取り組み

大連研修旅行

 大連研修旅行は本校の提携校である大連信息大学を訪問し、5日間程度、大連に滞在します。

8月24日に「大連短期留学プログラム」に参加した学生が帰国しました

8月24日に「大連短期留学プログラム」に参加した学生が帰国しました

 平成27年8月24日(月)に「大連短期留学プログラム」に参加した学生5名が帰国しました。

 このプログラムは、本校の協定校である大連東軟信息学院にて、中国語だけでなく英語で行われる専門科目の受講、企業見学や食文化体験も行われました。

 現地の学生との交流もあり有意義な2週間の研修となったようです。

 当初23日に帰国予定でしたが、飛行機のトラブルで上海にて延泊となりました。

 学生5名で対処し、元気な姿で帰国したことを教職員一同安心するとともに感心しています。

 写真は、岡山空港に到着した学生の様子です。

大連東軟信息学院との第2回研究発表会へ参加

大連東軟信息学院との第2回研究発表会へ参加

 平成21年12月5日(土)~8日(火)第2回研究発表会のため中国遼寧省大連市にある東軟信息学院に行きました。

 これは,平成20年7月に締結された本校と東軟信息学院の国際交流に関する覚書により、隔年で両校の学生が互いの学校を訪問し、英語または互いの母国語以外によって研究発表を実施することになり、第1回目が今年2月に本校で開催され、2回目となるものです。


 12月5日(土)に本校から学生3名を含め8名が、岡山空港から中国大連に向かいました。東軟信息学院にて相手校学生や関係者に出迎えられ、歓迎レセプションがあり、翌6日(日)は大連市内の視察を行いました。

 研究発表会は,7日(月)に開催され,東軟信息学院から3件、本校から3件の研究発表と参加者との活発な質疑応答があり、他高専からの視察者を含め四十名あまりの出席者は熱心に聞いていました。その後、日本語学部の授業に参加し、その受講生たちとも楽しくふれあうことができました。両校の研究発表した学生たちはお互いに交流が深まり、手紙のやり取りもありました。

 8日(火)は相手校の学生たちに見送られ、名残惜しく帰路に立ちました。

 平成22年度は本校で実施される予定です。

「画像」

1枚目:学生の交流(歓迎レセプションにおいて)

2枚目:研究発表会の参加者

3枚目:研究発表の様子(英語で)


 写真をクリックすると、大きな画像(約1.29MB)になります。

東軟信息学院学生との研究発表会を開催

東軟信息学院学生との研究発表会を開催

 平成21年2月2日(月),中国遼寧省大連市にある東軟信息学院学生と津山高専学生による研究発表会が開催されました。

これは,平成20年7月に締結された本校と東軟信息学院の国際交流に関する覚書により,隔年で両校の学生が互いの学校を訪問し,英語または互いの母国語以外によって研究発表を実施することになった第1回目の開催となるものです。


 1月31日(土)に一行6名が来校し,本校食堂で学校関係者,市役所・企業関係,ホストファミリーら三十数名が出迎え,ささやかながらも盛大に歓迎レセプションを開催し,翌2月1日(日)は岡山県内の観光を行いました。

 研究発表会は,午前9時15分から本校会議室にて開催され,東軟信息学院から3件,本校から5件の研究発表があり,参加した四十名あまりの出席者は熱心に聞き入っていました。

 平成21年度は東軟信息学院で実施される予定です。


 写真をクリックすると、大きな画像(約1227KB)になります。