学校概要

校章・スクールカラー

津山高専の校章とその由来

校章

 本校の所在地である津山の町が生まれたのは、慶長8年、今から約400年前で、美作一国大名として森忠政が信濃の国、川中島から移って今の鶴山に築城したことに始まる。

 藩主の紋所である鶴は、ながく城下町津山の優雅と品格とを象徴するようになった。

 校章は、工業の「工」の字による折鶴の双翼につつみ抱かれる高専の姿を表して、優雅と品格をそなえた誇り高いものとなっている。

スクールカラー

スクールカラー (RGB 38,35,134)

 平成25年7月16日の第13回経営戦略会議においてスクールカラーの詳細が制定された。

 津山高専ではスクールカラーは青色となっていたが,由来やRGBでの数値が決定されていなかった。

 津山高専は昭和38年創立,北緯35度,東経134度に位置することからスクールカラーをRGB(38,35,134)とする提案が承認された。