現在の場所:トップ > お知らせ > お知らせ(バックナンバー)


 ここには過去の「お知らせ」のページを残してあります。

計測自動制御学会津山地区研究会からのお知らせ

 本年度も2月期講演会の講演募集を下記要領で行いますので,多数のお申し込みをいただきますようご案内方々お願い申し上げます。
昨年度のプログラムならびに講演論文集は以下で見ることができます。

プログラムならびに講演論文集

              記

開催日 : 2015年1月31日(土)13時20分〜
会 場 : 津山圏域雇用労働センター(大ホール・中会議室・第2会議室)
講演内容: 講演内容のジャンルは問いませんので計測制御以外の発表もOKです。
      また,学術研究はもとより,共同研究,調査報告,教材開発,技術
支援,公開講座事例報告などに関する話題提供も歓迎します。
講演要領: 発表10分,質疑応答5分(予定)
応募資格: 特に制限は無い(本研究会の会員である必要は無いです)。
講演申込方法:「津山地区研究会講演申込」と題記し,下記事項を記入したメー
ル(フォームは自由)を下記の申込先へ送付してください。
 (1)表題
 (2)著者および所属(講演者に○印を付けること)
講演申込締切日:2015年1月8日(木)
原稿提出締切日:2015年1月23日(金)
原稿執筆要領:A4用紙2段組2枚(pdf形式にて提出)
(*詳細な執筆要領は,
執筆要項
原稿見本
を参照ください)

講演申込・原稿提出先:
         津山高専 電気電子工学科 八木秀幸
         電話 0868-24-8261
         E-mail; yagi@tsuyama-ct.ac.jp
以上

平成22年度津山工業高等専門学校卒業式・専攻科修了式

 平成22年度の卒業式・専攻科修了式が、平成23年3月15日(火)10時30分からベルフォーレ津山で挙行されました。 平成22年度の専攻科修了生は27名(前期修了3名を含む)、卒業生は147名です。

専攻科修了生
専 攻 修了者数 備 考
機械・制御システム工学専攻 11名  
電子・情報システム工学専攻 16名  
合 計 27名  

卒業生
学 科 卒業者数 備 考
機械工学科 36名 内、留学生2名、女子1名
電気電子工学科 43名 内、留学生1名、女子1名
電子制御工学科 35名 内、留学生1名、女子4名
情報工学科 33名 内、留学生2名、女子7名
合 計 147名 内、留学生6名、女子13名

総合情報センター報 発行

 「総合情報センター報 第15号」が発行されました。次のページから目次と本文(本年度から電子版も公開しています)をご覧ください。
総合情報センター報

公開講座「天体観測会-君も未来のガリレオだ!-2010」(第1回めの参加者を募集中)

 イタリアの科学者ガリレオ・ガリレイが初めて望遠鏡を、夜空に向け、宇宙への扉を開いたのは1609年でした。それから400年後の世界天文年2009年からその先へ、学び考え、前進するため、継続した活動を行います。また、今年は12月21日に皆既の月出帯食など、印象深い天文現象もあります。本講座では、本校の口径35cmシュミットカセグレン式望遠鏡などを用いて、子供たちに天体観測の面白さを体験してもらいます。
1.期間   平成22年5月17日(月)〜12月21日(火)
2.会場   津山工業高等専門学校
3.対象   小学4年生〜中学3年生(小学生は、保護者あるいは学校の先生同伴)
4.募集人数 20名
5.参加費  募集要項参照
6.受付期限 平成22年12月15日(水)まで随時
天体観測会 募集要項(pdf)

平成22年度の新入学生

 平成22年度の入学式で、新入生(本科)・留学生・編入生・専攻科生が次の通り入学しました。

入学者(本科)

学 科 入学者数 備 考
機械工学科 40名 内、女子2名
電気電子工学科 45名 内、女子3名
電子制御工学科 46名 内、女子3名
情報工学科 40名 内、女子9名
合 計 171名 内、女子17名

外国人留学生編入学者(3年次編入)

学 科 入学者数 備 考
機械工学科 2名 マレーシア2名
電気電子工学科 1名 マレーシア
電子制御工学科    
情報工学科 2名 マレーシア、ラオス
内、女子1名
合 計 5名 内、女子1名

