現在の場所:トップ > 最近のできごと > 過去のできごと(一覧) > 過去のできごと(平成25年12月)


 津山高専の平成25年12月のできごとです。

12月25日・26日に卓球部が岡山県高等学校新人卓球大会に出場しました

Dekigoto 2013-12-25 Shinjin Takkyu Taikai  12月25日(水)・26日(木)に、岡山市浦安体育館で開催された岡山県高等学校新人卓球大会に、津山高専卓球部が参加ました。
 初日は団体戦、二日目はダブルスが行われました。
 本校からは、男子団体、女子団体、ダブルスは男子5組、女子2組が参加しました。
Dekigoto 2013-12-25 Shinjin Takkyu Taikai  団体は、男女ともに初戦敗退という残念な結果となりました。
 ダブルスでは、女子が3回戦に進む健闘を見せてくれました。

 写真はいずれも団体戦の様子で、左上が男子、左が女子です。

12月24日にブックハンティングを行いました

Dekigoto 2013-12-24 Book Hunting  12月24日(火)に丸善岡山シンフォニービル店でブックハンティングを行いました。
 学生図書委員3名、教職員3名が参加し、店頭で実際に本を手に取りながら、学習・研究に役立ちそうな本や、小説などを選びました。

 今回のブックハンティングで選ばれた本が図書館に届きましたら、Twitterなどでもお知らせしますので、ぜひ図書館に来て手に取ってみてください。

12月23日にレゴロボット競技会に参加しました

Dekigoto 2013-12-23 smart2013  12月23日(月)に徳島文理大学香川キャンパスで開催されたSMART2013(四国移動型&自立型ロボット競技会)に、情報工学科大西研究室4年生(安東潤、花房来美、湯汲香菜子)と曽利研究室4年生(大橋有美、木村祐己、小福田透、寺元玲奈、豊福幹也)の計3チームが参加しました。
 例年このロボット競技大会は、四国の大学・高専が中心となって行われており、今大会は27チーム81名の参加者がありました。
 今年の競技課題はトライアスロンを模擬しており、種々の障害物が配置されたMissionをクリアする競技となっています。
 津山高専から参加した3チームの内1チームが、決勝トーナメントベスト8まで勝ち上がることができました。
 学生たちは、この大会を通じてものづくりの楽しさ、チームワーク力やアイデア具現化の難しさなど、いろいろと感じるものがあったようです。

12月22日に卓球部が岡山県高等学校美作地区卓球大会に出場しました

Dekigoto 2013-12-22 Mimasaka-chiku Takkyuu Taikai  12月22日(日)に真庭市久世町の久世体育館で、美作地区高等学校卓球大会が開催されました。
 この大会は、県北地域の各高校卓球部員の強化を目的として毎年開催されているものです。
 例年夏に行われるのですが、今年度は体育館の都合で冬開催となりました。

 本校からは、男子10名,女子3名が参加しました。
Dekigoto 2013-12-22 Mimasaka-chiku Takkyuu Taikai  本校選手の主要な結果は、以下のとおりです。

男子
  第4位:丸尾 健太(1年3組)
 ベスト8:中山 将希(1年2組)
ベスト16:高橋 陽生(電子制御工学科2年生)
      國米 裕介(1年3組)
      松永 和也(1年1組)

 左上の写真は花田選手の試合の様子、左の写真は中山選手の試合の様子です。
Dekigoto 2013-12-22 Mimasaka-chiku Takkyuu Taikai 女子
  第4位:大塚 友美子(電気電子工学科2年生)
ベスト16:松本 愛理(情報工学科2年生)

