大会出場に導いた。』
機械システム系
 野中 摂護 助教
先進教育論文賞
『Scienitfic Reportsに複数の論文が掲載された他、複数の学会賞を受賞するなど優れた研究成果をあげた。』
機械システム系
 山口 大造 准教授
先進教育出版賞
『「理系のための中国語入門」等複数の教育関係図書を継続的に出版し、高専教育に大きく貢献した。』
情報システム系
 杉山 明 教授
平成30年度
(第11回)
先進教育授業実践賞
『学生の作文等の作品を外部コンクールに応募させ、入賞者を出すとともに外部に通用する授業実践を行っている。』
先進科学系
 江原 由美子 講師
情報システム系
 杉山 明 教授
先進教育出版賞
『白川英樹先生(ノーベル化学賞受賞)との共著「実験でわかる 電気をとおすプラスチックのひみつ」を出版し、研究者のみならず一般向けの解説書としても広く受け入れられ、化学教育の進歩に大きく貢献した。』
先進科学系
 廣木 一亮 准教授
先進教育支援貢献賞
『平成21年度から継続して国際交流事業の企画・運営に携わり、本校の国際交流活動を拡大させ、今後もその活動が期待される。』
機械システム系
 小西 大二郎 教授
平成29年度
(第10回)
先進教育研究指導賞
『本科及び専攻科の研究指導を継続して実施し、学内外共に認められる極めて顕著な成果をあげた。』
電気電子システム系
 桶 真一郎 准教授
先進教育課外活動指導賞
『ラグビー部の活動において、地区高専大会(6年連続優勝)、全国高専大会(3年連続ベスト8)など、継続して上位の入賞に導いた。』
先進科学系
 荒木 祥一 准教授
先進教育課外活動指導賞
『バレー部・卓球部の活動支援において、ICT技術を導入した先進的な取り組みを行った。また、全国高専プロコンの審査部門長を7年間連続して務め、大会運営を支えた。』
情報システム系
 宮下 卓也 教授
先進教育支援貢献賞
『総合情報センターの専門職員として、継続して情報基盤ネットワークの安定した維持管理等に貢献した。』
技術部
 三木 勝 技術職員
平成28年度
(第9回)
先進教育研究指導賞
『本科及び専攻科の研究指導を継続して実施し、学内外共に認められる極めて顕著な成果をあげた。』
先進科学系
 山口 大造 准教授
機械システム系
 細谷 和範 准教授
先進教育支援貢献賞
『顕著な教育活動の企画・運営に携わり、内外に本校の名誉を大いに高めるなどの実績をあげた。』
情報システム系
 菊地 洋右 准教授