現在の場所:トップ > 最近のできごと > 過去のできごと(一覧) > 過去のできごと(平成26年6月)


 津山高専の平成26年6月のできごとです。

6月29日に卓球部等が美作地区加盟団体前期卓球リーグ戦大会に参加しました

Dekigoto 2014-06-29 Table Tennis Kamei Dantai H26 Zenki  6月29日(日)に、津山卓球協会が主催する「平成26年度美作地区加盟団体前期卓球リーグ戦大会」が、津山総合体育館で開催されました。
 この大会では実力別に1部・2部・3部・4部・5部(男子のみ)に分けての順位決定戦が行われ、基本的に1位は上位リーグへ、 最下位は下部リーグへの入れ替えが行われます。
 本校からは、男子の部には卓球部の男子部員による4チーム(A〜D)と卒業生・教職員チーム「弥生クラブ」、女子の部には部員と外部の方の混成チーム「弥生クラブ」の、合計6チームが参戦しました。
 左の写真は男子1部リーグの試合の様子で、津山高専Aチームの井上選手が、本校卓球部コーチをしていただいている山本選手と対戦しているところです。
Dekigoto 2014-06-29 Table Tennis Kamei Dantai H26 Zenki  各チームの試合の結果は、以下のとおりです。

 【男子の部】
 津山高専A(左の写真):1部リーグで3位入賞
 津山高専B:2部リーグで3位入賞
 津山高専C:4部リーグで2位入賞
 津山高専D:4部リーグで3位入賞
 弥生クラブ:3部リーグで3位入賞

 【女子の部】
 弥生クラブ:1部リーグで4位で、リーグ残留

6月28日に開催された全国高専プログラミングコンテスト予選において3部門すべてで予選通過しました

Dekigoto 2014-06-28 Procon Yosen  6月28日(土)に関東ITソフトウェア健保会館・市ケ谷会議室において、全国高等専門学校第25回プログラミングコンテストの予選が行われました。
 全国の高専から応募のあった56校(60キャンパス)171テーマから審査が行われ、津山高専システム研究部は自由・課題・競技部門の3部門すべてで予選通過することができました。
 これは第18回大会(平成19年:津山大会)に次いで7年ぶり2度目の快挙です。
 各チームは10月18日(土)〜 19日(日)に岩手県の一関文化センターで開催される本選を目指してプログラムの開発を進めていきます。
 以下に予選通過チームのタイトルとプロジェクトマネージャからのコメントを紹介します。

 自由部門「Writening」(情報工学科5年 末田くん)
 デジタルペンというかなりイロモノなアイテムを使うプロジェクトなのですが、アイデアの段階からかなり自信あったこともあり手応えを感じています。
 まず第一段階はクリアしたので、思い描いた内容をこれから全力でコードに落とし込んで行きたいと思います。

 課題部門「Grouper」(情報工学科2年 萩原くん)
 Grouperはグループを作成するためのスマートフォン向けアプリです。
 既存のものとは違い、「災害時にも便利に使える」ということで課題部門への応募となりました。
 本選に出場するからには、「さすが!」といわれるアプリを作ろうと思っています。

 競技部門「ご注文はパズルですか? 」(情報工学科3年 小林くん)
 去年に続き2回目の競技部門なので、そのときの経験も活かして上位を目指して行きたいです。
 開発を通してメンバーのみんながレベルアップしていけばいいなと思ってます。

6月27日に2年生学年懇話会が開かれました

Dekigoto 2014-06-27 2-nensei Gakunen Jonwakai  6月27日(金)に2年生学年懇話会が開かれました。
 約55名の保護者の方にご参加いただき、有意義な時間を過ごすことができました。

 まず午後6時半から7時までの30分間は、各クラスに分かれて担任教員によるプレゼンが行われました。
 担任のポリシーの説明、工場見学などの行事報告、クラスの状況などの情報提供がなされました(写真左)。
Dekigoto 2014-06-27 2-nensei Gakunen Jonwakai  続いて7時10分からは、合併教室で全体会が行われました。
 2年団教員の紹介から始まり、江原教員による2年団ホームページの紹介(写真左)、続いて進路支援委員長の山本教員から昨年度の就職・進学状況に関する情報提供がなされました。
 どの保護者も熱心に聞いておられ、このような機会を設けてよかったと思っています。
Dekigoto 2014-06-27 2-nensei Gakunen Jonwakai  最後は質疑応答(写真左)でしたが、教員サイドからの説明が多くなってしまい、保護者の率直な意見があまり聞けなかったことが反省点です。
 そうは言っても、全体的には十分に意義のある集会であったと思われます。

