国立高等専門学校職員の採用試験が変わります

文部科学省の機関から独立行政法人へ

 国立高等専門学校は、平成16年4月から文部科学省が設置する国の行政機関から独立行政法人国立高等専門学校機構が設置する学校へと生まれ変わります。
 独立行政法人は、公共上の見地から確実に実施されることが必要な事務及び事業を効率的、効果的に行うため法律で設立され、国が財政的に責任を持つ公的な法人です。また、個々の学校は法律に設置の根拠が定められています。

国家公務員から法人職員へ

 国立高等専門学校の職員は、非国家公務員型とされ、国家公務員ではなくなりますが、健康保険や年金等の点では国家公務員と同様の制度が適用されます。
 また、給与、服務、退職金といった労働条件についても、現在の国家公務員の水準を踏まえた制度設計を検討しています

独自の採用試験を実施予定

 職員の採用方法も、人事院が実施する国家公務員採用試験から独自の採用方法に変わります。
 各高等専門学校では、それぞれの理念により職員を募集することになりますが、従来、国家公務員試験から採用を行っていた事務系(図書系を含む)及び技術系職員については、国立大学法人とともに、独自の「国立大学法人等職員採用試験」を新たに実施することにしています。

国立大学法人等職員採用試験の概要
現在、実施要項を作成中

 現在、各地区の実施委員会が「国立大学法人等職員採用試験」の実施要項を作成中です。
 詳しくは、各地区の実施委員会におたずねください。
 なお、国立大学協会のホームページにも掲載する予定です。

問い合わせ先
[お知らせのページに戻る]

[津山高専ホームページに戻る]