編入学者(4年次編入)

学 科 入学者数 備 考
機械工学科    
電気電子工学科 3名  
電子制御工学科 3名  
情報工学科    
合 計 6名  

専攻科入学者

専 攻 入学者数 備 考
機械・制御システム工学 16名 内、女子1名
電子・情報システム工学 14名 内、女子1名
合 計 30名 内、女子2名

 本年度の学生数については、学生定員及び現員のページをご覧ください。

総合情報センター報 発行

 「総合情報センター報 第14号」が発行されました。次のページから目次と本文(本年度から電子版も公開しています)をご覧ください。
総合情報センター報

津山工業高等専門学校紀要発行

「津山工業高等専門学校紀要 第51号 2009」が発行されました。次のページから目次と本文をご覧ください。
津山工業高等専門学校紀要の紹介

マイクロソフト社との包括ライセ契約について(締め切り日変更!)

 国立高等専門学校機構では、平成22年3月からマイクロソフト社と包括ライセ契約を結び、高専在校生はOffice製品等のインストールが可能となりました。しかし、平成22年3月卒業(修了)の方にアナウンスが間に合わず、マイクロソフト社製ソフトウェアをインストールできなかった方が多くおられます。
 この度、この方々も下記申請により、インターネット経由にてダウンロードインストールが可能となりましたのでお知らせいたします。当初4月末を締め切りとしていましたが、告知が間に間に合わなかったという事情により、締め切りが6月7日まで延長されました。次のページに手続きの詳細を示しますのでご覧ください。

マイクロソフト社製ソフトウェアのインストール希望申請について(高専機構)
マイクロソフト製品のダウンロードに関して(pdf)(締め切り日が6月7日に延期されました)

ペンカレ学生のホストファミリィ募集

Dekigoto 2009-05-22 Pennsylvania College  本校の提携校であるペンシルバニア工科大学から今年も学生が本校にやってまいります。 津山高専では彼らのホームスティ先となるホストファミリィを募集しています。
 滞在期日は5月17日(月)〜5月23日(日)の7日間で、女性(28歳)1名と男性(20歳、21歳)4名の学生諸君です。
 特に、本校学生のご家庭にお願いしております。 少しですが謝金も用意いたしました。

 詳細は以下にお問い合わせください。
津山工業高等専門学校
学術・社会連携推進事務室 藤澤 浅
Tel 0868-24-8217
電子メール fujisawa@tsuyama-ct.ac.jp
 上の写真は昨年来津したペンカレ学生の一行です。

津山工業高等専門学校紀要発行

 「津山工業高等専門学校紀要 第50号 2008」が発行されました。次のページから目次と本文(一昨年度から電子版として公開しています)をご覧ください。
津山工業高等専門学校紀要の紹介

H21年度チャレンジゼミナール報告会

 チャレンジ・ゼミナールは,一般科目の教員と一緒になって興味のあることをとことん学ぶ,3年生の選択授業(少人数制)です。 この一年間の成果を,ぜひ,見に来てください。

日時:2010年3月3日(水)
9:00〜10:00 ポスター発表(図書館1階ロビー)
 ・The Amish:  1. 起源・規律
 ・The Amish:  2. 日常生活
 ・The Amish:  3. 社会生活
 ・Newspaper
 ・現代の命名に関する調査と分析
 ・大学編入学試験問題(ベクトル空間)にチャレンジ
 ・ユークリッドの互除法について
 ・完全数について
 ・4次空間の幾何学
 ・トポロジー:柔らかい幾何学
 ・半減期とその利用について
 ・電子レンジについて
 ・DVD-Rを用いた分光器作製
 ・プランク定数の測定
 ・スペクトル撮影
 ・太陽光スペクトルの暗線観察
 ・勝てるカラダ理論!

