取り組み

トビタテ!留学JAPAN

 トビタテ!留学JAPANは、日本企業と文部科学省が行っている官民協働海外留学支援制度です。

平成28年度 トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム【高校生コース】

6月18日にトビタテ留学JAPANの壮行会に参加しました

6月18日にトビタテ留学JAPANの壮行会に参加しました

 6月18日(土)に、JICA関西(神戸)で開かれた官民協働海外留学支援制度 ~トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム【高校生コース】の壮行会に、情報工学科3年の山下駿くんが参加しました。

 この留学支援制度は、日本企業186社と文部科学省が行っている留学支援制度です。

 高校生コースは、今回が2期生になります。

 この2期生の募集では約2000名の高校生から500名程度が選出され、海外に留学します。

6月18日にトビタテ留学JAPANの壮行会に参加しました

 山下くんはゲーム制作に興味をもっています。

 そこで、ゲーム産業に力を入れているメルボルンで、ゲーム制作会社訪問と語学研修を夏季休業期間を利用して行います。

 官民協働のこのプロジェクトの壮行会では、馳文部科学大臣がスピーチをされました(左上の写真)。

 また、壮行会後にはトビタテ!留学JAPANの経験者と今回の派遣学生の懇親会と事前研修が行われました。

 左の写真は、山下くん(左)とトビタテ!留学JAPANの経験者の方です。