エスペラントて何?

Kio estas Esperanto?

エスペラントというのは1887年にラザーロ=ルドヴィーコ=ザメンホフによって考案・発表された言語です。母語の異なる人々の間で意志疎通をはかろうとしたときに,一方の側の言語である民族語(日本語や朝鮮語やイングランド語など)をもちいると常に生じる言語上の不平等(言語差別)と,民族語の学習・修得の困難さがもたらす言語上の障壁を解消するための補助語として機能することをその目的としています。そのため,「国際語」「世界語」のほかに,「橋渡し言語」などといわれることもあります。語彙などはラテン・ゲルマン・スラヴ各諸語などヨーロッパの言語をもとにしていますが,その構造には日本語・朝鮮語などとも似たところがあり,一概には「ヨーロッパの言語」といえない性格を有しています。
  特に,母語を異にする人々の間の接触の機会が増えている現代にあっては,エスペラントは一層その重要性を増してきているといえます。
(「しょせんヨーロッパの言葉」「えーごでたりる」「『自然語』でしか『感情』は表わせん」「言葉には文化が必要。エスペラントにはそれがない」などといったよくきかれる疑問については,それに答える多くの文献がすでにありますので別に「読書案内」を設けました。)

revenon (戻る)