10:00〜12:30 口頭発表(合併教室)
 ・好きな動画に英語字幕をつけてみよう!
 ・Topics in the News
 ・中国の不思議さと面白さ
 ・日本における漢字の使用
 ・オバマ大統領支持率の推移とその背景
 ・国語テストの社会言語学的分析
 ・MATLAB による数値計算の視覚化とFukui Project
 ・nの階乗に含まれる素因子の数
 ・平方多角数の研究
 ・トポロジー:柔らかい幾何学
 ・核融合について

12:30〜13:00 ピア審査・表彰・閉会式(合併教室)
チャレンジゼミナール報告会 詳細 (PDFファイル)

新型インフルエンザに伴う情報について

 インフルエンザに感染して学校に復帰する学生の皆さんに対して、これまで治癒証明を提出してもらっていましたが、医療体制の確保の観点から、当面の間、保護者からの「インフルエンザ報告書」の提出に代えます。
 学生生活のページにあるインフルエンザ報告書[pdf:47KB])(現在は別の様式に変更)に必要事項を記入して提出ください。
 詳細は、インフルエンザの報告様式についてのページをご覧ください。

 新型インフルエンザの感染が拡大しており、感染者が2割を超えるクラスが出たので、次のクラスは学級閉鎖になりました。
  1年1組(10月30日(金)から11月3日(火)(5日間))
   感染者が減少したので学級閉鎖を解除し、11月4日(水)から再開します。
   [11月3日(火)13:00公開]

 学生は、引き続き、感染防止対策の手洗いやうがいの励行をお願いします。
 また、発熱等の自覚症状があれば、もよりの病院に早めにかかるなど、健康管理にも努めてください。

平成21年度の新入学生

 平成21年度の各種の入学式で、新入生(本科)・留学生・編入生・専攻科生が次の通り入学しました。

入学者(本科)

学 科 入学者数 備 考
機械工学科 41名 内、女子3名
電気電子工学科 43名  
電子制御工学科 42名  
情報工学科 42名 内、女子11名
合 計 168名 内、女子14名

外国人留学生編入学者(3年次編入)

学 科 入学者数 備 考
機械工学科 2名 マレーシア2名
内、女子1名
電気電子工学科 2名 マレーシア2名
内、女子1名
電子制御工学科    
情報工学科 1名 インドネシア
合 計 5名 内、女子2名

編入学者(4年次編入)

学 科 入学者数 備 考
機械工学科 1名  
電気電子工学科 2名  
電子制御工学科    
情報工学科 1名  
合 計 4名  

専攻科入学者

専 攻 入学者数 備 考
機械・制御システム工学 11名  
電子・情報システム工学 16名  
合 計 27名  

 本年度の学生数については、学生定員及び現員のページをご覧ください。

計測自動制御学会津山地区研究会からのお知らせ

 恒例の2月期講演会の講演募集を下記要領で行いますので,多数のお申し込みをいただきますようご案内方々お願い申し上げます。
 計測自動制御学会津山地区計測自動制御研究会からのお知らせです。 10月の事前調査で多くの発表希望が有りましたので,例年通り,2月期講演会を開催します。 ついては,正式な講演募集を下記要領で行いますので,多数のお申し込みをいただきますようご案内方々お願い申し上げます。

注意:10月の事前調査でお申し込みいただいた方も,お手数ですが,再度正式に申し込んで下さい。
                       記

開催日 : 2010年2月6日(土)12時30分〜
会 場 : 津山圏域雇用労働センター(2階南ホール)
講演内容: 講演内容のジャンルは問いませんので計測制御以外の発表もOKです。
      また,学術研究はもとより,共同研究,調査報告,教材開発,技術支援,公開講座事例報告などに関する話題提供も歓迎します。
講演要領: 発表10分,質疑応答5分(予定)
応募資格: 特に制限は無い(本研究会の会員である必要は無いです)。
講演申込方法:「津山地区研究会講演申込」と題記し,下記事項を記入したメール(フォームは自由)を下記の申込先へ送付してください。
 (1)表題
 (2)著者および所属(講演者に○印を付けること)
講演申込締切日:2009年12月4日(金)
原稿提出締切日:2010年1月20日(水)
原稿執筆要領:A4用紙2段組2枚(印刷して提出)
(*詳細な執筆要領は,
執筆要項
原稿見本
を参照ください)

