お知らせ

最近のできごと(平成30年6月)

6月14日に北辰寮防火避難訓練を実施しました

Dekigoto 2018-06-14 Hokushinryou Bouka Hinan Kunren
 6月14日(木)19時40分より、北辰寮防火避難訓練を実施しました。
 夜間に寮棟から出火するという状況をを想定し、今回は3寮の寮棟内で発炎筒を焚き、寮生の避難から安否確認までの流れを訓練しました。
 その後、想定される避難先の第二体育館にて、寮務主事および寮生会防災委員長より、訓練状況の総評および今後の課題等について指導がされました。

6月12日に海外研修キックオフミーティングが開催されました

Dekigoto 2018-06-12 Kaigai Kenshuu Kickoff Meeting
 6月12日(火)に、この夏に海外研修に参加する学生のキックオフミーティングを開催しました。
 本校では、グローバル化に対応できる国際的技術者育成のため、海外研修、国際学会での発表、校内では After School English の実施により、異文化理解やグローバル・コミュニケーション力の向上を目指しております。
Dekigoto 2018-06-12 Kaigai Kenshuu Kickoff Meeting
 今年の夏季休業中に実施するカナダホームステイプログラムへ12名、ベトナムや中国に事業所のある日系企業でのインターンシップへ6名、中国の大学での研修へ2名の学生が参加し、システム研究部からは「G空間情報×宇宙技術利活用ビジネスコンテスト」の副賞であるNASA研修旅行に4名、総勢24名の学生が参加しました。
 キックオフミーティングでは、磯山校長から激励の挨拶をいただいた後、各プログラムの代表者から海外研修への抱負など決意表明がありました。
 続いて、小西国際交流委員長より、研修に向けてのアドバイスをいただきました。
Dekigoto 2018-06-12 Kaigai Kenshuu Kickoff Meeting
 その後、危機管理対策グループの趙教員より、海外渡航の注意点を学ぶ危機管理講習が行われ、参加学生は真剣な面持ちで話を聞いていました。
 このキックオフミーティングをきっかけに、国際理解などの事前学習を実施していく予定です。

 写真は、磯山校長からの激励挨拶(上段)、学生からの決意表明(中段)、危機管理講習会(下段)の様子です。

6月9日に Honda エコ マイレッジチャレンジ 2018 鈴鹿大会出場し完走しました

Dekigoto 2018-06-09 Honda Eco Mileage Challenge 2018
 6月9日(土)に、内燃機関部9名の学生が、Honda エコ マイレッジチャレンジ 2018 鈴鹿大会に出場し完走しました。
 「Honda エコ マイレッジチャレンジは、Honda4ストロークエンジンをベースにし、1リッターのガソリンで何km走行できるか、無限の可能性に挑戦し、独創的なアイデアと技術を競う研鑚の場である。」と公式ホームページに公示されています。
 ルマン優勝55号車マツダ787B様の塗装を施した津山高専内燃機関部(山口Labo)の車両は、高学年(専攻科生・5年生)と低学年(1・2年生)で編成したチーム(メンバー:桑原諒也・佐藤礼太・鳥取涼太・石川雄基・見當豊・岡田遥輝・浦田光路郎・小山祥太・桑原大地・金佐勇人)で、設計・製作のすべてを学生が行いました。
Dekigoto 2018-06-09 Honda Eco Mileage Challenge 2018
 チーム結成2年目において、見事完走することができました。
 グループIII(大学・短大・高専・専門学校生クラス(22チーム))において12位(燃費:179.170km/L)という結果でした。
 競技会参加直前に電気系統のトラブルがあり、セットアップや練習走行が不十分でしたが、電気系統の根本的な問題解決ができたことが、完走につながりました。
 車両が東コース8周の走行を終え、ピットに帰って来た時の感動は、一生忘れないと思います。
Dekigoto 2018-06-09 Honda Eco Mileage Challenge 2018
 競技会終了後も達成感の余韻を楽しみながら、9月29日(土)・30日(日)に、ツインリンクもてぎで開催される全国大会に向けての改良点について話し合っておりました。
 車検時にオフィシャルの方から熱心で心あるご指導を賜りました。
 学校内だけでは決して味わえない教育効果があったと確信しております。
 大会関係者の皆様に心より感謝申し上げます。
Dekigoto 2018-06-09 Honda Eco Mileage Challenge 2018
 車体の軽量化など、優勝を目指すにはまだまだ課題は多いですが、環境を整えていきたいと考えています。
 昨年度より、本校において約30年の歴史を有する「エコラン」競技大会出場用低燃費車両の開発においても、高度な技術水準で、競技用車両の開発・データの収集・改良・知見の公開を実施できる環境整備を実施する必要性があると考え、先進科学系・機械システム系・技術部の教職員が連携を図り、学生の高度なものづくり活動および研究開発活動を支援するプロジェクトを開始しました。
Dekigoto 2018-06-09 Honda Eco Mileage Challenge 2018
 学生の自主性と創造性を涵養しながら、学外の環境におけるエンジニア教育(競技大会)を通じて総合能力を涵養することを大きな目的としています。
 エコラン支援プロジェクトメンバーは、先進科学系 准教授 山口大造(内燃機関部顧問)、機械システム系 准教授 佐伯文浩(内燃機関部顧問)、技術部 河原みほ、川村純司、中島哲史です。
Dekigoto 2018-06-09 Honda Eco Mileage Challenge 2018
 本活動は、一部、平成29年度校長裁量経費(エコラン支援プロジェクト、ものづくり活動経費)にて実施され、心より感謝申し上げます。
 また、津山高専後援会の皆様、ご支援賜りました皆様に心より感謝申し上げます。

