津山高専 陸上競技部 OB会 規約
(名称)
第1条  本会の名称は「津山高専陸上競技部OB会」とする。
(目的)
第2条  本会は会員相互の親睦や連絡を密にし、後輩の育成にあたり、津山高専陸上競技部
 の充実や発展に寄与することを目的とする。
第3条  本会の事務局を陸上競技部に置く。
(組織)
第4条  第1項 正会員   陸上競技部出身者で入会を希望する者。
 第2項 特別会員 陸上競技部関係者で本会の目的に賛同する者
(役員)
第5条  第1項 本会には次の役員を置く
   会長     1名
   副会長    2名
   会計     1名
   監査     1名
 第2項 役員の選出及び任期
   役員の選出は第8条で定める総会において会員の互選とし、任期は2年とする。
(職務)
第6条  会長は、本会を代表し、会務を総括し、総会や定例行事の執行長にあたる。
 副会長は会長を補佐し、会長に事故があるときはこれを代行する。
 会計は本会の一般収支の責にあたる。
 監査は会計収支の監査を行う。
(経費)
第7条  本会の経費は、会費や入会金及びその他の収入による。会計は4月1日〜3月31日とする。
   第1項 入会金  2千円(入会時)
   第2項 会費    3千円(年会費) ただし入会年度は免除する。また学生は2千円とする。
(総会)
第8条  総会は年1回以上開催し、会務並びに会計報告をする。
 定例行事として記録会を催す。
(規約の改訂)
第9条  本規約の改訂は、第8条に定める総会で行うものとする。
(慶弔規定)
第10条  この規定は、津山高専陸上競技部部員およびかつて部員だったものの慶弔に関して定める。
  第1項  陸上競技部部員が、全国高専大会の種目で津山高専陸上競技部の3位までの歴代記録を
        塗り替えた場合、下記金額の激励金を付する。ただし女子は一位のみとする。
          個人種目の場合  一位 1万円、二位 5千円、三位 3千円
          リレーの場合     一位1人 5千円
  第2項  OB会会員に不慮の事故等があった場合、下記見舞金等を付する。
          死亡の場合     3千円
(その他)
第11条  その他特別なことについてはOB会長が定める。
第12条  本会の設立年月日は、第1回津山高専陸上競技部OB会の1992(平成4)年5月4日とする。
付則
1 この規約は2015(平成27)年5月3日より改訂し、施行する。
2 第4条第1項中「陸上競技部出身者」とあるのは、一度でも陸上競技部に籍をおいた学生のこととする。
3 第4条第2項中「陸上競技部関係者」とあるのは、顧問やコーチのこととする。
4 第7条第1項中「入会時」とあるのは、原則として卒業時のこととする。
 
津山高専陸上競技部OB会 郵便口座番号
01260-3-32344 津山高専陸上競技部OB会