共同研究・受託研究等

共同研究

共同研究は、民間機関等から研究者及び研究経費等を受け入れて,本校の教員が当該研究 機関等の研究者と共通の課題について共同して行う研究と本校及び民間機関等において共通の課題について分担して行う研究で,本校 において,民間機関等から研究者及び研究経費等,又は研究経費等を受け入れるものがあります。

共同研究の形態

研究開始までの流れ

共同研究申込書(EXCEL) 共同研究契約書(WORD)
津山工業高等専門学校民間等共同研究取扱規程(PDF)

企業等が負担する経費

経費 説明
受入指導料 民間等から研究員を受け入れる場合 年42万円
直接経費 共同研究をする上で必要となる設備品、消耗品、旅費等の経費
間接経費 直接経費の10%
負担する経費 受入指導料(研究員を受入れの場合)+直接経費+間接経費

研究成果

共同研究における研究成果は、公表を原則とします。

特許について

共同研究の結果生じた発明は、共同出願を行い、特許も共有になります。

受託研究

受託研究は、外部から受託を受けて本校教員(以下「研究者」という。)が公務として行う研究で,これに要する経費を受託研究の申込者が負担するものです。

受託研究の形態と研究開始までの流れ

受託研究申込書(WORD) 受託研究契約書(WORD)
津山工業高等専門学校受託研究取扱規程(PDF)

企業等が負担する経費

経費 説明
直接経費 受託研究をする上で必要となる設備品、消耗品、旅費等の経費
間接経費 直接経費の30%
負担する経費 直接経費+間接経費

研究成果

研究が終了時に、報告書を提出します。

特許について

受託研究の結果生じた発明は、原則、本校に帰属します。