6月8日に第2回「学びのジャンクション―異分野交流セミナー―」を開催しました

Dekigoto 2018-06-08 Manabi no Junction
 教員同士が気軽に意見交換できるようにと今年度からスタートした「学びのジャンクション―異分野交流セミナー―」の第2回目を、6月8日(金)に開催しました。
 第2回目は、趙教員に、「津山高専女子会TKJの過去・現在・未来」というタイトルで、情報提供していただきました。
 津山高専女子会の紹介、これまでの取組みや問題点、今後の活動の内容など、様々な様子を知ることができました。

6月6日から12日は本科の前期中間試験です

Dekigoto 2018-06-06 Zenki Chuukan Shiken
 6月6日(水)から12日(火)までの一週間は、本科の前期中間試験です。
 各教科ともに、これまでの学習の成果を測り今後の授業の進め方を確認する大切な試験です。
 学生の皆さんは、梅雨に入り不順な天気が続いていますが、十分な準備のもと学習成果を存分に発揮してください。

6月5日・6日に専攻科生が機械学会 ROBOMECH2018 に参加しました

Dekigoto 2018-06-05 ROBOMECH2018
 6月5日(火)・6日(水)に、西日本総合展示場(福岡県北九州市)で行われたロボティックス・メカトロニクス講演会(ROBOMECH2018、主催:日本機械学会)において、下記の専攻科生が発表しました。

・専攻科機械・制御システム工学専攻2年 内田拓志くん(井上研究室)
 二輪型水田用除草ロボットの走行制御法
 多関節アームを有した豚舎洗浄ロボットの試作
・専攻科機械・制御システム工学専攻2年 松坂海南太くん(細谷研究室)
 ものづくりをテーマに実施した国際連携型 PBLの実践と課題―高専学生と海外の理科系高校生徒によるロボットコンテスト参加
Dekigoto 2018-06-05 ROBOMEC2018
・専攻科機械・制御システム工学専攻1年 田中秀弥くん(井上研究室)
 リンク機構を用いた上肢拳上作業支援装具の試作
・専攻科機械・制御システム工学専攻1年 影山颯くん(野中研究室)
 ハイパースペクトルカメラを用いたスペクトル情報の AR による可視化

 会場では1000件を越える発表が行われ、たくさんの学生や教員が闊達な議論を展開していました。
Dekigoto 2018-06-05 ROBOMEC2018
 本校専攻科生も、しっかりと自身の研究内容を発表することができました。
 なかには難しい質問もありましたが、なんとか乗り切ることができたように思います。
 この貴重な経験を今後の研究活動に活かしてもらいたいと思います。