6月25日に4クラスが校外教育(工場見学)へ出かけました

Dekigoto 2014-06-25 Kougai Kyouiku  6月25日(水)に、2年生2クラスと4年生2クラスが、先週に続いて校外教育(工場見学)に出かけました。
  機械工学科2年:(株)本山合金製作所・池田精工(株)
  電気電子工学科2年:中国電力(株) 水島発電所・サノヤス造船(株) 水島製造所
  電子制御工学科4年:オーエヌ工業(株)・三菱自動車(株) 水島製作所
  情報工学科4年:キリンビアパーク神戸・西日本電信電話(株) 大阪支店

 出発式(左の写真)では則次校長より、普段の学校生活では勉強できない工場見学のポイントや心構えのお話があり、津山高専を代表していることを忘れないようにとのことでした。

6月24日に進学ガイダンスを実施しました

Dekigoto 2014-06-24 Shingaku Guidance  6月月24日(火)に進学ガイダンスを実施しました。
 本校から大学や専攻科に進学した講演講師4人が、それぞれの勉強方法や編入学試験受験時の体験談を交えながら、後輩に向けて、進学のアドバイスをしてくれました。
 昨年度から夏休み前の実施となった進学ガイダンスですが、夏休み中に、進学に向けての準備や保護者の方との話し合いを進めてもらうきっかけになればと思います。
 左の写真は、本校の専攻科 機械・制御システム工学専攻の小出くんが自身の編入学試験の体験を話しているところです。

6月24日に救急処置実技講習会を実施しました

Dekigoto 2014-06-24 Kyuukyuu Shochi Jitsugi Koushuukai  6月月24日(火)16時30分から、第二体育館において、津山圏域消防組合の救急救命士4名を講師に、新入寮生を対象とした救急処置実技講習会を実施しました。
 4グループに分かれ「心肺蘇生法」と「自動体外式除細動器(AED)」の取扱いを、ダミー人形を使って指導を受けました。
 どのような状況で使用するか、どのような事例があるか、野球部の事例などの説明もあり、状況を設定しての実践的な講習でした。
 「初めて経験する学生も多く、この講習を受けたことによって、少しでも多くの命が救われるようになったと思います」と、防災委員会委員長の中浜くんより感謝の気持ちが伝えられました。

6月23日に創立50周年記念事業委員会を開催しました

Dekigoto 2014-06-23 Souritsu 50-shuunen Kinen Jigyou Iinkai  6月23日(月)創立50周年記念事業委員会を開催し、委員長の則次校長をはじめ植月副校長、同窓会の末澤会長、後援会の尾原会長、森原事務部長の各委員により、創立50周年記念事業の各活動内容の報告および寄附金の収支について審議が行われました。
 「われら津山高専卒業生50th〜世界にはばたく67人のストーリー〜」を同窓会の寄附により刊行したこと、昨年10月に記念講演会(講演者:ノーベル化学賞受賞の白川英樹博士と卒業生の井上恭輔氏)、記念式典および記念祝賀会を開催し、来賓をはじめ多数の参加をいただいたこと、白川英樹先生と廣木一亮准教授による化学実験体験教室を開催したこと、「津山工業高等専門学校50周年記念誌」を今年3月末に刊行したこと、乗用自動車3台(8人乗り乗用車〔セレナ〕、5人乗り乗用車〔アクア〕、1.25tトラック〔ダイナ〕)を購入しすでに稼働率も高い状態で活用していること、校旗およびバックパネルボードを購入したこと、学生・教員支援金を設立したことなど報告があり承認されました。
 校長から、予定されていたすべての創立50周年記念事業が終了し、この会議の終了を宣言し解散する旨発言があり、委員をはじめ関係者に対し多大なる協力と尽力に対し、感謝の意が示されました。

6月23日に専攻科の先端技術特別講義が行われました

Dekigoto 2014-06-23 Sentan Gijutsu Tokubetsu Kougi  6月23日(月)に専攻科の平成26年度第2回先端技術特別講義が、次のテーマで行われました。
 講師は、九州工業大学大学院生命体工学研究科の先生方と本校OBです。