講演申込・原稿提出先:
         津山高専 機械工学科 井上浩行
         電話&FAX 0868-24-8259
     E-mail; inoue@tsuyama-ct.ac.jp
問い合わせ先:研究会幹事
     津山高専 機械工学科 吉富秀樹 TEL:0868-24-8206,E-mail:yositomi@tsuyama-ct.ac.jp
     または, 〃     井上浩行 TEL:0868-24-8259,E-mail:inoue@tsuyama-ct.ac.jp

災害に伴う検定料免除について

 平成21年7月21日の大雨による山口県の災害および平成21年台風9号による兵庫県・岡山県の災害に遭われた皆さまには、心よりお見舞い申し上げるとともに、一日も早い復興をお祈りいたします。
 津山高専を受験される方で、その主たる家計支持者が下記の災害救助法適用地域に居住していて被災され、市町村等の発行する「被災証明書」または「罹災証明書」の交付を受けられた場合は、入学検定料が免除されます。
  岡山県美作市、兵庫県佐用郡佐用町、兵庫県宍粟市、兵庫県朝来市
  山口県防府市、山口市
 詳しくは、学生課教務係にお問い合わせください。
  〒708-8509 津山市沼624−1
   津山工業高等専門学校 学生課 教務係
   TEL (0868)24-8292  FAX (0868)24-4403
   E-mail 教務係担当者

 また、入学料・授業料についても、家計状況および被災状況により、免除または徴収が猶予される場合があります。
 これについては、合格後に説明させていただきます。

「環境・エネルギープロジェクト会議」開催のご案内

 来る1月16日(土)13:00より津山国際ホテルにて、第2回「津山−徳山高専環境・エネルギープロジェクト会議」を開催します。一般参加も歓迎します。
 詳しくは、パンフレット(PDF版)をご覧ください。

新型インフルエンザ感染拡大防止について

 夏休みが終わり授業が始まると、新型インフルエンザの感染が拡大するのではないかと心配しておりました。
 しかし、夏休み中に感染したと思われる4名以外に発見されおらず、通常の学校活動を続けています。
 今後も津山高専では、先に公開した下記の内容に基づき、感染予防と拡大防止の対策を講じます。
 学生の皆さんへの掲示文書(pdfファイル)(現在は公開していません)
 日頃から、感染防止対策の手洗いやうがいの励行をお願いします。また、発熱等の自覚症状があれば、もよりの病院に早めにかかるなど、健康管理にも努めてください。

授業参観のご案内

 平成21年10月9日に、保護者や地域に広く公開した授業参観を行います。次のページで詳細をご覧いただき、おいでいただくようご案内申し上げます。
授業公開・授業参観

夏季一斉休業について

 津山高専では、下記の期間中はほとんどの教職員が出勤しないこととなります。 そのため、業務を休業し、事務窓口等を閉鎖いたしますのでご理解とご協力をお願いいたします。
 実施期間 平成21年8月13日(木)〜8月16日(日)

電気設備の定期点検に伴う停電について

 毎年行っている高圧受変電設備点検に伴う停電作業を、下記の日程で実施します。 期間中はWWWや電子メールのサービスが停止しますので、御留意ください。
実施期間 平成21年8月8日(土) 8:30〜13:30(5時間)

授業参観のご案内

 平成21年5月22日に、保護者や地域に広く公開した授業参観を行います。次のページで詳細をご覧いただき、おいでいただくようご案内申し上げます。
授業公開・授業参観

情報棟1階天井隠蔽部及びボイラー室からアスベストが検出されたことへの対応について

 平成21年2月23日に情報棟1階天井隠蔽部及びボイラー室からアスベスト成分が検出されたことへの、その後の対応について報告いたします。
 平成21年3月24日  ボイラー室制御盤回りアスベスト付着部の撤去工事完了
 平成21年4月 6日  情報棟天井点検口取設、及び天井隙間塞ぎ(コーキング)工事完了

平成20年度津山工業高等専門学校卒業式・専攻科修了式

 平成20年度の卒業式・専攻科修了式が、平成21年3月16日(月)10時30分からベルフォーレ津山で挙行されました。 平成20年度の専攻科修了生は19名(前期修了1名を含む)、卒業生は144名です。