 左の写真は男子優勝トロフィーで、本校OBの大塚選手の帯がついており、その奥で大塚選手が準決勝をしております。

12月21日と22日にバレーボール部が岡山県高等学校バレーボール新人大会美作地区予選会に出場しました

Dekigoto 2013-12-21 Volleyball Shinjin Taikai  本校バレーボール部(男子)が、12月21日(土)と22日(日)に津山工業高等学校体育館で行われた平成25年度岡山県高等学校バレーボール新人大会美作地区予選会に参加しました。
 男子の部には津山工業、勝山、津山東、美作、高専および津山・林野・勝間田の合同チームの合計6チームが参加しました。
 大会1日目は3チームずつに分けての予選リーグ戦が行われ、本校はBリーグで美作には負けましたが合同チームに勝利し、2位という結果でした。
 大会2日目は決勝トーナメント戦が行われ、津山東と津山工業には勝利したものの、続く決勝戦で美作に敗退し、準優勝となりました。
 今大会は、左の写真の6人だけでの参加で、参加そのものが危ぶまれるようなギリギリの状態でしたが、素晴らしい結果でした。
 1月18日(土)に行われる県大会へ向け引き続きがんばっていきますので、ご支援・ご声援をよろしくお願いいたします。
Dekigoto 2013-12-21 Volleyball Shinjin Taikai  本校バレーボール部(女子)は2年生以下が5名しかいないため、蒜山高校(部員数2名)との合同チームとして新人大会に出場しました。
 女子の部には美作、津山東、勝山、高専・蒜山合同チーム、津山、津山商業、林野、真庭の合計8チームが参加しました。
 大会初日は4チームずつの予選リーグ戦が行われました。
 本校は美作(本大会優勝校)、津山東(4位)、勝山(3位)とそれぞれ対戦し、3敗で残念ながら予選敗退となりました。
 試合には勝てませんでしたが、蒜山高校をはじめ、周りの協力がなければ出場自体叶いませんでした。
 ご協力いただいたすべての方々に、この場を借りてお礼申し上げます
 次は一つでも勝てるよう精進してまいりますので、今後ともご支援・ご声援をよろしくお願いいたします。

12月19日に普通救命講習Iを実施しました

Dekigoto 2013-12-19 Futsuu Kyumei Koushuu I  12月19日(木)に津山圏域消防組合から講師を招き、教職員を対象にした普通救命講習Iを実施しました。
 これは、本校の安全衛生活動の一環として平成18年度から実施しているもので、今年度は教職員24名が受講しました。
 講習会では、救急処置の重要性や必要性についての講義の後、実際に人形を使用し、心肺蘇生法から自動体外除細動器(AED)の使用方法などの実技講習が行われました。
 受講者は実際の場面を想定しつつ訓練に臨み、万が一のことが起こったときの対応に理解を深めました。

12月19日に津山市立中道中学校へ出前授業に行きました

Dekigoto 2013-12-19 Demae Jugyou  電気電子工学科3年生6人が、12月19日(木)に津山市立中道中学校へ出前授業に行きました。
 内容は、マイコンを使った簡単な電子回路の作製とプログラミングです。
 今回は、電子サイコロを作りました。
 とても楽しい授業になったと思います。

12月17日に津山市立北陵中学校へ出前授業に行きました

Dekigoto 2013-12-17 Demae Jugyou  電気電子工学科3年生5人が、12月17日(火)に津山市立北陵中学校へ出前授業に行きました。
 内容は、マイコンを使った簡単な電子回路の作製とプログラミングです。
 始めにあらかじめ用意した回路とプログラムを作製し、最後は思い思いの回路やプログラムを作りました。
 とても楽しい授業になったと思います。

12月15日につやま市ロボコンに参加しました

Dekigoto 2013-12-15 Tsuyama City Robot Contest  12月15日(日)に、津山高専低学年6チームが津山ロボットコンテストに参加しました。
 コンテストには県内外から21チームが参加し、予選リーグ、決勝トーナメントおよび製作発表(プレゼンテーション)が行われました。

 今年度は「駆け抜けろ1300年!!美作国建国ロボコン」と題し、美作国建国1300年にちなんだテーマとして、1300cmのフィールドを駆け抜ける「障害物競走」でした。
 競技コースでは、4つのハシゴを通過し、サクラの枝に短冊をかけ、ハードルを越えた後、でこぼこ道を通過し、トンネルを抜けて、再び別のでこぼこ道を通過し、平均台の上を通過してから、ゴールへとなっています。

Dekigoto 2013-12-15 Tsuyama City Robot Contest  競技の他に各チームのロボットの製作発表も行われました。

 競技の結果、情報総研の3・4年チーム(ASD)がプレゼンテーション賞を、情報総研の2年チーム(CMD)がメカニック賞を、電子制御工学科2年チーム(RoPot)がデザイン賞を受賞しました。
 低学年でありながら3つの賞を受賞し、かなり良い成績を収めました。

