現在の場所:トップ > 最新ニュースの一覧・過去のトップページ > 最新ニュース



Okuyama Zairyou 20080521

「水素ガスバリア性の高い粘土膜プラスチック複合材料」を共同開発

 津山高専,九州工業大学および産業技術総合研究所は,宇宙機や航空機,自動車用の水素タンクに応用可能な「水素ガスバリア性の高い粘土膜プラスチック複合材料」を共同開発し,その成果を5月16日にプレス公開いたしました。

 この複合材料は,市販品の100倍以上の水素ガスの遮蔽能力を有しており,極低温環境に対しても優れた耐性も有しています。
 水素の発熱量は大きく,その燃焼によって生成するのは無害の水です。今回の技術は,この水素利用の促進につながるもので,地球温暖化解決の一つの手段になり得るものであり,引き続き研究を推進していきます。
(開発者:電子制御工学科 奥山圭一)

写真をクリックすると、大きな画像(約117KB)になります。

〒708-8509 岡山県津山市沼624-1
電話 (0868) 24−8200(代表)
FAX (0868) 24−8219(総務課)
Copyright (C) 1997-2008, Tsuyama National College of Technology