・「柔らかいロボットのアクチュエータ・センサ」
 九州工業大学大学院生命体工学研究科 高嶋一登准教授
・「ビッグデータ解析でおすすめ映画システム」
 九州工業大学大学院生命体工学研究科 古川徹生教授・伊達洋祐氏(津山高専OB)
Dekigoto 2014-06-23 Sentan Gijutsu Tokubetsu Kougi  参加した専攻科学生は、講義を熱心に聴いていました。
 興味のある本科学生と教職員も参加していました。
 また、九州工業大学大学院生命体工学研究科の説明があり、進路選択の参考としました。

 左上の写真は高嶋准教授、左の写真は情報工学科卒業生の伊達氏です。

6月22日にディジタル技術検定の本校会場試験を実施しました

Dekigoto 2014-06-22 Digital Gijutsu Kentai  6月22日(日)に第48回ディジタル技術検定試験(公益財団法人国際文化カレッジ実施、文部科学省後援)の本校会場試験を実施しました。
 この検定は、多くの産業に応用されている制御から情報処理までのディジタル技術を問うものです。
 本校電子制御工学科および情報工学科の学生が各部門に挑戦し、熱心に問題に取り組んでいました。
 合格発表は約1ヵ月後です。
 無事合格することが期待されます。
 左の写真は試験に臨む本校学生です。

6月21日・22日に中国地区高専執行長会議および文化連盟運営委員会が開催されました

Dekigoto 2014-06-21 Shukkouchou Kaigi  6月21日(土)・22日(日)に、平成26年度中国地区高等専門学校学生会の執行長会議および文化連盟運営委員会が、本校を幹事校として津山スポーツロッジ弥生荘において開催されました。
 各高専を代表して集まった計26名の参加者により、学生会活動や高専祭運営について活発な議論が交わされました。
 本校からは7名が参加し、会議における意見・情報交換はもちろん、議事の進行役も務めました。

 左の写真は、1日目の全体会の様子です。

6月21日にクライミング同好会が「グラビティリサーチツアー岡山予選」に参加しました

Dekigoto 2014-06-21 Climbing Doukoukai Taikai Sanka  6月21日(土)に岡山市のグラビティリサーチ岡山で開催された「グラビティリサーチツアー岡山予選」に、本校のクライミング同好会2名が参加しました。
 大会は、上級者向けのボルダリングエキスパートクラスと中級者向けのボルダリングミドルクラスおよび初級者向けのボルダリングファンクラスの3部門がありました。

 情報工学科5年生の小福田くんはアジアユース大会2位の実力を出し、エキスパートクラスで2位になりました。
 左の写真は、華麗な技をみせる小福田くんです。
Dekigoto 2014-06-21 Climbing Doukoukai Taikai Sanka  また、電気電子工学科2年生の本岡くんは、クライミングを始めてからまだ1年余りですが良く健闘して、ファンクラスで3位と活躍しました。
 左の写真は、アグレッシブに攻める本岡くんです。

 この結果、二人は8月に大阪で行われる「グラビティリサーチなんば決勝大会」の本戦に出場できることになりました。

6月20日から22日に留学生交流シンポジウムに参加しました

Dekigoto 2014-06-20 Ryuugakusei Kouryuu Symposium  津山高専が主管して活動している事業に「中国地区高専学生国際交流支援コンソーシアム」があります。
 その事業の一環として留学生交流シンポジウムを、6月20日(金)〜22日(日)に国立吉備青少年自然の家にて開催しました。
 参加学生は中国地区高専学生で、留学生24名(インドネシア、カンボジア、マレーシア、モンゴル、ラオス、中国)と日本人学生32名の合計56名でした。
 1年生から5年生までの幅広い年代の学生が、外部講師を招いての講演会、国際理解のためのワークショップなどを通じて国際的技術者として何が必要かを学び、野外炊事やスポーツなどのアクティビティを通して交流を深めました。
 左は参加学生の集合写真、左下は野外炊事を楽しむ様子です。
Dekigoto 2014-06-20 Ryuugakusei Kouryuu Symposium  リピーターの学生もいましたが、初めて参加する学生も多く、最初はどことなく遠慮がちでしたが、徐々に打ち解けあい最終日には別れを惜しむ学生がほとんどでした。
 自国だけでなく他国の学生との絆も深まったようでした。
 今年で4回目を迎えた留学生交流シンポジウムですが、今年も学生から「来年もまた参加したいです!」と言った声があがり、好評のうちに終了しました。
 この場を借り、参加された学生や引率教員の方々に厚くお礼を申し上げます。