専攻科修了生
専 攻 修了者数 備 考
機械・制御システム工学専攻 8名  
電子・情報システム工学専攻 11名  
合 計 19名  

卒業生
学 科 卒業者数 備 考
機械工学科 40名 内、留学生1名、女子2名
電気電子工学科 35名 内、留学生2名、女子2名
電子制御工学科 30名  
情報工学科 39名 内、女子8名
合 計 144名 内、留学生3名、女子12名

総合情報センター報 発行

 「総合情報センター報 第12号」が発行されました。次のページから目次と本文(本年度から電子版も公開しています)をご覧ください。
総合情報センター報

情報棟1階天井隠蔽部及びボイラー室からアスベストが検出されたことへの対応について

 情報棟1階天井隠蔽部及びボイラー室からアスベストが検出されました。空気中の飛散量の測定を行いアスベスト成分の浮遊はありませんが、注意してください。
 詳しくは、掲示文書(pdfファイル)をご覧ください。

中国・四国地区国立大学法人等職員採用試験説明会について

 中国・四国地区の国立大学法人等職員採用試験に関する説明会が開催されます。 詳細は、中国・四国地区国立大学法人等職員採用試験ホームページをご覧ください。

平成20年度の新入学生

 平成20年度の各種の入学式で、新入生(本科)・留学生・編入生・専攻科生が次の通り入学しました。

入学者(本科)

学 科 入学者数 備 考
機械工学科 40名 内、女子1名
電気電子工学科 41名  
電子制御工学科 43名 内、女子4名
情報工学科 41名 内、女子11名
合 計 165名 内、女子16名

外国人留学生編入学者(3年次編入)

学 科 入学者数 備 考
機械工学科 2名 マレーシア2名
内、女子1名
電気電子工学科 1名 マレーシア、女子
電子制御工学科 1名 マレーシア、女子
情報工学科 2名 ベトナム、インドネシア
合 計 6名 内、女子3名

編入学者(4年次編入)

学 科 入学者数 備 考
機械工学科 1名  
電気電子工学科    
電子制御工学科    
情報工学科 1名  
合 計 2名  

専攻科入学者

専 攻 入学者数 備 考
機械・制御システム工学 11名  
電子・情報システム工学 16名 内、女子1名
合 計 27名 内、女子1名

 本年度の学生数については、学生定員及び現員のページをご覧ください。

冬季一斉休業について

  津山高専では、下記の期間中はほとんどの教職員が出勤しないこととなります。 そのため、業務を休業し、事務窓口等を閉鎖いたしますのでご理解とご協力をお願いいたします。
実施期間 平成20年12月27日(土)〜平成21年1月4日(日)

「科学トライアングル岡山」津山会場発足式のお知らせ

 津山高専では、岡山大学・倉敷芸術科学大学・岡山理科大学・岡山県企画振興部などと連携して「科学Tryアングル岡山」事業を展開しています。 その津山会場の発足式を以下の日時に開催いたします。
日時:2008年12月14日(日) 14:00〜16:00
場所:管理棟3階 合併教室 および 電子制御工学科棟
備考:入場無料
 当日は今年度の高専ロボコンで大賞を獲得したロボットの実演も行い、また参加者にはレスキューロボットも含め過去のロボットの操縦を体験してもらう予定です。 ぜひ御参加ください。

問い合わせ先
津山工業高等専門学校 学生課
電話:0868−24−8292

計測自動制御学会津山地区研究会からのお知らせ

 恒例の2月期講演会の講演募集を下記要領で行いますので,多数のお申し込みをいただきますようご案内方々お願い申し上げます。
 計測自動制御学会津山地区計測自動制御研究会からのお知らせです。 9月の事前調査で多くの発表希望が有りましたので,例年通り,2月期講演会を開催します。 ついては,正式な講演募集を下記要領で行いますので,多数のお申し込みをいただきますようご案内方々お願い申し上げます。

