情報公開

JABEE認証教育プログラム

 本校では、日本技術者教育認定機構(Japan Accreditation Board for Engineering Education: JABEE)の基準に対応した技術者教育プログラムとして、主に本科4年次から専攻科2年次までの教育課程の学習・教育に関して、専攻科の専攻に対応した「機械・制御システム工学」および「電子・情報システム工学」教育プログラムを設定し、社会の要求水準を満たした教育を行っています。
 JABEEより認定された技術者教育プログラムを実践することにより、次のような技術者の育成を目指します。

 養成すべき技術者像:
  高度な専門知識と研究開発能力を身につけた創造的で実践的な技術者



 教育プログラムの学習・教育到達目標(A)~(F)は、JABEE基準の(a)から(i)ならびに関連分野の分野別要件で要求される知識・能力に対応して適切に設定されています。JABEE基準で示される次の表1に各プログラムの対応を示します。


機械・制御システム工学(表1) 電子・情報システム工学(表1)
  • 教育プログラムの履修

     プログラム履修者は、「機械・制御システム工学」または「電子・情報システム工学」教育プログラムの修了要件を理解して、履修を進める必要があります。
     各科目の単位認定は、教育プログラムの学習・教育到達目標を十分に考慮して準備されたシラバスの「到達目標」への到達度を「成績評価方法」に基づいて評価することで判定されます。教育プログラムの単位認定の目安は60点とします。他の教育機関(高専)での修得単位については、以下の結果をもとに専攻科運営委員会で認定の判定を行います。


     専攻科入学以前の修得単位のうち、60点以上で合格の科目は原則的には教育プログラムの単位として認める方針です。
     専攻科入学以前の学習で、学習・教育到達目標(A)~(F)の達成に問題があると専攻科運営委員会が判断した場合は、学習・教育到達目標ごとに総合基礎試験を課して確認します。


  • 教育プログラムの修了要件

     「機械・制御システム工学」又は「電子・情報システム工学」教育プログラムの修了者となるには、以下に掲げる要件をすべて満たす必要があります。

    • (1)専攻科修了者
    • (2)学位(学士)取得者
    • (3)学習・教育到達目標を総合的に達成していること。そのために、本科及び専攻科の科目について、それぞれ以下の条件を満たすと共に、表2「学習・教育到達目標と評価方法および評価基準」に従って評価し、合格すること。
      • ① 本科の科目:

         主体的に本校の学習・教育到達目標(A)~(F)に関連する科目(表2、◎印)から必要単位数以上修得すること、又は学習・教育到達目標ごとの総合基礎試験に合格すること。

      • ② 専攻科の科目:

         「機械・制御システム工学」または「電子・情報システム工学」教育プログラムでは、主体的に本校の学習・教育到達目標(A)~(F)に関連する科目(表2、◎印)から必要単位数以上修得すること。


  • 機械・制御システム工学(表2) 機械・制御システム工学(系統図) 電子・情報システム工学(表2) 電子・情報システム工学(系統図)