 上段の写真は会場での井上研究室の学生、中段と下段はタイ王国PCSHSブリラム校と合同でつやま市ロボコンに参加し一連の活動から見えてきた国際連携PBLの課題について発表する松坂くんと、大学との共同研究の成果を発表する影山くんです。

6月2日・3日に第57回岡山県高等学校総合体育大会卓球の部(団体)に出場しました

Dekigoto 2018-06-02 Koukou Soutai Takkyuu
 6月2日(土)・3日(日)に、第57回県高校総体(団体) 兼 第87回全国高校大会県予選会(団体) 兼 第65回中国高校大会県予選会(団体)が、きびじアリーナ(総社市)で開催されました。
 この大会は男女別の学校対抗団体戦で、男子60校・女子44校が参加しており、大会初日はトーナメントでベスト4が決定するところまで実施されました。
 左の写真は初日の試合の様子で、写真奥側が本校女子選手です。

 津山高専女子チームは、1回戦で岡山後楽館高校に勝利したものの、続く2回戦で岡山一宮高校に惜敗し、残念ながら途中敗退となりました。
 津山高専男子チームは、1回戦で総社高校に、2回戦では総社南高校に勝利したものの、3回戦で最終順位2位の倉敷工業高校に負け、ベスト16として翌日の順位決定戦へと進出しました。
Dekigoto 2018-06-02 Koukou Soutai Takkyuu
 大会2日目は、男女ベスト16校をトーナメントの結果に基づき、1~4位決定・5~8位決定・ベスト16リーグ1・ベスト16リーグ2の4校ずつに分けての順位決定戦が行われました。
 左の写真は2日目の試合の様子で、5・6コートの右側の青いユニフォームが本校男子選手です。
 津山高専男子チームは、笠岡工業高校には敗れましたが、玉島高校・玉野商工高校に勝利し、リーグ順位1位となりました。
 最終的な成績は岡山県男子団体9位(同率2チーム)という結果となりました。

6月1日に公開講座「天体観測会―君も未来のガリレオだ!―」第1回が開催されました

Dekigoto 2018-06-01 Tentai Kansokukai
 6月1日(金)19:45から21:15まで、天体観測会の今年度第1回「口径35cm望遠鏡で金星と木星を見よう」が、管理棟3階合併教室と屋上にて開催されました。
 天候等の事情により、5月18日(金)からの大幅な延期開催となってしまいましたが、受講生21名と保護者等を含む41名が参加し、補助学生として佐々井研究室2年チャレンジゼミ基礎生4名と3年全系横断演習生6名が望遠鏡オペレータや双眼鏡係を務めました。
Dekigoto 2018-06-01 Tentai Kansokukai
 合併教室での「今夜の見どころ」の説明やクイズ(左上の写真)、短いプラネタリウム上映の後、参加者は好天の屋上に上がりました。
 望遠鏡では、西空に輝く金星、南東に縞のある木星、かに座プレセベ星団M44、ふたご座2重星カストル、うしかい座アルクトゥールス、こと座ベガ、りょうけん座2重星コルカロリなどを観察しました。
Dekigoto 2018-06-01 Tentai Kansokukai
 北斗七星からたどって「春の大曲線」「春の大三角」「春のダイヤモンド」、さらに「ししの大がま」などを眼視で確認しました。
 太陽の影響のなくなる薄明終了21時頃、ヘルクレス座球状星団M13の星々がくっきりと確認でき、皆大感激でした。
Dekigoto 2018-06-01 Tentai Kansokukai
 左の写真は、屋上の天体観測室で5月14日に撮影した木星の様子です。
 これから学生はどんどん詳しくなっていきますので、ご期待ください。
 延期開催にもかかわらず、熱心に受講くださった参加者の皆さんにお礼を申し上げます。

6月1日に専攻科機械・制御システム工学専攻の特別研究テーマ発表会を開催しました

Dekigoto 2018-06-01 MS Tokubetsu Kenkyuu Theme Happyoukai
 6月1日(金)に、専攻科機械・制御システム工学専攻の1年生13名による特別研究のテーマ発表会が行われました。
 発表では主に、これから2年間にわたり取り組んでいく研究の背景や目的と、専攻科2年間で実施する研究計画について述べ、教員からの質疑応答にも的確に答えていました。
 写真は、テーマを発表する専攻科生の様子です。