現在の場所:トップ > 最新ニュースの一覧・過去のトップページ > 最新ニュース



Jyosen Gijyutsu

放射性セシウム汚染土壌の除染に成功 実証試験で成果 吸着剤開発

 機械工学科 山口講師および共同研究先の株式会社本山合金製作所は、4月下旬に福島県内において共同で実施した除染 に関する実証実験の結果を発表しました。
 二本松市内の民家の雨樋下の高濃度汚染土を用いて実証試験を行いました。

 吸着剤は、使用後に磁石を使って丸ごと回収できるのが特徴です。
 放射能汚染された土や水の中に投入して放射性物質を吸い取った後、磁石で吸着剤ごと取り除いて除染する仕組みです。
 これまで汚染土壌の除染方法には有効な除染方法はありませんでした。
 今回の実証試験において、これまで完全に分離できなかった汚染土壌と除染済土壌を1回の処理で完全に分離できたこと は画期的であります。
 実証試験から得られた知見を基に早期の実用化除染プラントの開発を目指します。
 なお、本吸着剤は株式会社本山合金製作所にて岡山県産業振興財団「きらめき岡山創成ファンド支援事業」 からの助成を受けて、早期事業化に向け取り組んでいます。

 本内容は、以下でも紹介されました。

 津山朝日新聞(2013年7月1日夕刊1面掲載)
 山陽新聞(2013年7月2日朝刊32面掲載、web版含む)
 産経新聞 (2013年7月2日朝刊22面掲載、web版含む)
 山陽放送「RSKイブニングニュース(地上デジタル6ch)」内放送(2013年7月2日)

   ニュースの様子をYouTube(外部リンク)に掲載しておりますので参照ください。
 (機械工学科 山口大造講師)

 写真をクリックすると、大きな画像(約112KB)になります。

〒708-8509 岡山県津山市沼624-1
電話 (0868) 24−8200(代表)
FAX (0868) 24−8219(総務課)
Copyright (C) 1997-2013, Tsuyama National College of Technology