注意:9月の事前調査でお申し込みいただいた方も,お手数ですが,再度正式に申し込んで下さい。
                       記

開催日 : 2009年2月7日(土)13時00分〜
会 場 : 津山圏域雇用労働センター(2階南ホール)
講演内容: 講演内容のジャンルは問いませんので計測制御以外の発表もOKです。
      また,学術研究はもとより,共同研究,調査報告,教材開発,技術支援,公開講座事例報告などに関する話題提供も歓迎します。
講演要領: 発表10分,質疑応答5分(予定)
応募資格: 特に制限は無い(本研究会の会員である必要は無いです)。
講演申込方法:「津山地区研究会講演申込」と題記し,下記事項を記入したメール(フォームは自由)を下記の申込先へ送付してください。
 (1)表題
 (2)著者および所属(講演者に○印を付けること)
講演申込締切日:2008年12月5日(金)
原稿提出締切日:2009年1月21日(水)
原稿執筆要領:A4用紙2段組2枚
(*詳細な執筆要領は,
執筆要項
原稿見本
を参照ください)

講演申込・原稿提出先:
         津山高専 機械工学科 井上浩行
         電話&FAX 0868-24-8206
     E-mail; inoue@tsuyama-ct.ac.jp
問い合わせ先:研究会幹事
     津山高専 機械工学科 吉富秀樹 TEL:0868-24-8206,E-mail:yositomi@tsuyama-ct.ac.jp
     または, 〃     井上浩行 TEL:0868-24-8259,E-mail:inoue@tsuyama-ct.ac.jp

図書館「ホール天井面」からアスベストが検出されたことへの対応について

 このたび、図書館「ホール天井面」からアスベストが検出されました。飛散予防措置をとり、直ちに問題になることはありませんが、注意してください。
 詳しくは、掲示文書(pdfファイル)をご覧ください。

 この件に関して、平成20年7月25日より撤去工事を行い、9月8日までに完全に撤去できたことを確認しました。

平成19年度津山工業高等専門学校卒業式・専攻科修了式

 平成19年度の卒業式・専攻科修了式が、平成20年3月14日(金)10時30分から津山文化センター大ホールで挙行されました。 平成19年度の専攻科修了生は26名(前期修了1名を含む)、卒業生は145名です。

専攻科修了生
専 攻 修了者数 備 考
機械・制御システム工学専攻 12名  
電子・情報システム工学専攻 14名 内、女子2名
合 計 26名 内、女子2名

卒業生
学 科 卒業者数 備 考
機械工学科 35名 内、留学生1名
電気電子工学科 39名 内、留学生2名、女子1名
電子制御工学科 32名 内、留学生1名
情報工学科 39名 内、留学生2名、女子13名
合 計 145名 内、留学生6名、女子14名

夏季一斉休業について

 津山高専では、下記の期間中はほとんどの教職員が出勤しないこととなります。 そのため、業務を休業し、事務窓口等を閉鎖いたしますのでご理解とご協力をお願いいたします。
 実施期間 平成20年8月11日(月)〜8月15日(金)

電気設備の定期点検に伴う停電について

 毎年行っている高圧受変電設備点検に伴う停電作業を、下記の日程で実施します。 期間中はWWWや電子メールのサービスが停止しますので、御留意ください。
実施期間 平成20年8月9日(土) 10:00〜12:00(2時間)

津山工業高等専門学校紀要発行

 「津山工業高等専門学校紀要 第48号 2006」が発行されました。次のページから目次と本文(本年度から電子版として公開しています)をご覧ください。
津山工業高等専門学校紀要の紹介

本校の広告看板を設置

Koukoku Kanban  8月9日(金)からJR津山駅前の津山広域バスセンター敷地内の有料広告掲載専用区画に,本校の広告看板を設置しました。

平成19年度の新入学生

 平成19年度の各種の入学式で、新入生(本科)・留学生・編入生・専攻科生が次の通り入学します。

入学者(本科)

学 科 入学者数 備 考
機械工学科 42名  
電気電子工学科 42名 内、女子4名
電子制御工学科 44名 内、女子1名
情報工学科 44名 内、女子16名
合 計 172名 内、女子21名

外国人留学生編入学者(3年次編入)

学 科 入学者数 備 考
機械工学科 1名 マレーシア
電気電子工学科 2名 マレーシア2名
内、女子2名
電子制御工学科 2名 マレーシア2名
内、女子1名
情報工学科 2名 ベトナム、モンゴル
合 計 7名 内、女子3名