 詳しい競技結果は、地域のロボット大会のページをご覧ください。

12月15日に日本情報オリンピック (JOI)予選に参加しました

Dekigoto 2013-12-15 JOI Yosen  12月15日(日)に日本情報オリンピック(Japanese Olympiad in Informatics, JOI)が開催する第13回日本情報オリンピック予選競技が開催され、本校システム研究部から20名の学生(1・2年生、その他)が参加しました。
 この競技では、6つのさまざまな問題に対して競技時間(3時間)中に解答を求めるプログラムが作成できるかを競います。
 インターネット経由で参加できるので、総合情報センター基礎演習室(マルチパーパス(情報))を会場にして、静かな熱戦が繰り広げられました。
 左の写真は、競技中の様子です。
 予選の結果は後日に発表され、成績が良ければ全国大会・代表選考会に進める可能性があります。
 詳しくは、「情報オリンピック」のページをご覧ください。

12月15日に卓球部が美作地区ダブルス卓球選手権大会に出場しました

Dekigoto 2013-12-15 Table Tennis Mimasaka Doubles  12月15日(日)に、津山卓球協会主催の第37回美作地区ダブルス卓球選手権大会が津山総合体育館で開催されました。
 この大会では、一般男子・一般女子・男女混合などのダブルス戦が行われ、本校卓球部からは男子5組・女子3組・混合6組が出場しました。
 それぞれに奮闘しましたが、本校関係の最高の結果は以下のとおりです。

一般男子ダブルス
 準優勝 國米良太(電子制御工学科5年) 井上琢洋(電気電子工学科4年)
混合ダブルス
 準優勝 國米良太(電子制御工学科5年) 長田寛子(美作高校3年)

 左の写真は一般男子の決勝戦の様子で、奥側が本校の國米・井上ペアです。

12月14日と18日に吹奏楽部と歌唱部が慰問演奏会を開催しました

Dekigoto 2013-12-14 Imon Ensoukai  吹奏楽部と歌唱同好会が、12月14日(土)に介護老人保健施設「弥生ケ丘」で、12月18日(水)に鏡野町の「いずみ山荘」で、恒例の慰問演奏会を行い、リンゴの歌やまた逢う日まで、きよしこの夜、演歌メドレーなどを披露しました。

12月13日に1年生の数学の授業でサインカーブを作る装置のアイディア発表会を行いました

Dekigoto 2013-12-13 Suugaku Idea Happyoukai  12月13日(金)に1年生の数学の授業で、サインカーブを作る装置のアイディア発表会を行いました。

 工学で重要な数学の関数の一つに三角関数があります。
 そのグラフはきれいな波の形(左の図)で、サインカーブといいます。
 今回、1年生の数学の授業で、サインカーブをコンピュータなどのディジタル機器を使わないで、実際に目で見ることができるような機械装置を考えて、それを発表する会を開きました。
Dekigoto 2013-12-13 Suugaku Idea Happyoukai  通常の高校ですと、グラフ用紙に目盛をつけてそれを結んで描いて考えますが、高専の数学では、数学といえど、ものつくりを意識します。
 間違ってもチャレンジすることが大切です。

 授業が終わった後も、教室のあちらこちらで、自分の考えたメカのしくみについて、学生たちはお互いに熱心に議論していました。

 メカ好きな中学生のみなさん。
 ぜひ、高専で一緒に学びましょう!!

12月12日にボランティアレクチャーを開催しました

Dekigoto 2013-12-12 Volunteer lecture  津山高専技術交流プラザ「ヤングエンジニア・リアリング事業」として、12月12日(木)にボランティアレクチャーを開催しました。
 ・講師  ダイヤ工業株式会社
      代表取締役  松尾 正男 様
 ・演題  「人生三毛作」

 講演では、「生まれてから学校を出るまで」「社会人として働く」「天職として感じる」の3つの時期を三毛作とたとえ、自らの経験や実例を示しながら、社会人として心得ておくべき姿勢や考え方を熱く語りかけてくださいました。
 また、本講演会を準備くださった「つやま新産業創出機構」の皆様にもお礼申し上げます。

12月12日に専攻科学力入試(後期)の合格発表を行いました

Dekigoto 2013-12-12 Senkouka Gokukaku Happyou  12月12日(木)9時に、平成26年度専攻科学力入試(後期)の合格発表を行いました。
 今回の入試では、機械・制御システム工学専攻2名、電子・情報システム工学専攻3名が合格しました。
 今回の学力入試(後期)をもって、今年度における専攻科入学者選抜試験はすべて終了しました。