6月19日に北辰寮の防火避難訓練を実施しました

Dekigoto 2014-06-19 Bouka Hinan Kunren  6月19日(木)19時40分から、北辰寮の防火避難訓練を実施しました。
 夜間に寮棟から火災が発生したことを想定し、火災発生時の迅速な避難と全寮生の安否確認の訓練を、毎年この時期に実施しています。

 4寮棟内で発煙筒を焚き、非常ベルが鳴り響くなか、第2体育館へ避難しました。
Dekigoto 2014-06-19 Bouka Hinan Kunren  煙で視界が悪いなか避難したため、臨場感あふれる訓練となりました。
 この訓練を通じて寮生の役割分担も再確認することができ、貴重な体験となりました。

 左上の写真は発煙筒の様子、左の写真は避難した寮生の様子です。

6月19日・20日に専攻科特別研究テーマ発表会を開催しました

Dekigoto 2014-06-19 Theme Happyoukai  6月19日(木)に、専攻科電子・情報システム工学専攻の1年生9名が、テーマ発表会として、専攻科2年間で実施する特別研究の概要や研究計画について発表しました。
 ほとんどの学生は、本科で実施した卒業研究を継承するテーマに取り組んでおり、それを進展させるものとなっています。
 校長・特別研究の指導教員も参加し、質疑応答を行いました。
 専攻科では、2年間で発表機会が4回あり、そのうちの最初の発表会です。
 さらに、1回以上の学会での外部発表することが義務づけられています。
 今後、特別研究において成果が上がることを期待します。
Dekigoto 2014-06-20 Theme Happyoukai  6月20日(金)に、機械・制御システム工学専攻の専攻科1年生10名が、特別研究の概要や実施計画について発表しました。
 発表では主に、これから取り組んでいく研究の背景や目的と専攻科2年間で実施する研究計画について述べました。
 多くの学生は本科5年生で実施した卒業研究を継承するテーマに取り組んでおり、充実した発表内容でした。
 専攻科では、特別研究を問題解決能力や創造力の育成だけでなく、文化・経済・環境・倫理等の社会的観点から問題点を認識する能力、プレゼンテーション能力を総合的に養う重要な科目として位置付けています。
 2年間にわたる研究活動を、主体性をもって取り組んでくれることを期待しています。

6月19日に校長と学生会の懇話会を実施しました

Dekigoto 2014-06-19 Kouchou Gakuseikai Konwakai  6月19日(木)に、校長と学生会の懇話会を実施しました。
 校長、学生会長と学生会の役員3名が、学生から学校への要望について話し合いました。
 学生たちは、最初は緊張していたようですが、会が始まると、笑顔を見せながら、落ち着いた様子で話していました。

6月18日に1年生を対象にした校外教育を行いました

Dekigoto 2014-06-18 1-nen Kougai Kouiku  6月18日(水)にグリーンヒルズ・リージョンセンターで、1年生を対象に校外教育を行いました。
 外部から3名の著名な講師を招いて、講演や詩のライブ、トークショーなど多彩な知的遊びを楽しむ一日という企画です。

 まず、棟方志功と柳井道弘(M&Y)記念館の館長である松田信也さんから、棟方志功が津山ととても関係が深いといった話や、津山市にある日本一のものをたくさん紹介され、学生たちはとても興味深く聴き入っていました。
Dekigoto 2014-06-18 1-nen Kougai Kouiku  続いて、詩の朗読パフォーマンスユニットしずくろんの晴居彗星さんともこもこさんによる、自由な発想の現代詩の朗読ライブに心地良い知的刺激を受けました。

 午後の最初は、学生の自作の詩のコンテストを行いました。
 各クラス4名の代表による朗読に、会場は大いに盛り上がりました。
 審査結果は、晴居彗星賞が「宇宙一の快感」(井上智仁さん)、もこもこ賞が「ゴリラ」(越智順一さん)、1年担任団賞が「甲子園」(宮崎綾音さん)でした。
Dekigoto 2014-06-18 1-nen Kougai Kouiku  最後に「俳句ポーカー」で、晴居彗星さんともこもこさんと学生を交えて、「5・7・5という定型詩」と「偶然性の文学(シュルレアリスム)」というテーマで、言葉遊びを楽しみました。
 檀上に上がってくれた20人ほどの人たちが、客席に楽しいパフォーマンスを披露してくれ、校外教育を締めくくってくれました。