編入学者(4年次編入)

学 科 入学者数 備 考
機械工学科 1名  
電気電子工学科 1名  
電子制御工学科 1名  
情報工学科 2名  
合 計 5名  

専攻科入学者

専 攻 入学者数 備 考
機械・制御システム工学 8名  
電子・情報システム工学 9名  
合 計 17名  

 本年度の学生数については、学生定員及び現員のページをご覧ください。

国立高等専門学校職員の採用試験について

  国立高等専門学校の事務系(図書系を含む。)及び技術系職員の採用試験はこれまでの「国家公務員採用試験」から、国立大学法人とともに、独自の「国立大学法人等職員採用試験」に変更されました。
 「国立大学法人等職員採用試験」の概要は下記を参照ください。
 なお、本校では、現在のところ事務職員1名の採用予定があります。

 中・四国国立大学法人職員採用試験事務室ホームページへ

計測自動制御学会津山地区研究会からのお知らせ

 恒例の2月期講演会の講演募集を下記要領で行いますので,ふるってご参加いただきますようお願い申し上げます。
       記
開催日 : 2008年2月2日(土)13時00分〜
会 場 : 津山圏域雇用労働センター(2階北ホール)
学術講演: 12件の一般講演
参加費:無料(申し込みいただければ,どなたでも参加できます。定員100名)
主催:計測自動制御学会津山地区研究会
問い合わせ先:研究会幹事      津山高専 機械工学科 吉富秀樹 TEL:0868-24-8206,E-mail:yositomi@tsuyama-ct.ac.jp      または, 〃     井上浩行 TEL:0868-24-8259,E-mail:inoue@tsuyama-ct.ac.jp

 詳しくは次のページをご覧ください。
 平成19年度津山地区計測制御研究会講演会

計測自動制御学会津山地区研究会からのお知らせ

 恒例の2月期講演会の講演募集を下記要領で行いますので,多数のお申し込みをいただきますようご案内方々お願い申し上げます。
 この講演会は,会員に限らず専攻科生や技術職員等誰でも応募できますので,ふるってご参加いただきますよう重ねてお願い申し上げます。
       記
開催日 : 2008年2月2日(土)13時00分〜
会 場 : 津山圏域雇用労働センター(2階北ホール)
講演内容: 講演内容のジャンルは問いませんので計測制御以外の発表もOKです。
      また,学術研究はもとより,共同研究,調査報告,教材開発,技術支援,
      公開講座事例報告などに関する話題提供も歓迎します。
講演要領: 発表10分,質疑応答5分(予定)
応募資格: 特に制限は無い(本研究会の会員である必要は無いです)。
講演申込方法:「津山地区研究会講演申込」と題記し,下記事項を記入したメール(フォームは自由)
      を下記の申込先へ送付してください。
      (1)表題
      (2)著者(講演者に○印を付けること)および所属
講演申込締切日:2007年12月7日(金)
原稿提出締切日:2008年1月23日(水)
原稿執筆要領:A4用紙2段組2枚
(*詳細な執筆要領は,執筆要項原稿見本を参照ください。)
講演申込・原稿提出先:
     津山高専 機械工学科 吉富秀樹
     電話&FAX 0868-24-8206
     E-mail; yositomi@tsuyama-ct.ac.jp
問い合わせ先:研究会幹事
     津山高専 機械工学科 吉富秀樹 TEL:0868-24-8206,E-mail:yositomi@tsuyama-ct.ac.jp
     または, 〃     井上浩行 TEL:0868-24-8259,E-mail:inoue@tsuyama-ct.ac.jp

「学生たちのまちなかミュージアム」について

 1月12日(土)と13日(日)に、アルネ津山等で開催されている標記の催しに参加しています。

 本校からは、ロボコン(電子制御工学科)・システム研究部・美術部および内燃機関同好会が展示を行っています。 また、FM放送などの運営面からも学生達が関わっています。
 ぜひ足を運んでみてください。

 詳しくは こちら

冬季一斉休業について

  津山高専では、下記の期間中はほとんどの教職員が出勤しないこととなります。 そのため、業務を休業し、事務窓口等を閉鎖いたしますのでご理解とご協力をお願いいたします。
実施期間 平成19年12月29日(土)〜平成20年1月6日(日)