12月11日にキャンパスベンチャーグランプリ中国のヒアリング最終審査に参加しました

Dekigoto 2013-12-11 CVG Chuugoku  12月11日(水)に広島県広島市で行われた、第12回キャンパスベンチャーグランプリ(CVG)中国のヒアリング最終審査で、情報工学科の学生2名がプレゼンテーションを行いました。
 プレゼンテーションを行ったのは、情報工学科5年生の神崎拓人と冨山貴章の2名で、タイトルは「スマートフォン連携型電力販売システム」です。
 5年生の選択科目である「経営と知的財産」の演習課題でCVGに応募したところ、書類審査を通過し発表を行うこととなりました。
 過去に津山高専から書類審査を通過したチームはなかったので、勝手がわからず苦労したようですが、それぞれのベストを尽くしていました。
 なお、審査結果は12月下旬に発表される予定です。

12月10日に「津山高専技術交流プラザ企業PR会」を開催しました

Dekigoto 2013-12-10 Kigyou PR-kai  12月10日(火)に、津山高専の学生へ地元にどのような企業があるのかを紹介するため、また地元企業への就職を促進するため、津山市・津山高専・岡山県北の製造業企業などでつくる津山高専技術交流プラザとの共催により、「津山高専技術交流プラザ企業PR会」を開催しました。
 企業PR会には、機械関係や電気関係、情報関係などの津山高専技術交流プラザ会員企業66社のうち、県南企業を含む26社が出展しました。
 各社は開設したブースで事業内容の説明のほか、それぞれが用意した製品や材料等の展示品や動画を用いて、各社が売りにしている物、技術等を紹介しました。
Dekigoto 2013-12-10 Kigyou PR-kai  会場となった第二体育館には、本科1年生や4年生および専攻科1年生を中心とした学生、出展企業、津山市、教職員等の総勢約290名が参加しました。
 学生は興味のある企業のブースへ行き、担当者からの説明を熱心に聞いていました。
 参加学生は昨年を大幅に上回り、盛況のうちに終了しました。

 出展いただいた企業の方および開催に協力いただきましたた津山市と教職員の皆様に深くお礼申し上げます。

12月7日・8日に数学クラブが高校生科学技術チャレンジJSEC2013で優等賞を受賞しました

Dekigoto 2013-12-07 JSEC2013  12月7日(土)・8日(日)に、日本科学未来館で行われました朝日新聞社主催の高校生科学技術チャレンジJSEC2013の最終審査会で、数学クラブが優等賞を受賞しました。
 受賞したのは、情報工学科3年生の間庭早紀子さんと丸尾優佳さんのチーム研究で、タイトルは「n次ペル方程式の研究」です。
 今年の高校生科学技術チャレンジJSEC2013は212件の論文応募があり、優等賞はベスト30に贈られる賞です。

 残念ながら、Intel ISEF(アメリカ国際大会)につながる主要な賞を受賞することはできませんでしたが、この2カ月の最終準備と、まる2日間のプレゼンテーション審査では、持てる力を存分に発揮しました。
 そして、多くの同年代の人たちとの研究に関する交流を通して、学校では学べない多くのことを手に入れたということです。
Dekigoto 2013-12-07 JSEC2013  また、情報工学科2年の赤松昌俊くんと電気電子工学科2年の小林佑志くんのチームは、「ファレイ数列の高次元化の研究」で高校生科学技術チャレンジJSEC2013のベスト60である佳作を受賞しています。
 彼らはすでに来年度の大会に向けて研究中です。

 今年も応援していただいた多くのみなさまに、感謝いたします。

12月7日に津山市立広戸小学校にて「びっくり極低温実験」の出前授業をしてきました

Dekigoto 2013-12-07 Demae Jugyou  12月7日(土)に津山市立広戸小学校(津山市市場)にて「びっくり極低温実験」の出前授業をしてきました。
 液体窒素を実験テーブルにこぼしたり、風船を漬けたり、フィルムケース内に入れる実験を一緒におこないました。
 また、超伝導現象を見るなどして、低温の不思議な現象に子どもたちはビックリしていました。
 特に液体窒素で凍らせたマシュマロは、食感が良く大好評でした。

12月6日に公開講座「天体観測会―君も未来のガリレオだ!―」第4回が開催されました

Dekigoto 2013-12-06 Tentai Kansokukai No.4  12月6日(金)18:00〜20:30、天体観測会の第4回「夏秋冬の星座を見よう」が、校舎管理棟合併教室と屋上にて開催されました。
 冬型の気圧配置で寒くなりましたが、予想外に好天となり、受講生14名と保護者等を合わせた25名の熱心な参加者がありました。
 佐々井研究室3年チャレンジゼミ生が、補助学生を務めました。

