学科紹介

総合理工学科 先進科学系

個人情報:柴田典人

氏 名 柴田典人
Norito SHIBATA
職 名 准教授
博士(理学)
担当授業 生物I(1年1組、1年2組、1年3組)
総合理工実験実習(総合理工学科1年)
総合理工入門(総合理工学科1年)
理科実験(先進科学系2年)
チャレンジゼミナール基礎(先進科学系2年)
チャレンジゼミナール(全工学科3年)
生命工学(専攻科1年)
担当校務 学級担任1年3組
寮務委員
教養教育推進室委員
大学等交流促進ワーキンググループ員
課外活動指導教員(サッカー部)
研究分野
と課題
発生学、再生学、幹細胞学
プラナリア幹細胞の維持機構の解明
プラナリア全能性幹細胞の再生過程における増殖・分化の分子実体の解明
プラナリア全能性幹細胞におけるPIWIの役割
霊長類iPS細胞におけるPIWIの役割
教育研究業績 教育研究業績データベースです。
教育ポリシー 【教育活動の考え方】
 地球上の生態は生物の多様性があることで保たれています。ヒトと言う1種類の生き物の中にも様々なヒトがいることで社会が保たれています。さらにヒト一人の体は200種類以上の役割の違う多様な細胞によって作られています。この多様性の大事さを理解できれば、自分や他人が存在する大事さに気がつけるはずです。生物の講義を通して、一緒に多様性が持つ意味を理解していきましょう。
【授業への取り組み】
 生物は身の回りにたくさんいます。少し興味を持てば、周囲を見回すだけでたくさんのことを知ることができます。また、生物の分野は、日々新しい発見が発表されています。私自身が周囲を理解し、また新しい研究成果を勉強し、教科書に載っている事柄との関連を視覚的に理解できるようにお手伝いします。
 質問や意見はいつでも受け付けます。一緒に理解していきましょう。
【社会へのメッセージ】
 再生医療、最新の遺伝子組み換え技術を利用した農業や遺伝子治療、また生命の持つ特性をものづくりに生かすバイオミメティクスなど、生物学的な素養を必要とする社会的分野は急速に広がっています。生物学的素養を持つ高専発の技術者、研究者の育成に努めます。
個人ページ 個人ページは登録されていません。