 外はあいにくの雨模様でしたが、会場のペンタホールは知的興奮で熱気に溢れ、充実した一日となりました。

6月18日に入学者選抜に関する中学校との意見交換会が行われました

Dekigoto 2014-06-18 Chuugakkou Iken Koukankai  6月18日(水)に、入学者選抜に関して中学校との意見交換会が行われました。
 近隣中学校ならびに県南中学校の進路指導の先生方に来校いただき、貴重なご意見やご提言をいただきました。
 意見交換会で出た内容は、今後の入試業務の参考とさせていただきます。

6月18日に3クラスが校外教育(工場見学)へ出かけました

Dekigoto 2014-06-18 Kougai Kyouiku  6月18日(水)に、2年生2クラスと4年生1クラスが、校外教育(工場見学)に出かけました。

 電子制御工学科2年:タカヤ(株) 出部工場・JFEスチール(株) 西日本製鉄所
 情報工学科2年:計算科学振興財団 高度計算科学研究支援センター・独立行政法人理化学研究所 計算科学研究機構
 電気電子工学科4年:俣野川揚水発電所・日野変電所・島根原子力発電所
 学校を離れて工場等を見学し、自分の将来を考える機会にと設けている行事です。
 左の写真は、出発式で校長先生の話を聞く様子です。

6月18日に専攻科学力入試(前期)の合格発表を行いました

Dekigoto 2014-06-18 Senkouka Gakuryoku Nyuushi Goukaku Happyou  6月18日(水)午前9時に、平成27年度専攻科学力入試(前期)の合格発表を行いました。
 今回の前期学力入試では、機械・制御システム工学専攻5名、電子・情報システム工学専攻9名の合計14名が合格しました。

 12月には後期学力・社会人特別入試を実施します。

6月17日に安全衛生委員会「産業医による職場巡視」を実施しました

Dekigoto 2014-06-17 Shokuba Junshi  津山高専では、教職員の安全意識の向上と職場環境の改善に取り組んでいます。
 その一環として、毎月一回安全衛生委員会を開催し、その後、安全・衛生という観点で各職場の巡視を行っています。
 通常業務時や災害発生時の事故の未然防止も、その目的の一つです。
 その会議・巡視には職員だけでなく、学外の産業医にも参加していただいています。

 今月は6月17日(火)に、今年度3回目の職場巡視を実施しました。
 今回の該当場所は「学生課事務室」「保健室」「非常勤講師室」でした。
 うっかりと防火扉の前にものを置いたりしている場合などがあり、その都度、指摘しながらお互いに安全意識を高める努力をしています。

6月17日に津山市立成名小学校にて極低温実験の出前授業をしてきました

Dekigoto 2014-06-17 Demae Jugyou  6月17日(火)に津山市立成名小学校(津山市野村)にて、極低温実験の出前授業をしてきました。
 液体窒素をテーブルにこぼして気化させたり、風船を液体窒素に漬けてしぼませ液体空気を作製したり、フィルムケース内に液体窒素を入れ気化した窒素の圧力でキャップが飛ぶ実験を、一緒にしてきました。
 また、原田研究室で作製したバルクの超伝導現象を見るなどして、低温の不思議な現象に子どもたちはビックリしていました。
 特に液体窒素で凍らせたマシュマロは食感が良く大好評でした。
 写真は、風船を液体窒素に入れ、風船がしぼむ様子です。
 児童は興味津々で見ていました。

6月14日・15日に水泳部が岡山県高等学校総合体育大会に参加しました

Dekigoto 2014-06-14 Suiei Koukou Soutai  6月14日(土)と15日(日)に倉敷市屋内水泳センターにて開催されました標記大会に水泳部員7名が参加し、400mフリーリレー、50m自由形、200m平泳ぎ、200m自由形、200mバタフライ、100m平泳ぎ、200m個人メドレー、100m自由形に出場しました。
 前期中間試験後の間もない日程でありましたが、全員よく頑張りました。
 特に杉山数馬選手(1年生)は200mバタフライ2'17"88(5位)、200m個人メドレー2'21"21(7位)の成績で、7月に松江市で開催される中国高等学校選手権水泳競技大会出場資格を得ることができました。