 合併教室で受付、諸注意の後、観測会第1部として30分程度、金星や月齢3.1の月、はくちょう座二重星アルビレオなどを本校の望遠鏡や双眼鏡で見ていただきました。
Dekigoto 2013-12-06 Tentai Kansokukai No.4  次に合併教室に戻り、参加者はケント紙に印刷された月球儀のペーパークラフトを工作しました(左上の写真)。
 保護者も工作に参加し、それぞれの作品に一心不乱に取り組みました。
 そして、ほぼ1時間の作業で全員が月球儀を完成させました。

 再度、参加者は観測会第2部のため屋上に上がり、夏の大三角、秋の四辺形、アンドロメダ大銀河M31、ペルセウス座二重星団hχ(エイチ・カイ)、すばる(プレヤデス星団)M45、カシオペヤ座、オリオン座、東から登ってきた木星などを観望しました(左の写真)。
Dekigoto 2013-12-06 Tentai Kansokukai No.4  また、11月29日(金)に近日点を通過し、太陽の熱と重力により、崩壊消滅してしまったアイソン彗星(C/2012 S1)の話も聞いていただきました。
 左の写真は、11月21日(木)の少し明るくなってしまった朝6時頃、本校の口径35cm望遠鏡で捉えたアイソン彗星の核とコマの様子です。

 寒い中、熱心に受講された参加者の皆さんにお礼を申し上げます。

12月3日から数学クラブがJSEC最終選考会に向けて活動中です

Dekigoto 2013-12-03 Suugaku Club  12月3日(火)に後期中間試験が終わり、数学クラブの活動が再開しました。

 数学クラブは、今年も朝日新聞社主催の「高校生科学技術チャレンジ」(通称:JSEC2013)に論文を投稿し、情報工学科3年生の丸尾優佳と間庭早紀子のチーム研究「n次ペル方程式の研究」が論文審査を通過し、全国大会である最終審査会に進んでいます。
 また、2年生チームの小林祐志(電気電子工学科)と赤松昌俊(情報工学科)は、「ファレイ数列の高次元化の研究」で佳作に選ばれました。

 丸尾・間庭チームは今、ポスター作成と発表の練習に励んでいます。
 最終審査会は、12月7日(土)・8日(日)に日本科学未来館で行われます。

12月2日から3日に開催された第22回MAGDAコンファレンスin宮崎に参加しました

Dekigoto 2013-12-02 MAGDA  専攻科生2名が、12月2日(月)から3日(火)に宮崎観光ホテルで開催された第22回MAGDAコンファレンスin宮崎にて、研究成果を発表しました。

○機械・制御システム工学専攻2年神橋政士くん(電子制御工学科谷口研究室)
講演タイトル「不活性液体による冷却機構を有する小型SMAアクチュエータの試作 」
Dekigoto 2013-12-02 MAGDA ○機械・制御システム工学専攻2年田内寿治くん(電子制御工学科谷口研究室)
講演タイトル「無音駆動型SMAチューブポンプの試作と特性評価 」

 詳しくは、電子制御工学科谷口研究室のホームページでも紹介しています。

 なお、本活動は「学生の対外発表参加支援プロジェクト」から旅費の支援を受けました。

12月1日に津山市小原子ども会で科学実験教室を行いました

Dekigoto 2013-12-01 Kagaku Jikken Kyoushitsu  12月1日(日)に津山市小原子ども会の依頼で、小原会館にて小学校1年から6年までの130名の子どもたちを対象に、科学実験教室を行いました。
 本校専攻科2年生の藤岡くんが講師を務め、大気圧をテーマに空き缶潰しや、マグデブルグの半球など3つの実験を実演しました。
Dekigoto 2013-12-01 Kagaku Jikken Kyoushitsu  日常の生活では気にすることのない大気圧が、驚くほど大きな力であることを知った実験教室でした。
 子どもたちからの質問や意見が飛び交い、とても白熱した実験教室になりました。

〒708-8509 岡山県津山市沼624-1
電話 (0868) 24−8200(代表)
FAX (0868) 24−8219(総務課)
Copyright (C) 1997-2015 National Institute of Technology, Tsuyama College