ロボコンおよびプロコンのテレビ放送のお知らせ

 下記の通り、ロボコンおよびプロコンの様子が、テレビ番組で放送されますので、ご覧ください。
 印刷用のPDF版もあります。 ロボコン放送予定 プロコン放送予定

放送時間変更のおしらせ

 ロボコンに関する一部の番組に関しまして、放送時間が変更となっているようです。 詳しくは以下のNHKのWWWページでご確認ください。

放送予定&出演者│NHKロボコン

【高専ロボコン全国大会等の放送予定】
全国大会
 平成19年12月26日 NHK総合テレビ 午後7時30分〜午後8時39分
(全試合紹介版)
 平成19年12月29日 BS2      午後11時30分〜午前1時

ロボコン大百科
 過去19回大会の名勝負、名ロボット、20年前に大会に出場した学生たちの
その後まで、ロボコンのすべてがわかるロボコン百科。
 平成19年12月22日 NHK総合テレビ 午後3時05分〜午後3時59分

ロボコン20年の完全記録
 過去20回の名勝負を大みそか前に大特集!
 平成19年12月30日 NHK教育テレビ 午後11時30分〜午前2時40分

ロボコン大百科「若きエンジニア20年の挑戦の記録」
 平成19年12月31日 NHK教育テレビ 午前2時40分〜午前3時35分

【高専プロコンの放送予定】
「プロコン」クリスマススペシャル番組 ―ITジュニアの登竜門―
 放映日:2007年12月24日(月・祝)
時 間:15:00〜15:54
放送局:山陽放送/テレビュー福島/北陸放送  BS−i全国放送
出演者:グエン ゴク ビン(ベトナム国家大学副学長)
特別出演:藤井フミヤ(ミュージシャン)
内 容:
 毎年、全国高等専門学校の学生がIT技術に関する学習の成果を生かした
アイデアと表現力を競うプログラミングコンテスト。将来のIT業界を支えて
いくであろう若者たちは、この大会を通じて何を思い、何を感じ、何を学び
取っていくのであろうか。
 そして彼らの真摯なまなざしが見つめる将来のIT業界と、ITを活用して
ビジネスを展開する企業像は?
 プログラミングにかける彼らの熱い思いと大会を通じて繰り広げられる国境・
文化を超えた友情をドキュメントする愛と感動の物語。

平成18年度津山工業高等専門学校卒業式・専攻科修了式

 平成18年度の卒業式・専攻科修了式が、平成19年3月14日(水)10時30分から津山文化センター大ホールで挙行されました。 平成18年度の専攻科修了生は22名、卒業生は155名です。

専攻科修了生
専 攻 修了者数 備 考
機械・制御システム工学専攻 11名  
電子・情報システム工学専攻 11名 内、女子1名
合 計 22名 内、女子1名

卒業生
学 科 卒業者数 備 考
機械工学科 35名 内、留学生1名、女子1名
電気工学科 40名  
電子制御工学科 41名 内、女子2名
情報工学科 39名 内、留学生2名、女子6名
合 計 155名 内、留学生3名、女子9名

学生寮における火災について

 平成19年1月5日に発生した火災については、下記のWWWページを御参照ください。
学生寮における火災について(お詫び)

AED(自動体外式除細動器)操作説明会を開催

AED Setsumei Kai  本校の救命救急体制の更なる充実の為設置した、AED(自動体外式除細動器)の操作説明会が第二 体育館を会場に平成18年5月24日開催され、教職員・学生約50名が参加し、実際に操作をしてみるなど、操作方法の説明を受けました。  なお、AEDは第二体育館玄関ホール、寮務係事務室、情報工学科棟玄関ホールの3ヶ所に設置しています。

写真をクリックすると大きな画像(約154KB)になります。

さらに古い「おしらせ(バックナンバー)」へ

〒708-8509 岡山県津山市沼624-1
電話 (0868) 24−8200(代表)
FAX (0868) 24−8219(総務課)
Copyright (C) 1997-2013, Tsuyama National College of Technology