学科紹介

総合理工学科 機械システム系

個人情報:佐藤紳二

氏 名 佐藤紳二
Shinji SATOU
職 名 教授
博士(工学)
担当授業 総合理工入門(総合理工学科1年)
設計製作課題演習(機械工学科4年)
機械設計製図III(機械工学科3年)
機械創造演習II(機械工学科3年)
流体機械(機械工学科5年)
応用機械設計(機械工学科5年)
卒業研究(機械工学科5年)
機械・制御システム特別実験(専攻科1年)
機械・制御システム特別研究I(専攻科1年)
流体力学(専攻科2年)
担当校務 寮務主事(校長補佐)
地域共同テクノセンター副センター長
実習工場長
地域共同テクノセンター計算機応用部門長
課外活動指導教員(ハンドボール部)
研究分野
と課題
遠心ポンプの気液二相流性能改善に関する研究
開放形水車を用いたマイクロ水力発電に関する研究
教育研究業績 教育研究業績データベースです。
教育ポリシー 【教育活動の考え方】
 将来,高専を卒業した人間として企業(または大学等)で通用する機械技術者を養成するのが本分と考えている。そのために学生には,確かな専門基礎知識を身に付けるとともに自覚をもって勉学に取り組んでもらうような指導を心掛ける。
【授業への取り組み】
 上記の考え方に基づき,高専の機械工学科の卒業生として修得すべき必要最低限の事項に関しては,そのことを何度も説明して,しっかり身に付けてもらうよう心掛けている。また,少しでも理解しやすく興味をもって取り組めるように,身近な物理現象等を例に挙げて,説明するようにしている。どうしても数式等が主体にならざるを得ない場合は,その数式を扱う目的等を示して,あきらめないで取り組めるように授業を進めている。
【社会へのメッセージ】
 高専の機械工学科卒業生として最低限修得しておくべき事項を,しっかり身に付けた機械技術者を養成するために最大限の努力を続けたい。
個人ページ 個人ページは登録されていません。