6月11日に平成26年度第1回FD研修会が開催されました

Dekigoto 2014-06-11 FD Kenshuukai  6月11日(水)、平成26年度第1回FD研修会が開催されました。
 今年度は、「津山高専の高度化再編の具体化に向けて」を年間テーマに設定し、全4回のFD研修会を計画しております。
 第1回目となる今回は「新学科カリキュラムとモデルコアカリキュラムとの整合に向けて」をテーマに、函館高専の浜 克己先生に、演題「モデルコアカリキュラムの導入実施に関する留意点について」を講演していただきました。
 質疑応答では、活発な議論や意見交換が行われ、今後の津山高専の学科改組の具体化の参考となるとともに、教職員各個が改組についての認識を深め、何をすべきかを考えるきっかけとなる研修会となりました。

6月11日に鏡野中学校の進路説明会に卒業生が出向き挨拶をしました

Dekigoto 2014-06-11 Shinro Setsumeikai  6月11日(水)に、鏡野中学校で行われた進路説明会に、教員と学生が参加しました。
 3年生の中学生と保護者に対して、津山高専の学習生活・課外活動・進路状況などをPRをしてきました。
 最後に、鏡野中学校出身で現在津山高専1年生である池田くんと澤田さんより、津山高専の学生生活について紹介がありました。

6月8日に第7回環境・エネルギーシンポジウムを開催しました

Dekigoto 2014-06-08 Kankyou Energy Symposium  6月8日(日)に、岡山大学、日本原子力研究開発機構人形峠環境技術センターと合同で、第7回環境・エネルギーシンポジウムを岡山コンベンションセンターで開催しました。
 海外からも講師を招聘し、「エネルギーとプロセス産業のための安全と環境」と題して、東日本大震災を教訓としたリスク管理について、すべて英語で講演していただきました。
 本校からも専攻科生17名が参加し、熱心に耳を傾けていました。

6月7日にバレーボール部が岡山県高等学校総合体育大会に参加しました

Dekigoto 2014-06-07 Volleyball Koukou Soutai  5月31日(土)に勝ち残ったベスト16校が、6月7日(土)に金光学園中学高等学校に勢揃いし、ベスト4を目指したトーナメント戦を行いました。
 本校は前回と同じく6人の選手だけで、関西高校と対戦しました。
 左の写真は、関西高校のサーブを苦しみながらもレシーブするところです。
 試合は接戦となりましたが、セットカウント0−2(22-25、21-25)で負け、最終結果はベスト16ということになりました。
 試験期間中にも関わらず奮闘した部員達と、応援に駆け付けていただいた保護者の皆様に、お礼申し上げます。

6月5日から前期中間試験が始まりました

Dekigoto 2014-06-05 Zenki Chuukan Shiken  6月5日(木)から6月11日(水)までの一週間は、本科の前期中間試験です。
 各教科ともに、これまでの学習の成果を測り今後の授業の進め方を確認する大切な試験です。
 学生の皆さんは、暑い日が続いていますが、十分な準備のもと、学習成果を存分に発揮してください。

 写真は、「流体工学I」の試験問題に取り組んでいる様子です。

6月3日に本校恒例の「技術者倫理講演会」が開催されました

Dekigoto 2014-06-03 Demae Jugyou  6月3日(火)に本校恒例の「技術者倫理講演会」が開催されました。
 専攻科生を対象に、大久保裕志 氏(中国電力株式会社)が「技術者倫理の実践」と題して、講演されました。
 学生との質疑応答では、活発なやりとりが行われました。

6月3日に極低温実験の出前授業をしてきました

Dekigoto 2014-06-03 Demae Jugyou  6月3日(火)に鏡野町立富小学校(鏡野町富西谷)にて極低温実験の出前授業をしてきました。
 液体窒素をテーブルにこぼして気化させたり、風船を液体窒素に漬けて萎ませ液体空気を作製したり、フィルムケース内に液体窒素を入れ、気化した窒素の圧力でキャップが飛ぶ実験を一緒にしてきました。
 また、原田研究室で作製したバルクの超伝導現象を見るなどして、低温の不思議な現象に子どもたちはビックリしていました。
 特に液体窒素で凍らせたマシュマロは食感が良く大好評でした。
 写真は、フィルムケース内に液体窒素を入れ、キャップが天井まで飛んだ後の様子で、児童は興味津々で見ていました。

〒708-8509 岡山県津山市沼624-1
電話 (0868) 24−8200(代表)
FAX (0868) 24−8219(総務課)
Copyright (C) 1997-2015 National Institute of Technology, Tsuyama College